ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】カスタムライトセーバー Vader's Vault ベイダーズ・ヴォルト ラース 

DSC_5431-@01.jpg

カスタムライトセーバーレビュー、今回レビューするのはベイダーズ・ヴォルトのWrath(ラース)です。オーダーしてから待つこと7ヶ月。エピソード7公開までに手元に届くのかすらわからず不安で一杯でしたが、映画の初回を見たその日の夕方に届き、興奮冷めやらぬまま自分にとっては最高の思い出となったライトセーバーになりました。

↓続きはこちら↓


■Vader's Vaultについて



アラン&ディアナ夫妻が経営するカスタムセーバーショップ。規模・生産ペース共に大きくはないが、カスタムライトセーバーのギルド的フォーラムでもあるFX-Sabers.comのメンバー。その社名からシス向けのライトセーバーを製作している印象を受けるが、公式ホームページのギャラリーにはワンオフで特注製作されたオビ=ワンモデルやクワイ=ガンモデルもある。ベイダーズ・ヴォルトでは主に3段階のグレードにライトセーバーが分類される。

・COMBAT CLASS
コンバットクラス。エントリークラス的な位置づけだが、高品質グレードのパーツが使用され、スタント・デュエリングにも最適。デザインも上位モデルに劣らず官能的。LEDスイッチを標準装備、さらにはAUXボタンも装備されており、エフェクト音を自在に鳴らすことも可能。ヒルトがいずれもコンパクトで、取り回しは群を抜いて扱いやすい。

・CHAMPION CLASS
チャンピオンクラス。コンバットクラスからさらにオプションの選択の幅を広げ、より洗練されたデザインが特徴。ラインナップ数自体は少ないが、いずれも他とは一線を画すデザインと機能を持つ。

・MASTER CLASS
マスタークラス。完全ワンオフ製作のフルカスタムセーバー。同社公式ホームページのギャラリーで見られる、工芸品の域にまで達するような高級モデルから、劇中使用モデルに似せたデザイン、さらにはユーザーが0からデザインを提案して作り上げるなど、真の意味で世界に1本だけのライトセーバーを手に入れることができる。

いずれも最近はオーダーが集中しているせいか、通常2~3ヶ月の納期が平気で半年以上かかったりする模様。
今回オーダーしたラースはコンバットクラスに分類され、コンバットクラスの詳しい特徴をまとめると下記の通り。

・高機能なサウンドボードを提供するPlecter Labs製Crystal Shardサウンドボード搭載。
・デフォルトで3種類のサウンドフォントを内蔵(Graymeatフォント、 Darkmeatフォント、 Imperial Knightフォント)。
・さらにデフォルトを含めて計6種類のサウンドフォントにすることも可能。フォントはSaberfont.comで購入することができる。
・オプションのRGBを追加することで、10色のブレードカラーを任意に選択することが可能。フラッシュオンクラッシュ機能も内蔵される。


以上のとおり、コンバットクラスの時点で非常にハイクオリティなスペックを備えているのがベイダーズ・ヴォルトの特徴。



DSC_5436-1.jpg

▲ラース。その名は憤怒、復讐。ジェダイへの憎しみを封じ込めた怒りの剣。
およそライトセーバーとは似つかない形状をした、ベイダーズ・ヴォルトのラインナップの中でも特に異色で野性的なデザインをしたヒルト。カラーバリエションとして一部のラインをブラックコートで塗装した、Dark Wrath(ダークラース)も同社にラインナップされています。よりダークなイメージを意識するならダークラースにするべきですが、オーダーする際に自分の中ではライトサイド寄りでも使えそうなライトセーバーを意識したので、敢えて全面シルバーのラースを選択しました。


DSC_5437-1.jpg

DSC_5438-1.jpg

DSC_5439-1.jpg

▲ヒルト前方に広がる曲線とシャープな輪郭が共存し、まさに異形を体現する形状。
凶悪で威圧感を放つ形状。その波立った独特なデザインか、ら自分は初めて見た時にモンハンの「ウカム装備だ」という印象を受けて一目惚れしました。全面シルバーの金属剥き出しな重厚感がたまりません。このデザインならウェザリングのオプションを付加しても雰囲気が出そうな気がします。


DSC_5485-1.jpg

▲ウルトラセーバーズのガーディアンとの比較。
ベイダーズ・ヴォルトのライトセーバーでも一際サイズが大きいラースですが、その軽さには驚愕。ウルトラセーバーズ自体がかなり大きめに作られてるとは言え、それでもコンパクトな印象を受けます。ヒルト中央部分のグリップのしやすさは格別です。


DSC_5440-1.jpg

DSC_5441-1.jpg

DSC_5442-1.jpg

DSC_5444-1.jpg

DSC_5445-1.jpg

▲最大の特徴とも言えるエミッター周辺部分の形状。
怒りの象徴とも言えるような逆立ったエッジが強烈な印象を与えてきます。このエミッター周辺部分もグリップしやすいですが、エッジが立っているので、グローブで手を保護しないとスイングした時に肌を傷つけてしまいそうです。持ち主すらも危険にさらすラース、まさに怒りを帯びた諸刃の剣というイメージがぴったりです。


DSC_5448-1.jpg

▲ブレード固定用のスクリュー。


DSC_5459-1.jpg

▲エミッター内部。
SUNCRUSHER™ Blade Power Color LEDを搭載。RGBオプションを付けているのでLEDも3色装備されています。きちんと固定されていてスイングにも強そうです。


DSC_5450-1.jpg

DSC_5452-1.jpg

▲メインスイッチ。
ベイダーズ・ヴォルトはデフォルトでLEDスイッチを装備。


DSC_5449-1.jpg

▲起動スイッチ裏側に配されたAUXボタン。
セカンダリースイッチに相当するAUX(オグジュアリー)ボタンも標準装備。AUXボタンの主な機能は下記の通り。

・起動中に押すことでブラスター跳ね返し音が発動。
・RGBオプションを装備している場合、起動中にメインスイッチと同時押しすることでブレードカラーを変更。
・長押しでロックアップ音(鍔迫り合い)発動。
・起動していない時に長押しすることで、サウンドフォントの切り替えが可能。


DSC_5453-1.jpg

DSC_5454-1.jpg

DSC_5455-1.jpg

▲ポンメル側に向かって描かれる緩やかな曲線と、エミッター側同様に再び凹凸が主張するポンメル部分。
ラースの欠点。それはこの形状の都合上、ベルトクリップに装着するカバーテックホイールが取り付けられないこと。オーダー時には「無理矢理取り付けることもできるがどうなっても自己責任」というご忠告までいただきました。特にベルトクリップに装着しないのであれば問題ないですが、ここが唯一他のライトセーバーに比べて劣るところ。


DSC_5456-1.jpg

DSC_5457-1.jpg

DSC_5460-1.jpg

▲ポンメル。


DSC_5461-1.jpg

DSC_5464-1.jpg

DSC_5463-1.jpg

▲内部にはスピーカー、バッテリーホルダーとCrystal Shardサウンドボード、そして音源を記録しているマイクロSDカードスロットが収納されている。
コンバットクラスのライトセーバーにはリチャージポートがないので、充電する場合は毎回ポンメルを外して電池を取り出す必要があります。ここがベイダーズ・ヴォルトの最大のウィークポイントで、具体的な問題は次の2点。

・バッテリーホルダーへの差し込みが異様に固く、一度差し込むと取り外すのに物凄く苦労する。
・本体設定をコンフィグするためのSDカードを取り出すには、バッテリーを外してからでないとホルダーや基盤に負荷が掛かる。

頻繁に充電する必要はないにしろ、いちいち取り出す際に電池と格闘する羽目になり、無理矢理外そうものなら断線を起こしそうになるので物凄く気を遣います。一応、薄いマイナスドライバーをバッテリーのマイナス側に差し込んでテコの原理で起こしてやると、あまり負担が掛からず取り外すことができます。


DSC_5462-1.jpg

▲Crystal Shard ver.2.5。
Plecter Labs製サウンドカード。同社サウンドカードで最もハイエンドなCrystal Focus ver.7.0の兄弟分にあたるのがCrystal Shard ver.2.5。コンバットクラスは非常にスリムでコンパクトなヒルトを身上とし、Crystal Focusではヒルトのサイズと量産の都合上で搭載することができないため、このCrystal Shardを搭載しているというのがベイダーズ・ヴォルト公式の説明。細かいスペックやセンサーの反応性はやはりCrystal Focusに分がありますが、Crystal Shard ver.2.5はCrystal Focus ver.7.0の多くの機能を継承しています。

Crystal Shard ver.2.5の主な特徴は下記の通り。

・3サウンドフォントバンクをデフォルトで収録、最大で6バンクまで拡張可能。
・クラッシュサウンド、スイングサウンド共に16種類まで対応。
・ブラスター跳ね返しサウンドも1種類対応。
・ロックアップサウンドも1種類搭載。
・フラッシュオンクラッシュに対応。
・モーション感度もプログラム可能。
・RGBのリアルタイムカラーチェンジに対応


特にリアルタイムカラーチェンジはCrystal Focus ver.6.0以前が対応していないため、Crystal Shardならではのアドバンテージとも言えます。


DSC_5484-1.jpg

▲付属品の充電池、アダプター、そしてブレード固定用のレンチ。
バッテリーはTrustFire Protected 3.7V 2400mAh 18650。充電器のスロットは2つですが付属してくるバッテリーは1本のみ。充電が完了するとランプでわかる機能があるので過充電の防止になります。一応フル充電から6時間近く稼働できるようですが、当然スイングやエフェクトを発動させていくと消耗は早くなります。万が一バッテリーが死んでも、TCSSから取り寄せができるので安心です。もしもの時のためにスペアで持っておいてもいいかもしれません。


DSC_5480-1.jpg

DSC_5481-1.jpg

DSC_5482-1.jpg

▲ブレード。
ブレード非装着時に内部への埃の混入を防止するブレードカップも付いてきます。ベイダーズ・ヴォルトのブレードは長さ32インチ(81㎝)がデフォルト。これは他のメーカーがデフォルトで付属させているブレードより若干短い長さです。刀身が短い分軽くて扱いやすく、独特な繊維状の硬質感を持っています。ヒルト本体のグリップのしやすさも相まって、取り回しは抜群。中のデフューザー材が剥がれやすいようですが、これは今後しばらく使ってみないと何とも言えないです。


DSC_5466-1.jpg

▲オプションアクセサリーのブレードプラグ。
形状はジェダイ・オーダー及び反乱同盟軍の紋章でもあるブルースターバードを選択。銀河帝国の紋章でもあるインペリアルコグや、ファーストオーダーコグ等も選べます。ただこのブレードプラグ、エミッターの口径とほぼ隙間なく同じサイズなので、一度差し込むと引き抜くのに相当苦労します。


DSC_5469-1.jpg

DSC_5470-1.jpg

DSC_5471-1.jpg

DSC_5472-1.jpg

DSC_5473-1.jpg

DSC_5474-1.jpg

DSC_5475-1.jpg

DSC_5476-1.jpg

DSC_5477-1.jpg

DSC_5479-1.jpg

▲ブレードプラグ装着状態。
RGBオプションを搭載すると10色のカラーバリエションで楽しめます。特にプラグ装着時に限り、3色のLEDが均等に混色する白は幻想的な色合いになります。各色の名称は後述のブレード装着時を参照。



■サウンドフォントの追加
ここからはCrystal Shard ver.2.5の機能でもある6つのサウンドバンクへ拡張するために、フォントの追加の流れを説明します。ベイダーズ・ヴォルトでは前述した通りデフォルトで3種類のフォントバンクがインプットされていますが、さらに3つフォントを追加し、1本のライトセーバーで合計6つのサウンドを操作することができるようになります。


wsb1278956.jpg

saberfont.comのトップページ。
主にPlector Labs製のサウンドカードに対応するフォントは、上記のsaberfont.comから購入できます。ここで提供されるサウンドは一般のクリエイター達が作り上げたものですが、saberfont.comではフォントの投稿に際し審査を設けているので、ダウンロードできるフォントはいずれもハイクオリティであることが証明されています。中にはハイエンドカスタムセーバーにデフォルトで内蔵されているフォントもここに投稿されています。


