ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【お知らせ】ここ数日のコメントに関して

ここ最近様子見をしていましたが、カスタムライトセーバー関連の記事で連投されていたコメントが同一ホストによる自演だと判明しました。

ニックネームさえ変えればバレないとでも思っていたのか。

個人の意見、思想はそれぞれですが、管理人の私へのヘイトならまだしも、ニックネームだけ変えて第三者を吊し上げるのはリテラシーに欠けて卑怯だと思いませんか。いくらよい物を布教したいという気持ちが強いとは言え、その行為は全くの逆効果であることをはっきり申し上げておきます。
あとコメント連投して思想を誘導したいのならこのブログは場違いです。2chかご自身のブログでやってください。その方が効果的です。

念のため該当のホストは拒否をしましたが、情報として連投されたコメントは一旦残しておきます。今後の状況によってはコメントの削除も考えます。
場合によってはコメント機能全体を承認制にする必要もあると考えていますが、このブログで取り上げる内容は何もカスタムライトセーバーのことだけではありません。

ここは俺のブログだからね(ニッコリ)

本当はこんなこと書きたくないんだけどなぁ。
現場からは以上です。

スポンサーサイト

【ガルパンご当地探訪記2】マッチョな俺が大洗に行ったらダージリンさんのお誕生日だった話

logo.png

人はなぜ大洗に行くのだろう。オタクはなぜ大洗に足繁く通うのだろう。

このアンサーは前回提示したとおりだ。
人はマッチョになりたいがために大洗へ出向くのだ。
これは事象の地平線の如く揺るがないテーゼだ。

ではひとたびマッチョになった人間は、再び何をしに大洗を訪れるのか。
さらなるマッチョへと生まれ変わるためと言えばそれで解決するが、しかし筋肉ばかりがこの世の全てではない。
大洗、そこは訪れる度にドラマが存在する地。
ドラマティックマッチョへの道が常に開いている場所なのだ。

前回の探訪より3ヶ月。再び大洗へ行く機会を経た去る9月16日~18日の2泊3日の旅。
今度はより自由に、気ままにのんびり過ごそうと思い旅のプランを立てたのも束の間。思いもがけぬイベントと鉢合わせすることになったのだ。

wasjka3214.jpg

9月17日はダー誕でしたのよ。

↓Wunderbar!!↓

ブラウザ版Shadowverse(シャドウバース)をプレイした方がいい5つの理由

shadowverse@01.jpg

今や携帯ゲームで何かしらのソシャゲタイトルをプレイすることは、現代オタクの1つの必須履修科目であると同時に、自己を顕示し表現できるステータスになってきている感すらある。あなたはオタクですか?私はオタクです。
デレマス、グラブル、Fate/Grand Order、あの艦これですらアンドロイド版をリリースしだす様相。群雄割拠、携帯ゲームの戦国時代は苛烈を極めており、そこから放出されるグッズ、イベントによって、オタク達が生み出す経済効果は計り知れない。SNSを見ていると、これらのタイトルに関連した話題が尽きる日はほぼないと言っていい。オタクが世界を回している。

ではソシャゲタイトルに手を出し過ぎて正直上司の手も借りたい程の忙しい拝啓社会人オタクの皆さまは、次は何を糧にすべきなのだろうか。

1つ提示しておきたいアンサーはこちら。
忙しい社会人ほどShadowverse(シャドウバース)をプレイしましょう。

最近バシバシCMを流すようになったのは、運営母体のCygamesがグラブルを代表する他ソシャゲタイトルで莫大な利益を生み出していることの反映かもしれないが、はっきり言ってあのCMはヘタクソだと思う。
そんなサイゲの莫大な利益を武器に、ゲーム開発陣とイラストレーターを札束で殴り、デジタルカードゲームというジャンルに鳴り物入りでリリースされたもののまだ日は浅く、しかしながら自分の周りでもちらほらとプレイヤーが増え続けている本タイトル。日が浅いせいで、略称がシャドバだかシャドバスだかどっちかわからないブレッブレなところも含めて、これからじわじわと浸透していきそうなビジュアルを持っています(公式的には後者のシャドバスを推したいらしいが)。

なぜ忙しい社会人にこそ薦めたいのか。理由は後述するがこのゲーム、カードゲーム独特の敷居の高さを全く感じさせない作りになっている。
「シャドバはハースストーンのパクリ」とよく言われるが、それは概ね正解。 ハースはほぼ完成された美しいカードゲームであることは疑いようもなく、そのゲーム性に魅了されたプレイヤーが世界中にいるというもの事実。むしろシャドバはそのハースが匂わせる「取っつき難さ」をうまーく調理して日本人オタク向けにしており、ハースに対するサイゲなりの解答という側面もある。
それでいて戦術は多彩、ついでにキャラは可愛いしかっこいいときた。ソシャゲにありがちなスタミナ制度もないし、1試合にかかる時間もハース同様にスピーディーで、泥仕合になって長引いてもせいぜい10分だ。コミュに属して団体イベントや定期イベントに走ってヒィヒィ言わされることもなし。摩擦に疲れがちな社会人にやさしい。
課金要素も強くなく、読みさえ当たれば初心者の作ったデッキが強カードだらけのデッキを打ち負かすことだってある。
ジャンルによって差はあれど、ゲームとは本来、己の腕をかけて白熱し、勝っても負けても楽しいというのが大原則。 これ、これです。

