ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】カスタムライトセーバー Genesis Custom Sabers ジェネシスカスタムセーバーズ Ascend Saber アセンド・セーバー 

DSC_5501-1@02-11.jpg

カスタムライトセーバーレビュー。今回お送りするのは、Genesis Custom Sabers(ジェネシスカスタムセーバーズ)のAscend Saber(アセンド・セーバー)です。前回のベイダーズ・ヴォルトのラースでひとまずはライトセーバーの購入は一区切りしようと考えていたのですが、実はエピソード7視聴初回の日に届いたのはラースだけではありませんでした。遠くカナダから1人の職人が世界に発信し続ける至高のカスタムライトセーバー。それがGenesis Custom Sabers(GCS)です。
レビューの最後に、これからカスタムライトセーバーを購入する方へ向けたコラムもまとめました。

↓続きはこちら↓


■ジェネシスカスタムセーバーズについて


(画像クリックで公式サイトへリンクします)

カスタムライトセーバー製作を行うことをライフワークとしている、Rob Petkau氏が手掛けるジェネシスカスタムセーバーズ(GCS)。彼のひたむきな情熱、技術力は1997年頃から開花し、以来数多くの芸術的なライトセーバーを製作し続けている。カナダのCTVニュースの取材に応じたり、地元エドモントンの新聞で大きく取り上げられたりと、STAR WARSフィーバーが続く最近はメディアへの露出も増えているが、頑なにハンドクラフトの個人製作を続ける彼の姿勢に、クリエイターとしての真髄を感じずにはいられないだろう。GCSのフラッグシップモデルは何と言ってもワンオフ製作される高級モデルだが、それとは別に手に入りやすい価格帯のライトセーバーもいくつか販売している。それら普及品モデルにおいても、Rob氏独自の哲学が織り成すクオリティは健在。
また、彼はライトセーバーのサウンドフォントを独自に作り出すエンジニアでもあり、saberfont.comで製作したフォントを配布するなど、精力的な活動を行っている。また彼はカスタムライトセーバーのパーツを販売するTCSS(The Custom Saber Shop)の運営にも携わる、業界の牽引者でもある。

■GCSのラインナップ
GCSのセーバーは大きく分けて3種類。その1つ、FOR SALEでは普及品としてレギュラーラインナップのセーバーが販売されている。ニューモデルが少しずつ追加されてはいるがラインナップ数は少なく、販売開始と共に売り切れとなることが多い(個人製作故に生産できる量に限りがあるのも要因)。レギュラーラインナップとは言え、当然ながら全てオーダーを受けてからハンドクラフトされている。
次にMid-Range Sabersというカテゴリ。これはFOR SALEで販売されているモデルにさらにカスタムを施した特別モデル。例として装飾を追加したり、ダブルブレードセーバーにカスタマイズしたり、内部基盤を上位モデルへと変更した物が該当する。
最後がElite Custom Sabers。完全ワンオフ制作、普及品では見られない芸術的装飾、Rob氏がインスパイアされた様々なエッセンスから作り出される最上位モデルがこれに当たる。当然入手できる機会は限られているが、Rob氏のスピリットが感じられるので、公式ページのギャラリーで眺めるだけでもその圧倒的存在感を感じることができるだろう。


DSC_5520-1.jpg

▲Ascend Saber(アセンドセーバー)。GCS初の普及用プロダクトモデルとなったフルデュエルライトセーバー。
「アセンド」とは「昇り詰める」や「(王位に)なる」という意味。転じて神の昇天を意味する「Ascension(アセンション)」にも通じ、天昇するという意味合いが取れます。


DSC_5521-1.jpg

DSC_5522-1.jpg

DSC_5523-1.jpg

▲装飾は少なく、洗練された道具としての強い存在感を放つ。
Ascendにはパウダーコーティングのオプションが用意されていて、何もパウダーコーティングを施さないノーマルな状態の場合、シルバー1色のヒルトになります。今回パウダーコーティングに選択したのは、「Darkside Scheme(ダークサイドスキーム)」。暗黒面を強調したブラックのパウダーコーティングを施したフィニッシュになります。オーダー時には他にも「Lightside Scheme(ライトサイドスキーム)」を選択したり、事前にRob氏と打ち合わせることでアップチャージしてパーツの一部をカッパーフィニッシュ等にすることも可能。ダークサイドスキームと言えど、非常にスタイリッシュでクールなフィニッシュになるため、ジェダイでもシスでもどちらが扱っても違和感のないカラーリング。シンプルでありながら飽きが来ない、使い込む度に手に馴染むフォルムです。


DSC_5550-1.jpg

▲ウルトラセーバーズのガーディアンとの比較。特筆すべきはヒルトの大きさ。
手にした瞬間に伝わる驚きの軽さ、握り込み易いグリップ。ガーディアン自体も決して持ちにくいことはありませんが、余計な装飾を省いたことも相まって、Ascendの取り回しは抜群。まさにライトセーバーコンバットのために作られたヒルトと言えます。


DSC_5543-1.jpg

▲エミッター周りの形状はシンプルそのもの。
この周辺がシンプルであるかどうかで、デュエリング時の快適さがかなり異なってきます。


DSC_5540-1.jpg

▲ブレード固定用のスクリュー。
レンチは付属してこないので自前で用意しましょう。


DSC_5541-1.jpg

DSC_5532-1.jpg

DSC_5533-1.jpg

DSC_5534-1.jpg

▲ダークサイドスキームのシックなパウダーコーティングとシルバーの外装がマッチする。
余計な装飾を排したからこそ体感できる実用性を持ちながらも、自らが施す改造でさらに味わいが増しそうな懐の深さをも併せ持つヒルト。勿論、オーダー時にエッチングオプションを追加して芸術的な掘り込み施すことができるなど、そのカスタム性は幅広いです。


