ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベントレポート】ガンプラEXPO ワールドツアージャパン 2015に行ってきた話 

DSC_4742-1.jpg

2015年11月20日より、秋葉原UDXにて開催されたガンプラ最大級のイベント、ガンプラEXPO ワールドツアージャパン 2015。その初日の会場に行ってきたので何枚か写真を交えてレポートします。同イベントは初となる2会場展開を予定しており、連休を挟んでベルサール秋葉原にも会場が追加されます。後日現地に行けたら、また画像を追加するかもしれません。が、あくまでも予定は未定。ひとまずは当日の会場展示の様子をざっとご紹介します。

※11月22日追記
ベルサール展示分の画像を追加しました。


↓続きはこちら↓


■ガンダムビルドファイターズ関連

DSC_4703-1.jpg

DSC_4704-1.jpg

DSC_4705-1.jpg

DSC_4709-1.jpg

DSC_4706-1.jpg

DSC_4710-1.jpg

▲既存アイテムに加え、プロショップ限定キットや雑誌連動のイメージングビルダーズ関連がメイン
「煌式(ギラしき)」のネーミングとそのビジュアルが一際目を惹くコーナー。


■THE ORIGIN関連

DSC_4762-1.jpg

DSC_4642-1.jpg

DSC_4641-1.jpg

DSC_4638-1.jpg

DSC_4637-1.jpg

DSC_4639-1.jpg

▲つい先日市場に並んだジ・オリジン版RX78-2をはじめ、発売決定となった試作型ドムの展示など。


■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ関連
恐らく今回最も多くのキットを展示していたシリーズ。

DSC_4643-1.jpg

DSC_4644-1.jpg

DSC_4645-1.jpg

DSC_4646-1.jpg

DSC_4647-1.jpg

DSC_4648-1.jpg

DSC_4649-1.jpg

DSC_4650-1.jpg

DSC_4651-1.jpg

DSC_4652-1.jpg

DSC_4653-1.jpg

DSC_4654-1.jpg

DSC_4655-1.jpg

DSC_4656-1.jpg

DSC_4629-1.jpg

DSC_4628-1.jpg

DSC_4627-1.jpg

▲好評のHG 1/144シリーズに、今後登場するガンダムグシオンやキマリス、さらには名称未公開の新機体も展示。
長距離輸送ブースターは大ボリュームでありながら、支援武装らしいかっこよさとプレイバリューに溢れている印象を受けました。


DSC_4658-1.jpg

DSC_4657-1.jpg

DSC_4659-1.jpg

DSC_4660-1.jpg

DSC_4663-1.jpg

DSC_4728-1.jpg

▲そして1/100シリーズ。MGに匹敵するかのような内部フレーム構造とディテール。
シュヴァルベグレイズの圧倒的かっこよさ。


DSC_4766-1.jpg

DSC_4630-1.jpg

▲今回のガンプラEXPOの注目展示でもある新シリーズ。
Hi-Resolutionモデルと銘打たれたこの新シリーズは、組み立て済みのフレームに外装パーツを装着して組み上げる、RGの構想を1/100に引き上げ、さらにはMETAL BUILD的な合金パーツ要素も織り込んだ新機軸のキット。


DSC_4636-1.jpg

DSC_4633-1.jpg

DSC_4634-1.jpg

DSC_4635-1.jpg

DSC_4632-1.jpg

DSC_4631-1.jpg

▲組み立て済みの内部フレームは各所に合金パーツを思わせる金属感のあるパーツが採用されており、ディテールの密度は抜群。
外装パーツ自体は少ないようで、お手軽でありながら高級感のある完成品モデルが出来上がるというキット。恐らくバルバトスのようなシンプルな機体だからこそできる構造でありながら、今後のフィードバックによっては他の作品のMSのラインナップも夢ではなさそう。お値段も相当掛かりそうですが、その分期待値も上がりそうです。


