ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】アルファマックス 楽園追放 -Expelled from Paradise- アンジェラ・バルザック 

DSC_4315-1@

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』より、ディーヴァ保安局エージェントに所属する電脳パーソナリティにして、"楽園"を追われる者となった1人。アルファマックス アンジェラ・バルザックのレビューです。ここ最近各社からこぞってアンジェラの立体化発表が立て続き、情報を追う内に早い所手元にアンジェラを置いておきたいという欲求が嵩んで、いち早く発売されたアルファ・マックスのアンジェラを思い出して衝動買い。アルファ・マックス製のフィギュアをまともに買うのは何だかんだでこれが初めてだったりするので、肝心の出来に少々不安でしたが、ワンフェス2015冬で話題になったことも記憶に新しく、早々な立体化となったこのアルファマックス製アンジェラが、今後に続く立体化ラッシュのマイルストーン的な位置づけになりそうな気がします。

↓続きはこちら↓


DSC_4329-1.jpg

DSC_4246-1.jpg

アルファマックス アンジェラ・バルザック
発売時期:2015年10月
販売価格 12,800円(税抜き)
原型製作/MOON
1/8スケール


当初より発売時期が2ヶ月ほど延期していたアルファ製アンジェラ。お値段もそれなり張る設定ですが、気合いの入ったデザインの外箱に期待が高まります。


DSC_4248-1.jpg

DSC_4253-1.jpg

DSC_4249-1.jpg

DSC_4252-1.jpg

DSC_4251-1.jpg

▲アンジェラ本体。スコープを片手に地上に降り立ったマテリアルボディの姿をイメージ。
ポーズについては好みが分かれるところでしょうか。実物は1/8スケールより若干大きな印象を受けます。塗装精度はこれと言った荒もなく非常に丁寧な印象。仕上げの質感は個人的な印象ながらコトブキヤ以上、グッスマ連合製ともタメを貼れるクオリティだと思います。
公式サンプル画像が割と淡い色調で撮影されていたのですが、確かにどこか浮遊感のある淡い色合いが特徴。撮影背景との兼ね合いから、今回は若干ビビッドで明るめのレビュー画像に仕上げていますが、このアンジェラが本来持つ「淡い雰囲気」は、レビュー最後に掲載する画像から伝わるかと思います。


DSC_4257-1.jpg

DSC_4255-1.jpg

DSC_4256-1.jpg

▲顔周り。容姿端麗、幼い姿ながらもエージェントとしての実力を秘めた自信に溢れる表情。
どちらかと言えばアニメ本編より少し大人びた印象を受ける表情。アイプリも高精細で処理も丁寧。やや前髪の位置がサンプルより下に下がった感があり、瞳が若干隠れ気味になっている気もしますが、元のアンジェラの髪型デザインとの整合性と釣り合わせると、この程度が折り合いの限界でしょうか。


DSC_4288-1.jpg

DSC_4258-1.jpg

DSC_4260-1.jpg

DSC_4270-1.jpg

DSC_4280-1.jpg

DSC_4282-1.jpg

DSC_4281-1.jpg

▲ヘッドギアや髪留め、マテリアルボディを覆うスーツの随所にはクリアパーツを使用。
ライトグリーンのパーツがサイバー感溢れる雰囲気でなかなか見栄えがいいです。


DSC_4262-1.jpg

DSC_4261-1.jpg

▲流れるツインテールは毛先までシャープ。
ゆるやか且つ流麗なラインが美しいツインテール。本体とは別パーツ式になっているため、頭部に差し込む際には無理な力を加えて破損させないように注意が必要。


DSC_4263-1.jpg

▲アーハンで地上に降り立った時に覗きこんでいたスコープ。


DSC_4266-1.jpg

DSC_4289-1.jpg

DSC_4265-1.jpg

▲マテリアルボディ換算で16歳相当の胸。
なんという…わがままな……。スーツのパール調の光沢感もいい仕事しています。


DSC_4273-1.jpg

DSC_4268-1.jpg

DSC_4271-1.jpg

DSC_4269-1.jpg

▲お腹から腰回りのくねり。アンジェラの持つ肉体美が存分に集約。


DSC_4278-1.jpg

DSC_4279-1.jpg

DSC_4276-1.jpg

DSC_4275-1.jpg

DSC_4274-1.jpg

DSC_4291-1.jpg

▲尻という楽園。
アンジェラと言えばお尻、お尻と言えばアンジェラ。とんでもない食い込みをしています。通常だとツインテールの片方でお尻が隠れてしまうので撮影時には取り外しましたが、劇中でも舐めるように這ったアングルで魅せてくれたお尻名だけに、ここは是非潜り込んで覗き込みたいところ。


DSC_4331-1.jpg

▲台座はシンプル且つシックに。楽園追放タイトルロゴが入っているのがさり気なくかっこいい。


DSC_4330-1.jpg

▲本体と台座は片足での接続。
強度的にも固い差し込みなのでそれなりに安定感はありますが、やはり片足のみなので経年するとどうなってくるかは不安。


DSC_4319-1.jpg

DSC_4294-1.jpg

DSC_4292-1.jpg

DSC_4320-1.jpg

DSC_4299-1.jpg

DSC_4300-1.jpg

DSC_4302-1.jpg

DSC_4296-1.jpg

DSC_4298-1.jpg

DSC_4308-1.jpg

DSC_4307-1.jpg

DSC_4306-1.jpg

DSC_4305-1.jpg

DSC_4303-1.jpg

DSC_4304-1.jpg

DSC_4311-1.jpg

DSC_4310-1.jpg

DSC_4314-1.jpg

DSC_4316-1.jpg

DSC_4322-1.jpg

DSC_4317-1.jpg

DSC_4318-1.jpg

DSC_4321-1.jpg

▲動きは少ないながらも随所に惹かれる魅力がある仕草。
顔の表情は角度を選ぶ造形なので、個人的な欲を言えばもう少し多角的に映えるポーズや表情だったら最高点だったかなぁと思います。が、作り込みに関しては文句なし。


DSC_4323-1.jpg

DSC_4324-1.jpg

DSC_4325-1.jpg

DSC_4326-1.jpg


以上、アルファマックス アンジェラ・バルザックのレビューでした。アルファマックス製のフィギュアは初めての購入でしたが、予想以上のクオリティだったのでいい意味で驚かされました。何よりも各メーカーに先駆けて、いち早くアンジェラの立体物が手に入るという意味でも評価点は高いです。肝心の造形も丁寧で、スーツの再現はもちろんのこと、やはりアンジェラと言えば魅惑のお尻。この点に関してはばっちりな造形で満足です。ただポーズに関しては前述した通り、卒なくまとまり過ぎているというか、もう少し多角的な鑑賞で「遊び」が垣間見えるようなポーズだと、個人的にはもっと高評価を与えていたところでした。この点だけに限れば、後発のファット・カンパニー製の方が面白みがあるかなとも思います。ただ間違いなくこのアルファ製アンジェラは良作。これはいいものです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment