ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】ROBOT魂 ジャスティスガンダム 

DSC_4021-1@01.jpg

『機動戦士ガンダムSEED』から、C.E.70年台最強のフリーダムガンダムと同じく、ニュートロンジャマーキャンセラーを搭載したザフトの最新鋭MS。ROBOT魂 ジャスティスガンダムのレビューです。ROBOT魂 SIDE MSのガンダムSEEDシリーズ、新たにリリースが開始されたフリーダムに続いてその兄弟機となるジャスティスも後を追う形でリリース。フリーダム自体は過去にあらゆるシリーズで立体化されてきた反面、ガンプラを除けばそれほど立体化の機会に恵まれなかったジャスティスがここに来てROBOT魂化。フリーダムと合わせて是非抑えておきたいアイテムです。

↓続きはこちら↓


DSC_3973-1.jpg

DSC_3974-1.jpg

ROBOT魂 ジャスティスガンダム
発売時期:2015年9月
販売価格 6,480円(税込)

価格はフリーダムから少し跳ね上がり6000円台へと突入。恐らく大型のバックパックのファトゥム-00が高騰の要因かと思われます。もうこの価格帯でも別に違和感を感じなくなってしまったあたり、慣れというのは恐ろしい。


DSC_3975-1.jpg

DSC_3976-1.jpg

▲ジャスティスガンダム本体。ファトゥム-00を背負ったその姿は抜群のボリューム。
プロポーションは先行発売されたフリーダムをベースにした重田テイスト重視の洗練された体型。過去に出たジャスティスの立体物では、それこそファトゥム-00が重くて自立がまともにできないなんてこともありましたが、ROBOT魂は余裕でこなせます。塗装の荒もなく安定した塗りですが、自分の個体はパーツ同士の分割線の間に小さなホコリがよく挟まっている物に当たりました。


DSC_3977-1.jpg

DSC_3979-1.jpg

DSC_3978-1.jpg

▲頭部。やはり重田作画テイストを漂わせる面持。
前回のフリーダムはやや角度を選ぶ造形でしたが、立体化の機会がそこまでなかったジャスティスは違和感なくこの重田作画テイストの造形とマッチしてる気がします。頬のグレー部分やサジットゥス20mm近接防御機関砲の塗り分けも見事。


DSC_3986-1.jpg

DSC_3985-1.jpg

DSC_3987-1.jpg

DSC_3988-1.jpg

▲首元の可動。
上下左右共に自由に動かすことができますが、これはファトゥム-00のフォルティスビーム砲を前方に倒していない状態での話。これについては後述します。


DSC_3980-1.jpg

DSC_3981-1.jpg

DSC_3982-1.jpg

DSC_3984-1.jpg

▲肘関節、肩関節の可動。
可動機構はフリーダムと同じなので可動性能もほぼ同じ。しなやかに動き、肩関節は前方へ大きく引き出すことができます。


DSC_3990-1.jpg

DSC_3989-1.jpg

▲胴体内部の可動ポイント。/span>
前屈、仰け反りに対応する可動ポイントを有しています。


DSC_3991-1.jpg

▲腰の回転。/span>
フリーダムと同じく非常にスムーズに回転。


DSC_3992-1.jpg

▲大胆に開脚可能な股関節。/span>
この開脚性能は唯一フリーダムを上回る性能。


DSC_3994-1.jpg

▲膝関節、足首の可動。
もはや当たり前とも言える膝の二重関節。しなやかに可動します。


DSC_3993-1.jpg

▲蹴り上げポーズもお手の物。/span>
近接戦のイメージが強いジャスティスには嬉しい限り。


DSC_4005-1.jpg

▲ルプス ビームライフル&ラミネートアンチビームシールド。/span>
カラーリング以外はフリーダムと同じ。


DSC_4006-1.jpg

▲ルプス ビームライフルはリアアーマーへマウント可能。/span>


DSC_4007-1.jpg

▲ラケルタ ビームサーベル。グリップ2本の他、アンビデクストラス・ハルバード状態のグリップも付属。
こちらもフリーダムと同じ。アンビデクストラス・ハルバードはジャスティスのメインウェポンでもあるため、個別の付属は嬉しい仕様。