wsb1278957.jpg

▲上部SABER FONTのタグをクリックすると、フォントのパッケージ名が出てくる。お気に入りのフォントを選び、注文が完了するとPC上にダウンロードできる画面に切り替わる。
フォントのサウンドは「DETAILS」の欄をクリックすればどんな内容かわかります。ほとんどのフォントは「PREVIEW」でYoutube上に上げられた動画でサウンドの視聴ができるので、どんなサウンドが収録されているか事前に把握しておけば問題なし。Crystal Forcus ver.7向けに最適化されているフォントが大半ですが、一部の機能が制限される以外はCrystal Shard ver.2.5上でも問題なく再生されます。オーダーにはPayPalに対応したクレジットカードが必要。 フォントの価格はいずれも6ドル~8ドル前後。


SS002ss.jpg

SS004ss.jpg

▲続いてセーバー本体内のSDカードをPC上に読み込ませる。読み込んだらSDカードの内容を全て別のフォルダにコピーしてバックアップデータを作る。
ここで重要なのは、何か問題があった時のために 必ずSDカード内のデータ全てをコピーし、バックアップを取っておくこと。 バックアップは適当なフォルダを作り、名前を付けてわかりやすいように保存しておけばOK。


SS003sss.jpg

SS006sss.jpg

▲バックアップを用意したら、新しいフォルダをPC上に作成し、再度SDカード内のデータを全てコピーする。
ここでは便宜上「wrath sound font」とフォルダ名を定義する。見るとわかる通り、デフォルトでbank1からbank3のフォルダがSDカード内に収録されている。それぞれフォルダの中にはバンクに対応したサウンドファイルが入っている。


SS005ss.jpg

SS007ss.jpg

▲次にbank1~bank3のフォルダをスクロール選択してコピー&ペーストする。
名前が同じフォルダがリネームされ、同じサウンドファイルが入ったフォルダがそれぞれ2つずつ出来上がる。


SS008ss.jpg

▲リネームされたフォルダをさらに「bank4」「bank5」「bank6」とリネームする。


SS001ss.jpg

▲それぞれbank4~bank6のファイルに、saberfont.comからダウンロードしたサウンドフォントをオールコピーし、フォルダ内のサウンドファイルに上書きする。
最後に「wrath sound font」フォルダ内全てのデータをコピーし、SDカード内へ移し替えれば追加は完了。重要なのは SDカード内のデータは直接弄らずに必ずPC上にコピーを作ってデータを入れ替えること。 こうすることで誤ってSDカード内のデータが消えたりしても、PC上のバックアップからコピーすれば解決できます。


ここからはブレード装着して実際の発光状態やサウンドをチェック。

DSC_5421-1.jpg

▲ロイヤルブルー。

DSC_5422-1.jpg

▲シアン
このシアンはお気に入りの色。EP4の時のルークのライトセーバーの色に雰囲気が似ています。

DSC_5424-1.jpg

▲パープル

DSC_5426-1.jpg

▲マゼンタ

パープルからより濃くなった赤紫色。メイスのライトセーバーの色ならこれ。

DSC_5427-1.jpg

▲ホワイト
蛍光灯とか言わない。コミック「STAR WARS Legacy」に登場するインペリアルナイトは、シルバー(白色)のライトセーバーを使用しています。

DSC_5428-1.jpg

▲ライムグリーン

DSC_5429-1.jpg

▲レッド

DSC_5432-1.jpg

▲トランスオレンジ

DSC_5433-1.jpg

▲イエロー

DSC_5434-1.jpg

▲グリーン

RGBオプションを追加すると以上の計10種類をリアルタイムにチェンジして楽しむことができます。SUNCRUSHER Blade Power LEDとベイダーズ・ヴォルト専用ブレードの発光特性も相まって発光状態がとても綺麗。