DSC_5542-1.jpg

▲カバーテックホイール。
ベルトクリップに差し込むカバーテックホイールも標準装備。実はこのホイール、当初は樹脂製の黒いホイールが搭載されていましたが、エピソード7公開3日目に立川へ持っていった際、ケースに入れたまま倒してしまった時にホイールが割れてしまいました。そこで重くて腰から提げることはまずないだろうと思われる、ウルトラセーバーズのスコーピオンのメタルホイールを流用して取り付けています。 結果的にメタルホイールの方がダークサイドスキームのパウダーコーティングとマッチして、よりスタイリッシュな雰囲気になりました。


DSC_5536-1.jpg

DSC_5535-1.jpg

DSC_5537-1.jpg

▲ポンメル。中央にはGCSのロゴ入り。


DSC_5524-1.jpg

▲ポンメルを外すと覗くスピーカー。
2W 28mm Bass Speaker。スピーカー中央部のコーンがメタルコーンになっており、他の一般的なカスタムライトセーバーのスピーカーに比べて、出力されるサウンドの迫力が頭一つ飛び抜けています。特に内部設定を変えなくとも、デフォルトの状態で十分な音量が出力されるので、スイング時の気持ちよさは格別。


DSC_5526-1.jpg

▲Crystal Shard ver.2.5。
前回レビューしたベイダーズ・ヴォルトのラースと同じく、Prector Labs製の高性能サウンドボード。オペレートの仕方もベイダーズ・ヴォルトのコンバットクラスと似通っています。アップチャージで上位版のCrystal Focusに変更することもできますが、CFの在庫の問題などから取り扱えないケースの方が多い模様。CFにアップグレードすると途端に金額が跳ね上がるのはその性能差故ですが、CSはCFの多くの特徴を兼ね備えています。当然ながら、saberfont.comで購入したサウンドフォントをSDカードに追加して、合計6つのバンクを利用することも可能。

Crystal Shard ver.2.5の主な特徴は下記を参照。

・3サウンドフォントバンクをデフォルトで収録、最大で6バンクまで拡張可能。
・クラッシュサウンド、スイングサウンド共に16種類まで対応。
・ブラスター跳ね返しサウンドも1種類対応。
・ロックアップサウンドも1種類搭載。
・フラッシュオンクラッシュに対応。
・モーション感度もプログラム可能。
・リアルタイムカラーチェンジに対応

特にリアルタイムカラーチェンジはCrystal Focus ver.6.0以前が対応していないため、安価ながらもCrystal Shardならではのアドバンテージになります。さらにはGCSの場合、RGBに該当するMulticolorのアップチャージが無料で行えます。

この他、Prector Labs製サウンドボード用のライトセーバーサウンドフォントを、Saberfont.comからダウンロードして、デフォルトの3バンクから6バンクまで拡張することも可能。つまり1本のライトセーバーで6種類のサウンドを操作できるようになります。
サウンドフォントのダウンロード方法、拡張方法はベイダーズ・ヴォルトのラースのレビューにて詳しく説明しています。

DSC_5525-1.jpg

▲バッテリーホルダー。
バッテリーはTrustFire Protected 3.7V 2400mAh 18650。Crystal Shardサウンドボードとバッテリーホルダーが表裏に配置されているため、ベイダーズ・ヴォルトで不満のあった「バッテリーの取り外しの難」がなく、スムーズにSDカードの取り出しやバッテリーの着脱ができます。多少バッテリーの差し込みはきついですが、ベイダーズ・ヴォルトに比べれば着脱が格段に楽です。


DSC_5539-1.jpg

▲エミッター内部。
高輝度のTri-Cree LED搭載。Multicolorでオーダーしているので、LEDが3色装備されています。


DSC_5527-1.jpg

DSC_5528-1.jpg

▲アクティベーションスイッチ。
メインとなる起動スイッチ。多くのカスタムライトセーバーとは異なり、LED搭載スイッチではなくスライド式のスイッチになっているのが最大の特徴。オンにするとわずかにスイッチの隙間から光が漏れてくるのがさり気なくクール。


DSC_5529-1.jpg

▲AUXボタン。
セカンダリースイッチに当たるAUX(オグジュアリー)ボタン。右利きだとちょうど親指で操作しやすい位置になるので、スイングしながらでもボタンを押しやすいです。

AUXボタンの操作は下記の通り。

・起動中に押すとブラスターブロック発動。
・起動中長押しでロックアップ発動。
・起動中にメインスイッチと同時に操作することで、ブレードのリアルタイムカラーチェンジ。
・待機状態時に長押しするとサウンドフォントバンクの切り替え。


ブレードのリアルタイムカラーチェンジ操作は、メインスイッチがロータリー式なので少々コツがいります。詳細は後程掲載している動画内を参照。


DSC_5544-1.jpg

▲バッテリーと充電器。
ベイダーズ・ヴォルトと同じくTrustFire充電パックが付属。本体に使用するバッテリーは1本ですが、2本1セットで付属してきました。1本はスペアで使えるのでお得。


DSC_5503-1.jpg

DSC_5506-1.jpg

DSC_5508-1.jpg

DSC_5512-1.jpg

DSC_5513-1.jpg

DSC_5514-1.jpg

DSC_5515-1.jpg

DSC_5516-1.jpg

DSC_5517-1.jpg

DSC_5518-1.jpg

▲ブレードプラグ装着状態。
プラグ自体は付属してこないので、ベイダーズ・ヴォルトのスターバードプラグを流用。カスタムライトセーバーのLEDは強烈な光を発するので、ブレード非装着状態はプラグを差し込んだ方が安全です。Multicolorを選択しているので多様なカラーを楽しむことができます。公式サイトでのカラーチャートが6色しかありませんでしたが、計10色のカラーチェンジが可能です。カラーの詳細は後述のブレード装着状態時に記載します。ブレードプラグが必要な場合は、TCSS(The Custom Saber Shop)から購入も可能。