DSC_4002-1.jpg

▲サイドアーマーへビームサーベルグリップを収納可能。


DSC_4003-1.jpg

▲交換用手首一式。
内容自体はフリーダムから変更なし。


DSC_3995-1.jpg

▲巨大リフター、ファトゥム-00。
ジャスティス最大の特徴でもある航宙・航空用ユニット。主翼を展開させるとかなりのサイズになります。


DSC_4001-1.jpg

DSC_4000-1.jpg

DSC_3999-1.jpg

▲インテークやスラスターは重厚感あるガンメタ調の塗装で再現。


DSC_3996-1.jpg

▲フォルティス ビーム砲の砲塔は上下に可動。


DSC_3997-1.jpg

DSC_3998-1.jpg

▲フォルクリス機関砲、ケルフス旋回砲塔機関砲も再現。
小さいですがケルフスはその名の通り砲塔を旋回させることができます。


DSC_4009-1.jpg

▲リフター使用時に主翼部に接続する拡張ステップパーツ。
ステップパーツのピンにスリッパ裏の穴を接続してジャスティス本体を固定させます。ピンはそれぞれ前後の穴へ差し替えることが可能。


DSC_4008-1.jpg

▲ステップパーツ接続状態。
リフター自体が大型化しますが、劇中作画でも背面に背負っていた時よりリフターに乗った時の描写の方が遥かに大きくなっているので、ある意味で劇中再現とも言えます。


DSC_4011-1.jpg

DSC_4010-1.jpg

▲ファトゥムの主翼はフレキシブルに可動。
ボールジョイントと接続アームを動かすことで、主翼の角度を調節することができます。


DSC_4013-1.jpg

DSC_4012-1.jpg

▲ファトゥム-00を水平にした状態も再現可能。
背部アタッチメント部を動かすことで、ファトゥム-00を水平にしフォルティスを前方に向けた状態にもできます。但しこれはデザイン上の止む無い制約とも言うべきか、水平にするには一度頭部を外さなければならず、首元の動きが大幅に制限され、ほぼ正面以外の向きに頭部を動かせなくなってしまいます。この影響でファトゥム-00を水平にした劇中での姿でのポージングが作りにくくなrのは言うに及ばず。なかなかポージング泣かせな造形と言えます。


DSC_4015-1.jpg

▲ファトゥム-00専用の魂STAGEアームアタッチメントも付属。
水平状態時に背面から魂STAGEアームを差し込んでディスプレイできます。


DSC_4017-1.jpg

▲バッセル ビームブーメラン。
フォビドゥンのゲシュマイディッヒ・パンツァーを破壊したシーンが印象的なブーメラン武装。


DSC_4016-1.jpg

▲バッセル基部は着脱可能。
あろうことか展開状態時のブーメランやエフェクトパーツは付属せず。ただ外れるだけ。おいちょっと待て。
ジャスティスと言ったらビームブーメランだろう!?
公式サイトの付属品説明欄にブーメランの表記がなかったので薄々嫌な予感はしていましたが、見事に的中。分割だけしておいてただ外れるだけとはお粗末にも程がある。EMIAジャスティスでさえブーメランは付属したと言うのに、とてつもない残念仕様。他の出来はフリーダム譲りでなかなかの完成度ですが、個人的に「ジャスティスと言えばブメ!!」なのでこれだけでマイナス評価が上回りました。


DSC_4018-1.jpg

DSC_4019-1.jpg

▲武装装備状態。


DSC_4026-1.jpg

DSC_4023-1.jpg

DSC_4020-1.jpg

▲リフターでの高速戦闘が得意なジャスティス。
やはりファトゥムを水平にすると頭部の表情付けが難しくなり、ポーズが制限されてしまうのが残念ですが、ボリュームや情報量は抜群。