DSC_5400-1.jpg

DSC_5401-1.jpg

DSC_5402-1.jpg

DSC_5403-1.jpg

DSC_5404-1.jpg

DSC_5405-1.jpg

DSC_5406-1.jpg

DSC_5407-1.jpg

DSC_5408-1.jpg

DSC_5409-1.jpg

▲デザイン的にシスのライトセーバーの印象が強いが、全面シルバーのヒルトの恩恵でジェダイ向けのカラーでも違和感なし。
自分が求めたのは「ダークサイドにも通じた武闘派ジェダイのライトセーバー」だったので、まさにラースのデザインとカスタムセーバーならではのRGBオプションの恩恵が合致したと言えます。


最後に動画で実際のサウンドと拡張したサウンドフォント類をチェック。



できれば思い切り振るのに遠慮してしまう室内ではなく広い場所で撮影できたらいいけど、屋外だと音が散るからなかなか難しいですね…。



DSC_5435-1.jpg

■総評
結論から述べると、間違いなく自分が今まで所有してきたカスタムライトセーバーの中では一際群を抜いたクオリティでした。何よりもまずラースのデザイン自体に一目惚れしたのは大きいです。この異形のライトセーバーはまさにシスの為のライトセーバーと言えますが、黒塗りのパウダーコーティングを施したダークラース程の禍々しさもないため、ジェダイでも闇堕ちしたダークジェダイでも使えそうです。小ぶりながらも決して短すぎず扱いやすいサイズ、そしてCrystal Shard ver.2.5のサウンドフォントのリアルタイムチェンジ。RGBオプションと豊富なサウンドフォントを揃えるsaberfont.comでの拡張性。唯一、バッテリーホルダー周りに気難しい点がありますが、それらを除けば実にすばらしいです。

惜しむらくは オーダーから納品されるまでにとんでもなく長い納期が掛かったのが最大のネック。 STAR WARS需要期とは言え、まさかオーダーを掛けてから届くまでに7ヶ月以上もかかるとは予想していませんでした。「いい物は往々にして手に入り難い」 という現状は実に歯痒く、また需要増大に伴ってか、公式サイトから問い合わせてみても暖簾に腕押しな対応と言うか、腑に落ちないレスポンスしか返ってこなかった時はかなり不安になりました。ウルトラセーバーズやセイバーフォージはかなりスピーディーに対応してくれたので、この点では二社の方がやり取りをしていて安心感がありました。
とは言えコンバットクラスの価格面で言えば、ベイダーズ・ヴォルトはウルトラセーバーズやセイバーフォージらと開きもなく、それでいて完成度は頭1つ飛び抜けています。デザインが気に入って辛抱強く納期を待てるのであれば、ベイダーズ・ヴォルトは間違いなくお勧め。このラースは今まで見たどんなライトセーバーとも似つかず、最もインセインで秀逸なデザインだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 名無しさん  

Title - 

興味本位で覗いて見たらこんなものがあるとは・・・
昔からライトセーバーごっこで遊んでいた人にとってはたまらない玩具ですね!

ひとつ質問があります。これはチャンバラしても大丈夫なんでしょうか??
2015.12.24 Thu 18:15
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.25 Fri 18:40
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん

> 興味本位で覗いて見たらこんなものがあるとは・・・
> 昔からライトセーバーごっこで遊んでいた人にとってはたまらない玩具ですね!
>
> ひとつ質問があります。これはチャンバラしても大丈夫なんでしょうか??

もちろんチャンバラしても大丈夫です。ブレードは丈夫なポリカーボネート製なので、よほど強烈に打ちつけない限りは折れません。市販のFXライトセーバーより断然実用性があります。
2015.12.28 Mon 13:22
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.21 Thu 23:27
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>非公開コメントさんへ

コメントフォーム以外に返信する方法がないのでこの場で質問内容を伏せてお答えします。
仰る通りです。現在いくつかの人気モデルの在庫がないようです。
2016.01.24 Sun 02:08
Edit | Reply |  

Name - mokkun  

Title - ベイダーズヴォルト

こんばんは。

ベイダーズヴォルトのライトセーバーを公式サイトから直販したいのですが英語力がなくてさっぱりわかりません。

助けてください(TT)
2016.02.24 Wed 18:44
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: ベイダーズヴォルト