DSC_5547-1.jpg

DSC_5548-1.jpg

▲ブレード。
ポリカーボネート製36インチブレード。TCSS(The Custom Saber Shop)で販売されている "TCSS style" Battle bladeです。ウルトラセーバーズに付属してくるウルトラエッジと見た目は変わりませんが、持ち比べてみると "TCSS style" Battle bladeの方が気持ち軽いです。また、中のデフューザー材が剥がれないように接着剤で固定されています。


DSC_5490-1.jpg

▲ブルー。

DSC_5491-1.jpg

▲パープル。

DSC_5492-1.jpg

▲マゼンタ。

DSC_5493-1.jpg

▲レッド。

DSC_5494-1.jpg

▲ブラッドオレンジ。

DSC_5495-1.jpg

▲トランスオレンジ。

DSC_5496-1.jpg

▲イエロー。

DSC_5497-1.jpg

▲ライムグリーン。

DSC_5499-1.jpg

▲グリーン。

DSC_5500-1.jpg

▲シアン。
Multicolorオプションの場合、以上計10色をリアルタイムに簡単操作でチェンジして楽しめます。


DSC_5549-1.jpg

DSC_5412-1.jpg

DSC_5413-1.jpg

DSC_5414-1.jpg

DSC_5415-1.jpg

DSC_5416-1.jpg

DSC_5417-1.jpg

DSC_5419-1.jpg

DSC_5420-1.jpg

DSC_5410-1.jpg

▲起動状態を俯瞰で。
ダークサイドスキームを選択していますが、どのカラーでも違和感はなく、またサウンドバンクに登録したサウンドフォントの雰囲気に合わせて切り替えることができるので、楽しみ方は無限大。


動画で実際のサウンドと拡張したサウンドフォント類をチェック。 最後は完全にネタフォントです。 Robニキごめん。


Ascend最大の魅力でもあるその軽さとスイングのしやすさ。こればかりは実際に手に持たないと分かりづらいかと思いますが、動画から少しでも雰囲気が伝わればいいかな…。あとはそのスイングのしやすさとCrystal Shard ver.2.5の相性。機能や感度については断然Crystal Focusに軍配が上がりますが、CSの場合でも本体SDカード内のセンサーパラメータ感度を緩めにしてやると、かなりスイングした時に理想の音が出るようになります。


DSC_5502-1.jpg

■総評
購入前からGCSのAscendは素晴らしいと方々から話を耳にしていましたが、実際手元に届いてその素晴らしさを実感することができました。直前にベイダーズ・ヴォルトのラースをレビューしたばかりでしたが、ヒルトの形状の差はともかく、まさにフルデュエルセーバーの名に相応しい、ライトセーバーコンバットの為のカスタムライトセーバーと言えます。 主な機能自体はCrystal Shard ver.2.5搭載なので、ベイダーズ・ヴォルトのコンバットクラスと似通っていますが、癖のない取り回しのしやすさ、出力されるサウンドの迫力、アクセスしやすいメンテナンス性でラースを上回りました(ラースの形状はとても好みなので決してラースが下という意味ではなく)。シンプルなデザインでありながら拡張性・改造性の高さを備えたAscendは、使い込む度に味わいが増し、そして自ら手を加えて改造をすればまた違った表情も見せてくれるでしょう。価格面でも他ブランドとそこまで開きはなく良心的なので、初めて手にするカスタムライトセーバーの1本として、また長く使い続ける決闘用の1本として、どちらにも自信を持ってオススメすることができます。

それと製作者のRob氏について。何回かRobとメールでやりとりをしましたが、とても人柄がよく、また彼の公式ツイッター(@MADCOWofGENESIS)からもアットホームで気さくな性格、そしてSTAR WARSと自身のライトセーバーへ掛ける情熱が伝わってきます。実際に今回のAscendをオーダーしたのは12月の頭、届いたのがエピソード7公開2日目の12月19日。公開直前の需要期にも関わらず、約2週間弱で手元に届くというデリバリーの速さ。 こちらが早めの納品を希望したこともありましたが、実にすばらしい対応をしてもらえました。事実、届いたAscendを初めて握った時に、Robの人柄がグリップを通して伝わってくるのを感じました。 情熱を掛けて製作された物が人と人とをつなぐ。STAR WARSの作品に通じる「ファン同士の繋がり」にリンクして、とてもいい買い物ができたことに感謝しています。


■コラム -これからカスタムライトセーバーを購入するにあたって-

最近よくメールやSNS、コメント等でカスタムライトセーバーの質問が来るようになりました。ふとしたきっかけで集め出した趣味がここまで周りに拡がったのは予想外でしたが、同好の士が増えることは嬉しい限りです。
ひとまず今回のGCSでしばらくライトセーバー購入は一区切りできそうなので、ここでこれからカスタムライトセーバーを買う方に参考になるように、自分が所有しているカスタムセーバーを基にして、よく受ける質問へのFAQ、メーカーごとに良い点と悪い点等をまとめておこうと思います。あくまで今まで購入してきた経験をベースにした個人的な考え方ですが、決して安い買い物ではないので、購入前の参考になれば幸いです。


Q.何を基準に選べばいい?