■サンダーボルト関連

DSC_4664-1.jpg

DSC_4666-1.jpg

DSC_4667-1.jpg

DSC_4668-1.jpg

▲アニメ化も決定し、ブース内ではPVも公開されている。


■SDガンダム関連

DSC_4669-1.jpg

DSC_4670-1.jpg

▲ついにお披露目となった騎士スペリオルドラゴン。
ゴールドの部分はメッキパーツになる模様。SD関連での目立った展示がこのスペリオルドラゴンのみだったのが残念。


■MG関連

DSC_4671-1.jpg

▲既存キットの展示でお茶を濁すかと思いきや…


DSC_4672-1.jpg

DSC_4673-1.jpg

DSC_4674-1.jpg

▲年末発売予定のV2ガンダムver.ka.。
小型MSのMG化自体が色々と技術的に難しいようで、過去に発売されたVガンダムver.ka.は、個人的に造形はともかく 「ガンプラとして見るとかなりの曲者」 でした。年月を経て、これらがどう変わったのかは気になる所。


DSC_4678-1.jpg

DSC_4675-1.jpg

DSC_4677-1.jpg

▲MG フリーダムガンダム ver.2.0。
かなりエッジの立った試作造形が展示されていました。フリーダムともなるともはや正解の造形がないと思うので、このver.2.0も過去の立体物のいずれにも属さない造形になりそうな予感。


■RE/100関連

DSC_4711-1.jpg

DSC_4712-1.jpg

DSC_4713-1.jpg

DSC_4679-1.jpg

▲大胆なラインナップが発表されたRE/100シリーズ。その皮切りとしてイフリート改がついにキット化決定。


■RG関連

DSC_4680-1.jpg

DSC_4681-1.jpg

▲過去商品の一覧展示に加え、来年発売となるウイングガンダム EWがお目見え。


DSC_4729-1.jpg

▲RG新ラインナップはクアンタ。
展示を見た限りではGNソードVの尺がでかすぎて何だか全体的にちぐはぐで不安になる印象…。RGはスリット開口しないと死んでしまう病気が今回は発生しないものの、いまいち最近のRGはどこか軸がブレている気がします。


■HG REVIVE関連

DSC_4685-1.jpg

DSC_4684-1.jpg

▲HG REVIVEフリーダムを使用したジオラマ。
ハイマットフルバーストされれば雑魚と同じぞ。


DSC_4682-1.jpg

DSC_4683-1.jpg

▲REVIVE化決定となったグフとキュベレイ。


DSC_4714-1.jpg

DSC_4716-1.jpg

DSC_4715-1.jpg

▲さらにREVIVE化決定となったギャン、フォースインパルスのシルエット展示も。
200体記念…一体何ガンダムなんだ…。


■ガンプラサポーターズ2015関連
各業界の著名人によるオリジナルカラーリングコラボ企画。

DSC_4688-1.jpg
DSC_4689-1.jpg

DSC_4691-1.jpg
DSC_4692-1.jpg

DSC_4694-1.jpg
DSC_4695-1.jpg

DSC_4697-1.jpg
DSC_4698-1.jpg

DSC_4699-1.jpg
DSC_4700-1.jpg

▲このブース、人の顔が思いっきり映り込む上に照明がきついのでめちゃくちゃ撮影しづらい。
芸能人らによる個性的なガンプラが多数展示されていたので、是非会場に行って肉眼で鑑賞することをお勧めします。


■プレミアムバンダイ関連

DSC_4733-1.jpg

DSC_4734-1.jpg

DSC_4735-1.jpg

DSC_4737-1.jpg

DSC_4740-1.jpg

DSC_4720-1.jpg

DSC_4721-1.jpg

DSC_4717-1.jpg

DSC_4722-1.jpg

▲WEB販売限定キットやエフェクトパーツ類の数々。
プルツー機のキュベレイに三股のビームサーベルが付属してくる点はかなりツボを突かれました。

DSC_4724-1.jpg

DSC_4726-1.jpg

DSC_4725-1.jpg

DSC_4741-1.jpg

DSC_4727-1.jpg

▲PG ユニコーンガンダム(最終決戦ver.)

------------
パ ー フ ェ ク ト グ レ ー ド で 再 現 す る ユ ニ コ ー ン ガ ン ダ ム
F I N A L B A T T L E V e r .
------------

(公式ページ原文まま)

やりやがった……。
シールドファンネルの展示にアクションベース1を使用してもなお不安があるそのボリューム。おなじみLEDユニットは別売り。さぁ買った買った!

