ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【Shadowverse覚書】もうドロシーには頼らない!今からできる環境メタの秘術ウィッチ 

wsb1023468.jpg
▲やっぱ未亡人の…おっぱいを…最高やな!
今やバハムート環境の中でトップに君臨するウィッチ。次いで前環境からもTier1へと居座り続けるエルフが2強と言っても過言ではないシャドウバース界隈。ドロシーテンポ、OTKエルフ、どちらにも共通していることは、「展開力の強さ」「一瞬で出せるバーンダメージ」、この2つがバランスよく兼ね備わっているからこそ強力であり、環境を支配している所以と言える。故に、これらに対してカウンターパンチを持つデッキでなければ、試合の流れを掴めないまま敗北になってしまいがちだ。


rise-of-bahamut@02.jpg
▲ウィッチを盤石の強さへと引き上げた要因、ドロシー。レヴィ、ルーンの貫き、他にも粒ぞろいばかりだ。
正直、前回記事であげたコンヴの勝率がここ最近停滞し始めたので、新機軸の環境メタデッキを探る必要がでてきた。手札事故を起こしてソウルディーラーで早期に自傷してしまうと取り返しのつかないことになることが多く、コンヴをするならより回復に重きを置くべきと実感した(それでもハマれば強い時もあるが、基本的にコンボ前提なので噛み合わないシーンも多い)。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_20-49-2_No-00.png
▲迷走するデッキ枠。
ロイヤルで昔ながらの速攻デッキをこしらえてみたり、ネフ抜きのコントロールネクロにフワフワ逸れたりと安定しない毎日。
リノセウスのワンキルを阻止しつつ、ドロシーの鬼のような展開に耐え、ディスカード系やヴァンプの顔面ダメージを躱し、ネフティスの盤面モルディカイ祭りにも、そしてビショップのセラフにも、不意のバハムートにも対抗できるデッキ。 尚且つ速攻もできて、長期戦にも耐えうる構築が可能なクラス。果たしてそんなデッキが存在するのだろうか…。


あるんです。 こちらに。


SnapCrab_NoName_2017-2-19_20-39-41_No-00.png
まさかウィッチをウィッチでメタる日が来るとは思わなかったよ。
構成としてはパメラウィッチですが、バハムート降臨で追加された優秀なカードを追加することで、パメラのバフをより早く確実に決めることができる上に、盤面を取りつつ敵のやりたいことに対してカウンターできる構成になっています。
主な勝ち筋は下記の通り。

・低コストフォロワーを並べつつタイムレスウィッチでダメージを保護。盤面に並べたフォロワーを中盤でパメラで一気にバフして圧力をかける。
・優秀な2コストフォロワー、ドワーフアルケミストはミニゴブやフィーナ進化で確定サーチ。
・展開力の強いデッキ相手には禁忌の研究者でカウンターし、長期戦を狙う。


■キーカード

SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-25-22_No-00.png
▲秘術ウィッチ版マーリンとも言うべきドワーフアルケミスト。
2コスト相応のスタッツながら、ファンファーレで手札に加わる土の魔片がとても便利。進化後のスタッツ伸び幅は控えめながらも、デッキ圧縮でコンボパーツを揃えることができるため、場に出すだけで仕事ができる可愛いヤツ。


SnapCrab_NoName_2017-2-15_19-32-53_No-00.png
▲主にセラフやモルディカイ、バハムートへの切り返しに使う変性の魔術。
いざという時に温存しておくと相手のフィニッシャーを崩すことができるスペル。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-26-9_No-00.png
▲このデッキの中核、タイムレスウィッチ。
正直、このカードで相手のやりたいことを阻害できるかどうかで勝率に大きく関わるくらい重要なウェイトを占めているタイムレスウィッチ。場に居るだけで顔面ダメージを無効化してくれるため、レヴィオンデューク・ユリウスの1ダメや、ガルラの謎3点を帳消しにできる。 リノセウスの顔面ダメージすらも、このカードが場にあれば効果なし。実質守護よりも優秀な性能を発揮するために、タイムレスウィッチをパメラでバフすると相当厄介な壁が出来上がる。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-27-35_No-00.png
▲超絶かわいいフィーナちゃんにお任せってね!
できれば5ターン目の進化の返しはフィーナに使いたい。フィーナが進化時に連れてくる0コスミニゴブは即時場に出してもOK。ミニゴブは確定サーチでドワーフアルケミストを連れてくるので、フォロワーを展開しつつ土の印要素を増やし、デッキの圧縮をすることができる。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-28-23_No-00.png
▲ボッコボコにしましょ!ボッコボコ!太陽の巫女、パメラ。
このデッキのフィニッシャーを生み出すバッファー。ドワーフアルケミストのおかげで、以前よりも格段に早期ターンでパメラのバフを決め易くなった。カードイラストも大きなアド。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-28-0_No-00.png
▲確定除去&ロマン砲。氷獄の呼び声。
厄介な相手に確定除去スペルとして使ってもいいが、できればバハムート等の返しに使ってサタンズサーヴァントを手札に加えたい。条件は厳しいが10ターン目で場に土の印があれば、パメラと合わせて出すと極太スタッツのロマン砲が出来上がる。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-29-44_No-00.png
▲強力な全体除去スペル。破砕の禁呪。
対ドロシー、ネフティスネクロに抜群に刺さる強力カード。 冥府エルフ等にも牽制で使える。テミスや黙示録と違って味方に被害が及ばないのも美点。対処が困難なモルデイカイも破砕で消滅させれば怖くない。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-28-56_No-00.png
▲中盤~終盤のプレッシャー要員、禁忌のおじさん。
土の印と合わせることで除去とフォロワーの展開が担えるため、盤面征圧力が非常に高い。 相手のフォロワーを確定除去したり、沸いて出てきたゾンビをパメラでバフすればフィニッシャーにもなりうる。