デジタルカードゲームの強さは他にもメリットがあり、

・嵩張るデッキを持ち歩く必要がないこと
・対人戦においては顔を突き合わさなくていいこと
・いつでもどこでも好きな時にマッチングできること


これが最高に熱いアドバンテージになっています。

今回紹介したいのは、このShadowverse(シャドウバース)の僕なりの楽しみ方と駆け引きの魅力。「読み」と「戦略」、「運」で勝利を引き出すカードゲームならではの醍醐味。美しいイラストと、リリース間もないタイトルが併せ持つ独特の不安定さ。まだ見ぬゲーム性の世界。元気があればなんでもできる。

grabruinoki@01.jpg

タイトル違いだ、バカヤロー!

↓続きはこちら↓

【レビュー】ROBOT魂 ユニコーンガンダム&バンシィ・ノルン ファイナルシューティングVer.

20160902-20160902-DSC_3170@01.jpg

『機動戦士ガンダムUC』アニメ版のクライマックスにて、ネオ・ジオングと対峙した光り輝く2体のMS。ROBOT魂 ユニコーンガンダム&バンシィ・ノルン ファイナルシューティングVer.のレビューです。もともと発売は2015年10月と1年ほど前のアイテムになり、それこそベースとなったフルアクションver.のROBOT魂ユニコーンガンダム自体、前身のウェブリブログ時代からカラバリも含めて散々遊び続けてきた物ですが、2016年春からニチアサ枠で地上波放送開始した『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』もいよいよ佳境に入り、それにちなんで今まで遊んでこなかったこのファイナルシューティングVer.をチョイスしてみました。

↓続きはこちら↓

【レビュー】ファット・カンパニー アナスタシア LOVE LAIKA Ver.

20160828-20160828-20160828-20160828-DSC_3113@02.jpg

『アイドルマスター シンデレラガールズ』より、アーニャの愛称で親しまれているロシア人ハーフのクールアイドル・アナスタシアが、新田美波と組んだユニット・ラブライカの衣装を纏って立体化。ファット・カンパニー アナスタシア LOVE LAIKA Ver.のレビューです。
既に美波もLOVE LAIKA衣装での立体化が決まっており、今回のアーニャはまさに美波と合わせて楽しめるアイテムとして登場。ロシア人ハーフとその凛としたビジュアル、加えてC.V.上坂すみれという、個人的にも好きな属性が盛り込まれたアーニャの待望のスケールフィギュアとして、是非とも抑えておきたいアイテムでした。

↓続きはこちら↓

【レビュー】AGP アーマーガールズプロジェクト 艦これ Bismarck drei (ビスマルク ドライ)

20160825-20160825-DSC_3050@02.jpg

「戦艦ビスマルク、抜錨!出撃するわ!」

AGP艦隊これくしょんシリーズに、ドイツ海軍最大級にして最新鋭の重厚な超弩級戦艦がラインナップ。AGP Bismarck drei (ビスマルク ドライ)のレビューです。
艦これゲーム内においてもその入手難易度は極めて高く、dreiに改修されて以降は夜戦火力が大幅に向上。その性能から通常艦隊の主力から連合艦隊第二艦隊の切り札として、高難易度海域での切り込み役を担うことも多く、ルックス・言動共に人気の高い艦。AGPでも立体化アンケートの際に商品化の希望が多かったことから、今回めでたく可動フィギュアとして初のリリース。艤装のギミック、そしてビスマルクの美しいルックスを見事に再現した、満足度の高い内容になっています。

↓続きはこちら↓

【レビュー】グッドスマイルカンパニー WONDERFUL HOBBY SELECTION 金剛 胸像 軽音堂Ver. & グッドスマイルカンパニー15周年記念展示会レポート

20160821-20160821-DSC_2933@01.jpg

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』より、ゲームを代表する高速戦艦姉妹の長女・金剛が、造形サークル「軽音堂」の原型師・臼井政一郎氏の手によって象られた、圧巻の胸像姿となって登場。通常版と異なり、臼井氏の指定カラーによる独自の解釈・彩色で、ワンホビセレクションの一際プレミアなアイテムとしてラインナップされた軽音堂Ver. では、より巧みな色使いの濃淡で表現され、金剛という少女の美しい姿を切り取ります。グッドスマイルカンパニー 金剛 胸像 軽音堂Ver. のレビューです。
本商品はワンホビセレクションの例に倣い、グッスマ公式通販限定で2016年2月に発売されたものですが、同年8月20日より開催された『グッドスマイルカンパニー 15周年記念展示会』の物販コーナーでも特別販売アイテムとして発売。今回はその15周年記念展示会の模様と共に、金剛の美しい表情と世界をお送りします。

↓続きはこちら↓