この他、UDXブース内には『ガンプラビルダーズワールドカップ2015 日本大会』の最終審査でもある一般投票ブースが設けられています。ジュニア、オープン共々錚々たる作品の数々でした。また、1/1ガンプラ建造プロジェクトなる映像イベントが出口間際にあり、正直ここが一番金かかってんじゃないの と思わんばかりのデモンストレーションが繰り広げられます。映像を見終わった後は拍手必至。ガイドのお姉さんがとても美人でした。(ゲス声)


■感想
とりあえず初日を見てきた感想。鉄血関連はさすが破竹の勢いというか、商品化に関しては物凄い熱意と勢いを感じられます。やはり新シリーズとなるHi-Resorutionモデル(仮称?)は気になるところ。また、1/100キットも秀逸な出来栄えという印象を受け、MGではなく単なる1/100シリーズでは過去最高にクオリティの高いものになるのではないかと感じています。

対して他のシリーズ、特にMG関連で目新しい情報がそこまで多くないというのが残念。フリーダムこそver.2.0化されることが判明しましたが、もうあとプラスαで何か新情報が欲しかったところ。逆にRE/100は、つい最近怒涛のキット化企画情報が発信されたばかりなので、イフリート改にはじまりどこまで出してくれるか、今後も目が離せないと思います。

RGはいよいよどん詰まりか?と思わんばかりの冷め具合。クアンタはいずれ出るだろうと思っていましたが、現時点でのサンプル展示の造形では不安しか過りません。あくまで個人的な考えですが、単純によく動いてディテールの詰まった1/144シリーズという方向性でいくのであれば、それこそ初期のコンセプトでもあった「現実世界でのプロダクトとしての造形を突き詰める」云々の謳い文句を早々に取り下げた方がいいラインナップ展開ばかり続くので、ここらで打ち止めて新シリーズへの橋渡しとするか、ラインナップと内部構造と造形の抜本的な見直しを図った方がいいような気もします。

そしてPGユニコーン最終決戦ver.。やってくれたなこの野郎!!(複雑な感情)
とりあえず初日の感想は以上。後日追加の会場も見てきたら、また印象も変わるかもしれません。



■おまけ

DSC_4747-1.jpg

DSC_4748-1.jpg

▲魂ネイションズAKIBAショールームに展示され、本日受注開始となったMETAL BUILDストライクフリーダム用光の翼オプションセット。
尋常ではない占有面積。光の翼を買わないとドラグーンを空中ディスプレイできないあたりほんま商売上手やでぇ…。


DSC_4744-1.jpg

▲ボークス秋葉原ホビー天国にて展示されていたアサルトキングダム クィン・マンサ。
カッコいいけどこんなでかいガム入れがあってたまるか(褒め言葉)



■ベルサール秋葉原展示追加分
11月22日より新たに追加された会場、ベルサール秋葉原での模様を見てきました。主に新製品関連は全てUDX会場での展示となっていて、ベルサール側はステージイベントがメインになっているので、見るべき展示物は少ないと思いました。

DSC_4772-1.jpg

▲会場正面には大きなガンプラボックスアートが。


DSC_4788-1.jpg

DSC_4785-1.jpg

DSC_4786-1.jpg

DSC_4787-1.jpg

DSC_4794-1.jpg

DSC_4791-1.jpg

DSC_4790-1.jpg

▲HGシリーズが一挙集合した円形展示ブース。


DSC_4792-1.jpg

DSC_4789-1.jpg

▲もちろんブースに収まらない規格外なHGキットも。


DSC_4776-1.jpg

DSC_4777-1.jpg

DSC_4784-1.jpg

DSC_4783-1.jpg

DSC_4782-1.jpg

▲個人的ベルサールの見所はガンプラビルダーズワールドカップチャンピオンらの作例展示。圧倒的な存在感の作例が拝めます。


DSC_4778-1.jpg

DSC_4781-1.jpg

▲一度生で実物を見たかったシュンさん製作の黄金のサザビー。
この金色、上品でとても官能的。いくつものイベントで展示されてきたからか少し塗装が剥げてきている部分もありましたが、それでも漂う絶対的王者の風格。凄い。

他には「つくろうガンプラ!ブース」という製作ブース、サンダーボルト第1話の試写、そして「ガンプラバトルプロジェクトtype絆」(ガンプラを使用した戦場の絆)のイベントブースがありました。新製品を見るだけならUDXを周るだけで十分事足りる印象です。但しワールドカップチャンピオンの作例を見るためだけにも訪れる価値はあると思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。