ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【Shadowverse覚書】男は黙ってゴリラになれ。土秘術・魔導の巨兵デッキのゴリラ的可能性を探る 

▲ママさんバレーとかそういう図ではなさそう。目の前にでっかい未亡人バレーボールが2つ…持て余しているわけだが!カードパック新弾が出る度に、毎度デッキの弄り甲斐があるのは秘術ウィッチだと思ってやまない僕です。決して強くない、常に事故り気味、勝ち筋が少ないの三重苦。でもハマるとめちゃくちゃ強い。 決して環境トップになることはないけれど底知れない魅力。「土だから」という理由だけで何だかお相手から肩ポンされそ...
Read More

【Shadowverse覚書】TOG環境を制覇するドラゴンデッキの考察 

▲GOD OF WARみたいなロゴデザインしてんのなお前な。ついに解禁となったShadowverse第4弾カードパック、Tempest of the Gods。前回のRise of Bahamutの時のエンハンスのようなギミックの追加こそなかったものの、カード配分は各クラスレジェンドカードが2枚で合計104枚の新カード追加と、ネタデッキからガチガチのデッキまで、さらに構築の幅が広まった。...
Read More

【Shadowverse覚書】もうドロシーには頼らない!今からできる環境メタの秘術ウィッチ 

▲やっぱ未亡人の…おっぱいを…最高やな!今やバハムート環境の中でトップに君臨するウィッチ。次いで前環境からもTier1へと居座り続けるエルフが2強と言っても過言ではないシャドウバース界隈。ドロシーテンポ、OTKエルフ、どちらにも共通していることは、「展開力の強さ」「一瞬で出せるバーンダメージ」、この2つがバランスよく兼ね備わっているからこそ強力であり、環境を支配している所以と言える。故に、これらに対してカウン...
Read More

【Shadowverse覚書】バハムート環境をガン無視してロマン重視のコントロールヴァンパイアデッキで勝つ方法を探る 

ここ最近、バハムート降臨以降のデッキ環境について感じることがある。フリマ専門の自分にとっては、カードプールが増えてデッキバリエーションがさらに広がり、一辺倒な環境デッキばかりではなく、ネタでありながら可能性があるようなデッキとマッチングすることが徐々に増え始めた。とかく顕著なのが、フィーナとミニゴブ、それらの特性をうまく活用したOTKエルフやOTKドラゴン等のデッキだ。一時は不遇な場に甘んじていたネクロ...
Read More

【Shadowverse覚書】環境最底辺のネクロでもビショップに勝てるデッキを考案してみた 

ダークネス・エボルヴ実装からそろそろ2ヶ月。みなさんドバってますか?私はドバってます。何だか最近、テレビを付けると高確率でシャドウバースのCMを見かけるようになりましたね。以前のセンスのないCMの乱発から脱却したはいいものの、ローウェンが公式の玩具になっとる。それはさておき、エボルヴが実装されたことによって環境は激変。スタンダード終盤期に環境最底辺とまで言われたビショップが、まさかの超強化を得て返り咲...
Read More