A.デザインです。
当然メーカーごとにいいい部分・悪い部分があります。が、自分が気に入ったデザインでなければいいも悪いもクソもありません。
自分で愛着が持てれば、多少不出来な子でも長く使うことができるでしょう。敢えて言うなら、「振りやすい」形状の物を買えば自ずと買ってからも触る時間が長くなる筈。後は性能と価格、機能やオプション等と折り合いをつける。後述するメーカーの良い点・悪い点はその際の参考にしてください。


Q.フラッシュオンクラッシュのオプションはつけるべき?

A.あるとテンションが上がります。
可能ならつけるべきですが、別になくても困りません。ただあるとテンション爆上げです。同じことがRGBオプション等にも通じます。予算と折り合いをつけましょう。


Q.クレカ持ってないんだけど必須?

Aクレジットカードがあるとメーカー直販で安上がりに買えます。
クレカが作れない、持たない等特別な理由があるのなら、コストは嵩みますが輸入業者にオーダーするしかありません。またクレカで直販で買う場合なら、ある程度の英語力は必須です。 何かトラブルがあった時に対応できなくなります。それらに自信がなければ代理業者に頼むのも手です。


↓以下は代表的なメーカーごとの良い点・悪い点のまとめ(バナークリックで公式サイトへリンクします)↓

■ベイダーズ・ヴォルト
WSB0003958@.jpg

良い点: 総合的に贔屓にして推したいのがベイダーズ・ヴォルト。豊富なバリエーション、持ちやすくスタンダードな物から奇抜な物、そしてフルカスタムオーダーまで備え、機能・デザイン共に秀逸。Saberfont.comでのフォントの拡張性もあり、鑑賞用からコンバット用までまず間違いない物が手に入る筈。

悪い点: 納期がべらぼうに遅い。これに尽きます。自分は7ヶ月以上も納品までに待たされました。繁忙期でなければ、通常は2~3ヶ月の納期となるようです。公式サイトからの質問のレスポンスも悪かったですが、これはどうも工房移転と需要期が重なったためかと思われます。こちらからの問い合わせの反応については、後述するウルトラセーバーズやセイバーフォージの方が迅速で的確でした。


■ウルトラセーバーズ
WS000406@.jpg

良い点: 納期が早い。これは大きいです。早くて2週間程で日本に届きます。そして豊富なバリエーション。劇中登場人物のライトセーバーのトリビュートモデルも多いのが特徴。個人製作の一級品トリビュートセーバーともなると金額の桁が違ってくるので、手頃に且つ短い納期で手に入れたいのであれば選択肢として大いにアリです。またサウンドの出力がパワフルでクリアなのも美点。シンプルで安価なモデルもあるので、カスタムライトセーバーへの取っ掛かりとしてもいいかもしれません。

悪い点: まずヒルトがでかい。決して振り回せない大きさではないですが、他メーカーに比べるとその大きさが目立ちます。物によってはブレードを含めて金属バット並みの重さになるかも。逆に考えると、その大きさ故にチャンバラ時の安心感にも繋がるので、気兼ねなく振り回せるという意味ではメリットになり得ます。普段使いでガンガン使用する為に使うのであればウルトラセーバーズで十分です。
次にLEDが固定されていない点。物によっては振り回す時に中でカタカタと音がします。一応、自分が購入した物はかなりハードに使用していますが今まで壊れることはなく、正常に使えています。神経質な人は気になるかもしれません。
最後にエメラルドセイバーのオプション。色を変えるには逐一PCと連動させなければならず、他メーカーのRGBオプションに比べて利便性で一歩劣ります。オブシディアンサウンドボードについてはデフォルトの音が個人的に好きなのに加え、フォーラムから他のフォントをダウンロードして差し替えることもできるため、あまりマイナスポイントとしては捉えませんでした。


■セイバーフォージ
WS000406@02.jpg

良い点: ヒルトのデザインが秀逸。セイバーフォージはこれに限ります。劇中人物トリビュートモデルから厨二センス全開のオリジナルモデルまでバリエーションは多彩。物にもよりますが起動時のビジュアル的かっこよさは飛び抜けていると思います。癖はあるもののRGBAオプションも備えている点、セカンダリースイッチで独自にエフェクトがコントロールできる点など、機能も豊富。

悪い点: スピーカーが割と致命的にダメ。自分は工夫してそれなりに迫力のある音が出る設定にしましたが、他のスピーカーにコンバートした方が建設的です。 よくシェア的な観点からセイバーフォージとウルトラセーバーズの2社は比較されますが、音の出方に関してはウルトラセーバーズの方が圧倒的にパワフルです。 ついでにコンフィグソフトでもあるSpark color-Editorについて、現状何もセイバーフォージ側でフォローされていないのも欠点。あとは最初に付属してくるSDカードが安物なので、国内ブランド物のSDカードに取り換えた方が無難です。
あとこのセイバーフォージとウルトラセイバーズの2社、恐らくカスタムライトセーバーという括りでのシェアは大きいですが、構造的な問題でカスタムセーバーのギルドフォーラムでもある本家FX-Sabers.comから追放されているので、そういう面を気にするのなら買わない方がいいかもしれません(こちらを参照)。自分はあくまで「道具」「嗜好品」として捉えているので思想に拘りはなく、「気に入ったデザインの物があれば誰が何を言おうとそれを使えばいいじゃない」 というスタンスです。良い点にも書いたようにヒルトのデザインはとにかく秀逸な物が多いので、それをベースに自作のセーバーを作ればとてつもなくいい物が出来上がる気がします。言い換えれば中身は少し残念ですよ、という意味になりますが。
一応フォローすると、とある事情で1回本国へセーバーをリペアに出したことがありますが、その時は真摯にそして迅速に対応してもらえました。あと納期について、よくセイバーフォージは届くまでに時間がかかると言われますが、Etsy出品分に関しては比較的短期間で出荷となるので、この点はマイナス面としませんでした。