DSC_4027-1.jpg

DSC_4022-1.jpg

DSC_4057-1.jpg

DSC_4024-1.jpg

▲ルプス ビームライフル。


DSC_4029-1.jpg

DSC_4030-1.jpg

DSC_4028-1.jpg

DSC_4032-1.jpg

DSC_4033-1.jpg

DSC_4034-1.jpg

▲ラケルタ ビームサーベル アンビデクストラス・ハルバード。
ジャスティスの近接戦の要。発振パーツはクリアーピンク。


DSC_4058-1.jpg

DSC_4049-1.jpg

DSC_4050-1.jpg

▲ラケルタ ビームサーベル 二刀流。
アスランはジャスティス搭乗時はあまり二刀流を使わなかった印象。


DSC_4036-1.jpg

DSC_4038-1.jpg

DSC_4040-1.jpg

DSC_4039-1.jpg

DSC_4041-1.jpg

DSC_4043-1.jpg

DSC_4044-1.jpg

DSC_4047-1.jpg

▲ファトゥム-00へ搭乗。
ステップパーツの安定度はそこそこ。


DSC_4048-1.jpg

▲フォビドゥン蹴り。


DSC_4053-1.jpg

DSC_4051-1.jpg

DSC_4054-1.jpg

DSC_4055-1.jpg

▲自由と正義。


DSC_4056-1.jpg


以上、ROBOT魂 ジャスティスガンダムのレビューでした。ギミック、可動共に優秀な出来だったフリーダムの兄弟機ということで期待していたジャスティスでしたが、レビュー本文で述べた通り、個人的にやってはいけないレベルのことをしでかしているので今回のジャスティスにはいい評価を与えることができません。勿論スタイルは抜群だし、可動もファトゥムと頭部の干渉を除けば十二分に最新スペックと言えます。ただそれでも、バッセルの展開状態グリップとエフェクトパーツの付属は技術的にも当然できた筈。ギミックでほぼ満点だったフリーダムには遠く及ばない内容になったのが残念です。今後はWEB販売限定でプロヴィデンスが確定していますが、個人的にはフリーダムやジャスティスと絡みの多かったブーステッドマンのMS達も立体化して欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 宮武  

Title - 

初めまして。
かっこいいポーズが満載でみているだけで楽しかったです。
実は今かっこいいポーズでディスプレイするのに色々渡り歩いてるんです。
個人的にツインビームサーベルを上で構えている写真が気に入りました。
参考にさせてください。
ブーメランの残念仕様は色々な所で批判されてますね。(うちも批判派の一人)
もう悔しいというか呆れたので自分でブーメラン作っちゃいました。
おゆまるくんと無展開のブーメラン、そして光硬化パテを使いました。
あと、ビームブーメラン部分はRGジャスティスのクリアパーツを拝借しました。
写真はないですが、作り方をご紹介して良いですか?
素敵な画像を見せて頂いたお礼として。
2016.02.11 Thu 06:29
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>宮武さん

> 初めまして。
> かっこいいポーズが満載でみているだけで楽しかったです。
ありがとうございます。ジャスティスはポーズを作るだけなら動かしていて楽しいです。

> ブーメランの残念仕様は色々な所で批判されてますね。(うちも批判派の一人)
> もう悔しいというか呆れたので自分でブーメラン作っちゃいました。
> おゆまるくんと無展開のブーメラン、そして光硬化パテを使いました。
> あと、ビームブーメラン部分はRGジャスティスのクリアパーツを拝借しました。
> 写真はないですが、作り方をご紹介して良いですか?
> 素敵な画像を見せて頂いたお礼として。
RGとかMIAあたりからパーツ転用はできそうですね。ブーメランの補完方法を欲している人はたくさんいると思うので、是非広げるといいと思います。
2016.02.11 Thu 18:41
Edit | Reply |  

Add your comment