SnapCrab_NoName_2017-2-14_21-30-21_No-00.png
▲長期戦をより盤石にするダークエンジェル・オリヴィエ。
オリヴィエをピン挿ししているおかげで、ある程度贅沢に進化権を使うことができる。進化権が復活したら、後は禁忌の研究者で相手を詰ませにかかろう。


■代替候補
・上級アルケミスト/エンシェントアルケミスト
より回復と守護を重視して長期戦を見据えるなら候補にあがる。その分土の印の消費枠が増えるので、破砕や禁忌の研究者に使う印の配分を考える必要がある。

・古き魔術師レヴィ
差し替え候補はマジックミサイルあたりか。ドローソースが少なくなる分、よりフォロワー展開と紅蓮の魔術で攻撃的な構成になれる。ルーンの貫きとのシナジーも強力。ミニゴブでのサーチがドワケミ確定にならなくなる点に注意。

・ノノの秘密研究所
試合終盤の壁として役立つが、盤面を圧迫するので禁忌の研究者との相性がイマイチよくない。 とは言え、コストを無視して3ターンの間ガデゴが場に出続けるのは強力。


■立ち回り
・マリガン
くず鉄の錬成があればベスト。あとは2コストフォロワーかスペルを狙いにいく。先攻ならば5ターン目の返し用にフィーナをキープしてしまってもいい。

・1~3ターン
基本的には盤面を取りながら同時に土の印も出していく。場に置く印は2枚程度が安定。ドワーフアルケミストやミニゴブなどを序盤から展開していき、相手のフォロワーが薄ければ顔面を積極的に叩いていこう。アグロ相手ならヒーリングエンジェルでライフのロスをカバーし、次ターンにタイムレスウィッチを置くことで攻撃を妨害できる。

・4~6ターン
進化は基本的にフィーナに使いたい。フィーナが連れてくる0コストのミニゴブはそのまま即場に出してしまおう。盤面に低コストフォロワーが出揃っていれば、パメラを使って一気にバフをかけると相手に強力な押し付けができる。場合によってはこの低コストフォロワーを5ターン目にパメラでバフするだけで勝利が決まることも。

・7~10ターン
相手の切り札を見据えながら行動を考えていく。リノセウス、バハムート、ネフティス、セラフ、etc…これらの切り札が出された時にどうカウンターを仕掛けるかが重要。相手のフィニッシャーを切り崩したら、こちらから反撃。禁忌の研究者で盤面を制圧し、氷獄で手に入れたサタンズサーヴァントをパメラでバフして相手を追い込もう。


IMG_7505.png
▲早期ターンでパメラのバフが成功すると、それだけで突破困難な盤面ができあがる。
特に相手にとって厄介なのがタイムレスウィッチの強化。単なる守護とは異なり、こいつを倒さない限り顔面にバーンダメージすら入らない。


IMG_7510.png
▲一体のスタッツは低くてもこれだけ並べば驚異的。
土の印が出しやすくなったので、エボルヴ期に比べて遥かにパメラのバフの成功率が上がっている。


IMG_7523.png
▲バハムートでも出さない限り突破困難な盤面。
8ターン目での状況だが、仮に伝令などでコストが下がったバハムートが出てきても、返しの手段として氷獄の呼び声が手札にある。この場合バフしたタイムレスウィッチ+もう一体を除去されても、手札から出せるバーンダメージと残り2体でリーサルになっているので勝利確定だ。


IMG_7497.png

IMG_7498.png
▲ネフティスで召喚されたモルディカイも破砕でまとめて一斉消滅。
普通なら悶絶するような状況だが、秘術ウィッチならどうということはない。ドワーフアルケミストが持ってくる土の魔片は使い勝手がいいので、急に場に土の印が必要になってもサッと出せるのが強い。


IMG_7550.png

IMG_7557.png
▲最大のロマン砲、完成。
大成功。最高級のスタッツを持ったフォロワーをゲットだ。ネタとしても相手に魅せることができて楽しい。


■使用感
各クラスと何回かマッチングした結果、そこまで不利の付くデッキは少ないように感じた。アグロ相手には序盤の攻勢を抑えつつ中盤以降から巻き返しが図れるし、コントロール相手へのカウンター手段も多い。ドロシーテンポの殺人的な展開力にも、破砕と禁忌の研究者で対抗できる。逆に序盤からこちらの手札がガン回りすれば、6~7ターン目に勝負を決めにいけることもある。ただ、どうしても相性の悪い相手というのは存在する。

超越ウィッチだ。
昔から超越は秘術ウィッチの天敵。展開したフォロワーも除去されやすく、終盤に差し掛かればもうその時は既に相手の超越圏内になっている。
あと、このデッキには明確なフィニッシャーが存在しないことも弱点。 火力ソースはほぼパメラのバフに頼っている。それこそ禁忌の研究者を連打して相手を詰ませにかけることで勝ちも見えてくるが、瞬間的な火力を出すにはやはりパメラが必須。見方を変えれば、パメラ自身がこのデッキのフィニッシャーと言っても過言ではない。 そういう意味でもパメラはこのデッキでは3枚積みだ。
「ドロシーに頼らずに強力な盤面を生み出し、環境メタも意識する」ことをテーマとして構築した今回の秘術ウィッチ。イザベルを相手にするだけで拒絶反応が出そうな方も、このデッキ相手ならばにっこりして殴り負けてくれるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 名無しさん  

Title - 

あっ、おい待てい(江戸っ子)
根源からのリノのケアを忘れてるゾ
2017.02.20 Mon 23:07
Edit | Reply |  

Add your comment