■ジェネシスカスタムセーバーズ
WS000406@03.jpg

良い点: 結論から言うと良い点しかありません。Robの人柄は最高、その彼が情熱を持って作り上げるライトセーバーが悪い筈がありません。敢えて挙げるとするなら、普及品のバリエーションがまだまだ少なく、在庫もすぐなくなるという点。少数生産の個人製作故の性かもしれません。Ascendの普遍的なデザインが自分の感性と一致した故に満足できましたが、バリエーションという意味では他メーカーに劣るのは否めません。でもきっと手にすればGCSのよさがわかる筈。そう確信しています。


DSC_5553-1.jpg

という形でざっとまとめてみました。エピソード7も公開され、恐らく今後もカスタムライトセーバーが認知されてくる機会は多くなると思います。そのクオリティはいずれもメーカー問わず既存品のFXライトセーバーの比ではありません。自分のお気に入りのライトセーバーを見つけて、自分だけのライトセーバーにカスタムできる。よりディープにSTAR WARSを楽しめるカスタムライトセーバーの世界へ踏み込んでみませんか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 名無しさん  

Title - 

昔のFXライトセーバーは持っていますが比べ物にならないくらいカッコいいですね。
これちなみにいくらぐらいするんですか?
2015.12.26 Sat 12:01
Edit | Reply |  

Name - 名無しさん  

Title - 

genesisのRob氏は本当に親切に対応してくれますよね。
ボタンの交換依頼にも真摯に対応頂きました。
LDMCustomSabersのMark氏も対応が素晴らしいので、
そちらのライトセーバーもオススメです。
http://www.ldmcustomsabers.com
2015.12.27 Sun 00:49
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん

> 昔のFXライトセーバーは持っていますが比べ物にならないくらいカッコいいですね。
> これちなみにいくらぐらいするんですか?

値段は基本的に米ドル価格でその時点やオプションの付加によって多少前後するので敢えて記載しませんでした。
ブレード込なら505ドル、約6万円前後といったところです。そこに日本への送料等が加算されます。


>>名無しさん↑2

>LDMCustomSabersのMark氏も対応が素晴らしいので、
>そちらのライトセーバーもオススメです。

LDMのグラフレは密かに気になっていましたが、値段の関係で足踏みしています…。いつか手に入れてみたいですね。
Robの対応は本当に素晴らしかったです。
2015.12.28 Mon 13:30
Edit | Reply |  

Name - 名無しさん  

Title - 


>LDMのグラフレは密かに気になっていましたが、値段の関係で足踏みしています…。いつか手に入れてみたいですね。
>Robの対応は本当に素晴らしかったです。

LDMは始め僕も高いな思ったんですが、LDMは依頼、要件確定後に頭金を支払う形になるので、多少買いやすいかと。

あと、僕もLDMが届くまでに時間が掛かりそうで、間にsaberforgeを買ってみようかと思うのですが、実際、どうでしたか?
2015.12.28 Mon 16:00
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.29 Tue 22:50
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん↑2

> あと、僕もLDMが届くまでに時間が掛かりそうで、間にsaberforgeを買ってみようかと思うのですが、実際、どうでしたか?

セイバーフォージに関してはこの場でコメント返信という形で説明するのも難しいですが、概ねこの記事記載のインプレッションを抱きました。あとは該当のレビューを参照いただければと思います。その上でもしご不明な点などあれば、可能な範囲でお答えいたします。
2015.12.29 Tue 23:00
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>非公開コメント↑1さん

非公開コメントに対して個別にお答えできるフォームがないので、この場で質問内容を伏せて回答いたします。コメントありがとうございます。

実際に試しましたが、差し替えは不可能でした(この時は一部のフォントの起動音をsaberfont.comからDLしたファイルに差し替えてみるという目的で試しました)。
と言うのも恐らく、saberfont.comeで配布されているサウンドデータファイルは、大半がPlector Labs製のサウンドボード向けに最適化されているからです。対して仰っているメーカーのサウンドボードはPlector Labs製ではなく、SDカード内の音源ファイルの配置も他メーカーとは異なっているため、他のsaberfont.comeで配布されているデータでも適合しないと思われます。
2015.12.30 Wed 01:22
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.30 Wed 13:48
Edit | Reply |  

Name - ジャバ  

Title - 

明けましておめでとうございます。
ウルトラセーバーズでobsidian lite soundを選んだ場合、電池が単4になるらしいのですが、この場合光量は減るのでしょうか?
2016.01.01 Fri 21:03
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>ジャバさん

> 明けましておめでとうございます。
> ウルトラセーバーズでobsidian lite soundを選んだ場合、電池が単4になるらしいのですが、この場合光量は減るのでしょうか?

あけましておめでとうございます。「obsidian lite sound」ですが、恐らく最近追加されたであろうオプションなので、自分の手持ちの物とどう差があるか実物で確認することができません。ご了承ください。

これについてはLEDの光量に差はないかと思われます。 実際に公式動画を見ましたが、obsidian V4とobsidian liteではブレードの光り方に差は感じられませんでした。
ここからは推測と経験を交えた話になりますが、動画を見た限りではデフォルトのobsidian soundの鳴り方、特にハム音が若干低音寄りになったような気がします。obsidian V4の方がハッキリと鳴っている気はしました。あくまで聴感上、しかも動画上での音なので体感差はあるかもしれません。が、やはり両者で差があるのは音、そしてバッテリーの保ちなどが変わってくるのではないかと思われます。
公式フォーラム等でobsidian liteについて説明がないか情報を探してみましたが、目ぼしい情報を今の所見つけられていません。ただObsidian Lite搭載のセーバーの値段や説明を見る限り、obsidian liteは「充電機構を排除し、単4電池で駆動できるobsidian soundboardの廉価版」と捉えられると思います。
2016.01.02 Sat 03:24
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - 

>>非公開コメ↑2さん
その後情報を得ることができましたが、一応お使いのセーバーで鳴らす方法が判明しました。
ただ方法が複雑なのでこの場で説明するのが少々難しいです。
もしまたこのコメ欄をご覧になりましたら、コンタクトいただければメールでご説明します。数日反応がなければ記事にまとめるなどしてやり方を公開しようかと思います。
遅れての判明となり申し訳ありません。
2016.01.02 Sat 11:21
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.02 Sat 17:52
Edit | Reply |  

Name - ジャバ  

Title - 

返信ありがとうございました!