>>mokkunさん

> ベイダーズヴォルトのライトセーバーを公式サイトから直販したいのですが英語力がなくてさっぱりわかりません。
>
> 助けてください(TT)
さっぱりわからないということですが、例えばインターネットブラウザの翻訳機能などを使用しても難しいでしょうか(Googleの翻訳機能を使えばざっくりとした日本語訳が表示されます)。
別ページでも購入アドバイスを書かせていただいておりますが、直販となるとある程度の英語の読解力がないと厳しいかと思います。どの項目がわからないのか、具体的に教えていただけるとこちらからもアドバイスしやすいです。
複雑な内容であれば、

ganbaruzoi1105☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

上記アドレスが私のサブアドレスなのでこちらまで不明点をお送りください。
2016.02.25 Thu 01:26
Edit | Reply |  

Name - mokkun  

Title - ベイダーズヴォルト

べるべるさん

早速の返信ありがとうございます。

心強いです。またアドバイスの程、宜しく御願い致します。
2016.02.25 Thu 10:25
Edit | Reply |  

Name - mokkun  

Title - 突然失礼します

初めまして。
こちらのサイトを見てベイダーズヴォルトのライトセーバーを購入しようかと思っております。
質問なのですが動画を見るとフラッシュオンクラッシュがパープルに見えるのですがシルバーから変更可能なのでしょうか?
購入時に指定できるのでしょうか?
2016.10.13 Thu 22:24
Edit | Reply |  

Name - 寒天  

Title - 納期が長い

初めまして
ベイダーズヴォルト良いですねー
今年1月に注文して昨日届きました 約10ヶ月、、、、
ダークハヴォックでほぼフルカスタムですので10万超、、、
全体的に◎なのですが ちょっと音がでかいです
2016.10.14 Fri 09:15
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: 突然失礼します

>>mokkunさん
フラッシュオンクラッシュの色は変更可能です。ちなみに動画内の色は出荷時から変更はしておらず、デフォルトでパープルでした。英文になりますが、変更方法はこちらのCSのPDFマニュアルを参照してください。

http://www.plecterlabs.com/shop/article_info.php?articles_id=25
2016.10.15 Sat 00:32
Edit | Reply |  

Name - mokkun  

Title - 

べるべるさん

ご丁寧にありがとうございました!
2016.10.17 Mon 12:51
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: 納期が長い

>>寒天さん
今ではすっかり自分もVVの虜ですが、本当に納期が長いのだけがネックですね。
ハヴォック、持ちやすそうでいいセーバーだと思います。羨ましい…
2016.10.20 Thu 06:40
Edit | Reply |  

Name - 寒天  

Title - 納期が長いのよ

>>べるべるさん
注文時は3ヶ月の予定だったらしいのですが気づいたら10ヶ月、、、
本当に納期が長くて届くのか?って心配になりましたよ
ブレードの中のフィルムを捨ててしまってちょい後悔、先端の光が弱くなります(現在クリアファイルで代用)
もう少し安いと沢山購入したいんですけどね
2016.10.28 Fri 08:52
Edit | Reply |  

Name - タケダ  

Title - No title

初めまして。
wrathの購入を考えていて、こちらにたどり着いたのですが、
べるべる様のオーダーされたこちらのwrathはポリッシュ仕上げでしょうか?
VVの見本画像と比べると光沢がある様に見えたので。
いやしかしカッコいいですね。
2017.10.17 Tue 20:20
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - 

>>タケダさん
仰る通り、ポリッシュですね。多少届いてから磨きを入れたりはしましたが、シンプルなフィニッシュでもラースの存在感は凄まじいです。
2017.10.19 Thu 20:22
Edit | Reply |  

Name - タケダ  

Title - 

>>べるべるさん
やっぱりそうでしたかー。参考になります!ポリッシュ仕上げは値段上がりますけど、
ラースに全体的にメリハリが出てかなりいい感じになりますね。
自分も採用させていただこうと思います。10ヵ月程待つ覚悟で注文したいと思います!
2017.10.19 Thu 21:48
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.10.22 Sun 13:12
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。