確かに動画では光量に差はなさそうですね
ほしいヒルトがchosen one(ダース・ベイダー)なので、変わった音にする予定もないし、liteにしようと思います。
参考になりました!ありがとうございます!

2016.01.02 Sat 19:22
Edit | Reply |  

Name - かきくーきゃく  

Title - サウンドについて

初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。

私個人、昔からスターウォーズのファンなのですがそれと同じくらいガンダムのファンでして

もし、カスタムセーバーでガンダムのビームサーベルを再現できたらこれ以上ないアイテムになると期待しているのですが
ダウンロード出来る音源にビームサーベルの音源はございますでしょうか?
スターウォーズファンの皆さまには大変失礼な質問とは承知しているのですがドラゴンボールのサウンドを聴いていてもたってもいられず質問させて頂いた次第でございます。
よろしければご回答お願い致します。
2016.01.03 Sun 05:08
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: サウンドについて

>>かきくーきゃくさん
コメントありがとうございます。

> もし、カスタムセーバーでガンダムのビームサーベルを再現できたらこれ以上ないアイテムになると期待しているのですが
> ダウンロード出来る音源にビームサーベルの音源はございますでしょうか?
実はありました。ありましたという言い方をするからには理由があって、現在入手できない状態となっています。
この記事で紹介しているsaberfont.comではなく、別メーカーのフォーラムで有志のユーザーが作ったガンダムWのフォントが公開されていましたが、現在はDL用のURLが404エラーを吐いていて落とすことができません…。
ただ考えることは日本人も海の向こうの人も同じで、ガンダムWは海外でも人気だから作ろうとした理由もわかる気がします。
2016.01.03 Sun 22:29
Edit | Reply |  

Name - Narrow room  

Title - ブレードの互換性

初めましてこんにちは

現在UltrasabersのConsularを所持しておりGenesis Custom SabersかVader's Vaultの商品を検討しているのですが
部屋が狭いのでヒルトのみ購入したいと思っています。
UltrasabersのブレードはGenesis Custom SabersやVader's Vaultのヒルトと互換性はありますか?
2016.01.04 Mon 12:15
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: ブレードの互換性

>>Narrow roomさん

> UltrasabersのブレードはGenesis Custom SabersやVader's Vaultのヒルトと互換性はありますか?
ブレードの互換性は基本的にあります。USのArchon V3のようなシンネックタイプ専用のブレードでなければ大丈夫なので、Consularを所有済みということならお手持ちのブレードで使えると思います。
2016.01.04 Mon 22:19
Edit | Reply |  

Name - 名無しさん  

Title - 

このAscendのセカンダリーボタンはデフォルトで付いているのでしょうか?それともオプションですか?
2016.01.07 Thu 23:00
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん

> このAscendのセカンダリーボタンはデフォルトで付いているのでしょうか?それともオプションですか?
仰る通りデフォルトでセカンダリーボタンが装備されています。注文時にボタンに関するオプション指定も特にないです。極端な例ですが、別のタイプのボタンにしたり、場合によってはボタン自体をなくすことも、製作者のRobと打ち合わせて決定することができる筈です。
2016.01.08 Fri 23:09
Edit | Reply |  

Name - 名無しさん  

Title - 

セカンダリーボタンを聞いたものです。
いろいろと詳しく書いていただきありがとうございます。まだコメントの使い方がよくわからないもので。
今Rob氏と連絡を取りました!すぐ返信も来て素晴らしいですね。お金のある範囲で色々カスタムしてみます。
2016.01.09 Sat 12:36
Edit | Reply |  

Name - パパワン  

Title - ご教授願います。

大阪府下在住の者です。
ジェネシス・カスタム・セーバーを購入したいと思っているのですが、
なにぶんど素人で・・・
ご教授いただきたいことがあります。

一つは・・・
購入時に支払う価格以外に、送料などはいくらくらい(概算)かかるのでしょう?
また、関税などは発生するのでしょうか?
それらは、海外からの荷物を受け取る時に支払うのでしょうか?

一つは・・・
購入後に、他メーカーのブレードを使用したく思っております。
耐久性により優れたブレードでできれば取り回しも一段としやすい
ブレードの長さに。
で行き着いたのは候補としまして・・・
①『ベイダーズ・ベルト社』の30インチのやや短めのブレード
②『ウルトラ・セーバーズ社』の戦闘用グレード・ブレード36インチ
上記で検討しております。
ブレード差込口のパイのサイズなどは適合するのでしょうか?

急ぎません、ご回答いただけると助かります。
2016.01.12 Tue 23:04
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: ご教授願います。

>>パパワンさん

> 一つは・・・
> 購入時に支払う価格以外に、送料などはいくらくらい(概算)かかるのでしょう?
> また、関税などは発生するのでしょうか?
> それらは、海外からの荷物を受け取る時に支払うのでしょうか?

まず送料ですが、こちら関東への配送には本体代+送料74$が発生しました。これに加えてPaypalの手数料も発生する筈ですが、それについてはご自身で清算時にご確認ください。関税も発生しましたが、これは私の場合は受け取り時に配送業者へ直接支払ました。確か4000円程だったと記憶しています。


> 一つは・・・
> 購入後に、他メーカーのブレードを使用したく思っております。
> 耐久性により優れたブレードでできれば取り回しも一段としやすい
> ブレードの長さに。
> で行き着いたのは候補としまして・・・
> ①『ベイダーズ・ベルト社』の30インチのやや短めのブレード
> ②『ウルトラ・セーバーズ社』の戦闘用グレード・ブレード36インチ
> 上記で検討しております。
> ブレード差込口のパイのサイズなどは適合するのでしょうか?

ウルトラセーバーズのエミッターの口径よりGCSやベイダーズ・ボルトは口径が狭い印象ですが、基本的にブレードには互換性があります。しっかりビスを締めれば相互で使用できます。ウルトラセーバーズの戦闘用グレード・ブレード(恐らくHeavy Grade Dueling Bladeのことかと存じますが)は所有していませんが、問題なく利用できるはずです。
2016.01.13 Wed 10:03
Edit | Reply |  

Name - パパワン  

Title - オーダー受付は2月以降だそうです。

管理人様ご教授ありがとうございます。
ジェネシスのアセンドを購入することを決意しまして
昨日からRob氏とメールのやり取りを始めました。

ですが、現在の新作公開の余波もあってか部品の欠品が相次ぎ
2月以降にならないとオーダーやカスタマイズの受注が受けれないとの
ことでした。
しかし、私からのリクエストやメールに対するレスポンスも早く
英語が全く無知な私でも、翻訳アプリなどを使いコミュニケーションが
取れました。
すごく人柄のいい方ですね。
このレビューが大変参考になり、腕の良いクリエーターさんに
巡り会えたと思っております。

今のところ構想では、量産品のアセンドセーバーのパウダーコーディングの
バランスと、LEDスイッチの装飾とAUXスイッチの拡大とフラットボタンの
カスタマイズをお願いしております。
チャージアップ料金も80💲アップほどで済みそうな見積もりをいただけました。

世界に1本しかない、カスタムセーバーと思えば安いかと。
本当にありがとうございました。
2016.01.15 Fri 00:19
Edit | Reply |  

Name - まけんたろう  

Title - Genesis Custom Sabersの購入方法について

はじめまして

カスタムライトセーバーに興味を持ち始め、いろいろと調べる中、この記事を拝見したことで
Genesis Custom Sabersの Ascend Saber を購入する決意をしました。
(管理人様と全く同じものが発注したいくらいです。)

ただ、自分は海外サイトで物品を購入したことがなく、英語等も全く無知です。

Rob氏にメールで依頼して、ペイパルという決済システムで支払い、到着を待つ。
というような流れだと大まかに理解しました。

そこで、私なりに依頼メールを作成し(翻訳サイトで訳した程度ですが・・・)、Rob氏との連絡を試みたのですが、結果失敗に終わりました。

詳しく言いますと、公式サイトのContact Me で必要事項を入力し send ボタンを押したら、「Internet Explorer でこの形式の Web ページを読み取ることはできません」とでてしまいます。
現在Ascend Saberの在庫がないからきているものなのか、私のPCが要因なのか、、、
購入を決意するも、そこから一歩も進めず、自分の無力さを感じる次第です。

長々と、まとまりのない文章を書いてしまい失礼いたしました。
もしご覧になられて、お時間がございましたら、管理人様がRob氏と連絡を取られている方法や購入方法についてのアドバイスをいただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。
2016.02.10 Wed 23:55
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: Genesis Custom Sabersの購入方法について

>>まけんたろうさん
コメントありがとうございます。またTwitterの方もありがとうございました。
Ascendについてはデフォルトのままでいいのならばそのままカートに入れてオーダーすればOKですが、何か特別なカスタムを施したいのであれば、事前相談が必須です。
メールフォームの不具合は正直何が原因なのかはわかりませんが、

madcow.genesis☆gmail.com
(☆を@マークに変えてください)

こちらのアドレスでRobにコンタクトが取れるので、事前に相談されてはいかがでしょう。ただ最近は多忙なようなので、レスポンスが来ないこともあるようです。
2016.02.11 Thu 19:24
Edit | Reply |  

Name - まけんたろう  

Title - ご協力ありがとうございます。

べるべる様

ブログ、Twitter共に、お返事いただきましてありがとうございます。

Rob氏に失礼の無いように、連絡を取ってみたいと思います。
  
自分は、特別なカスタマイズは考えておらず、Darkside Scheme と Multicolorに
したいことを伝えようと思います。
少し、スイッチのことで質問をするつもりですが、結局デフォルトのままにしそうです。

余談ですが、何気に、ブラスターの跳ね返し音が一番楽しみです。


本当にべるべる様には感謝いたします。ありがとうございました。
また、ほかのカスタムセーバーの記事もじっくり拝見させていただきます。

2016.02.11 Thu 20:26
Edit | Reply |  

Name - 名無しさん  

Title - 

Genesis Custom SabersのAscend Saberのカスタム項目は、どのくらいあるのでしょうか?
2016.02.17 Wed 01:47
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん↑×1

> Genesis Custom SabersのAscend Saberのカスタム項目は、どのくらいあるのでしょうか?
公式サイトを見ていただくとわかりますが、基本的にオーダーフォーム内で選べる項目自体は非常に少ないです。
但しAscendはシュラウドの形状やパウダーコーティングの変更などの細かい仕様を、事前にメール等で相談することができるので、実質カスタム内容は無限大と言っても過言ではないと思います。
2016.02.18 Thu 02:10
Edit | Reply |  

Name - パパワン  

Title - 

2月2日の日本時間深夜の3時にRob氏とほぼチャットとも言えるメール交換で
カスタマイズの打ち合わせを行い、その場でカスタムパーツの見積もりなどを提示して
頂きPay Palで支払いを済ませました。

その後、カスタマイズの途中経過をメールで連絡をもらい、待つこと約10日でセイバーは完成。
カナダポストでの発送で約1週間。
オーダーから17日でアセンドセーバーが手元に届きました。

驚くほどの軽さ、スピーカーの性能の良さ、高性能なサウンドボードに大満足しております。
実質はノーマルでブレード付属モデルが505ドル。
それにカスタマイズの追加料金が150ドル。
送料が100ドル。
合計で755ドルの支払いで、日本円で約95000円でした。
銀河にただ一つしか存在しないマイ・カスタムセイバーであることを思えば
安いものです。

今から36年前、6歳の時に初めて字幕映画で『スターウォーズ EP5 / 帝国の逆襲』を
見に行きました。
あの日から、自分のライトセイバーが欲しいと夢を抱きました。
ホビーフラグメンツ様のレビューに出会い、そしてジェネシス・カスタムセイバーにたどり着き
Rob氏と出会いました。
夢がかなったことをここでお礼申し上げます。
本当に有難うございました。
3月にはジャネシス社でもう1本『ベクター』もオーダー予定にしてます。
2016.02.21 Sun 15:46
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>パパワンさん

無事手に入れられたようで何よりです。そして大変満足のいく内容であっったこと、伝わってきました。この記事を書いた冥利につきます。こちらこそありがとうございました。
ベクターの評判はまだ聞いたことがありませんが、Ascendとはまた異なるコンセプトでこれもまた手に馴染み易そうな気はします。機会があれば自分も購入してみたいところです。
2016.02.21 Sun 22:36
Edit | Reply |  

Name - 山岡  

Title - 

はじめまして
ちょっとお伺いしたいのですが当方もGCSのセーバーを入手したのですが
充電器について、当方のものもべるべる氏のと同じもののようですがもとからつていたコンセントそのまま日本でつかえました?
ぱっと見、日本のものに似てるのですが少し先端の形状が違いつかえませんでしたが
ケーブルを国内のもの(ちなみに3DSについていたもの)がはまったのでつないでみましたが問題ないものなんでしょうか・・・?

あと充電器右側面に2.4V 3.0Vとを切り替えるスイッチのようなものがあるんですがこれはどういう用途かわかりますでしょうか?
あと充電器に電池をはめこむと赤いランプがつきますが
正常ならば充電完了したら色がかわるんでしょうか?
2016.03.02 Wed 20:00
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>山岡さん

充電器のコンセント端子の形状ですが、そのまま日本の家庭用コンセントで使用できています。確かに先端の形状が日本で一般的によく見るプラグ形状と異なりますが、現状問題はありません。

> あと充電器右側面に2.4V 3.0Vとを切り替えるスイッチのようなものがあるんですがこれはどういう用途かわかりますでしょうか?
恐らく4.2Vと3.0Vではないでしょうか。4.2V側で正常に充電できております。

>あと充電器に電池をはめこむと赤いランプがつきますが
正常ならば充電完了したら色がかわるんでしょうか?
その通りで、ランプは充電完了を知らせるインジケーターになっています。
2016.03.04 Fri 08:54
Edit | Reply |  

Name - Arl  

Title - GCSとVVの光量について

はじめまして。
私も最近カスタムセイバーに興味を持ち
購入にあたっての情報を集めるべく各所のレビューを探しているうち
こちらに辿り着きました。

複数のセイバースミスを比較でき
見やすい画像と動画もふんだんにあって非常に参考になり、助かりました。

目下のところ、やはりPlecterのサウンドボードを使ったものが一番遊べそうだなと感じたので
GCS、VV、LDMあたりを候補に入れているのですが
気になっているのはセイバーの明るさについてです。

少なくとも、VVは自社の光学部分にSuncrusherなるブランドを名付けるほど
明るさにこだわっているのは伝わってくるのですが
GCSと比べて差があるものなのでしょうか?
※RGBモデルにおいて、という意味で

自身で調べた限りでは、いずれもTri-Cree XPE2を採用している様子でしたので
パーツレベルでは同等に思うのですが
べるべるさんのアップされた動画を見る限りでは
GCSの方が幾分明るく見えたのです。
とはいえ、撮影時の露光が同じ条件なのかもわからず
ブレードや集光レンズの差によるものかもしれず…

また、海外フォーラムなどでも
VVとSFの比較やVVとUSの比較は何度か見ており
おおむね「VVの方が明るい」との評価を受けているようなのですが
GCSとの比較は見つけられなかったのです。

というわけで、もしよろしければ
GCSとVVで、肉眼で見た時にどちらの方が明るく感じたか教えて頂けないでしょうか?
ブレードについては互換性があるかと思いますので
それ以外の部分で、という事になりますが。
どうぞよろしくお願いします。
2016.03.04 Fri 15:56
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: GCSとVVの光量について

>>Arlさん

GCSとVVの光量についてですが、正直なところ、明るさという意味ではそれほど差は感じなかったです。
「ブレードの光り方」というニュアンスで言えば、VVのブレードは表面が若干繊維質なので、間近で見ると若干光量が抑えられたように見える感じがしますが、実際にこの2本のセーバーを第三者視点から見た限り、両者で大きく明るさが違うということはありませんでした。
もちろん撮影時の露出や画像の編集段階などにおいて、画質は多少弄ってありますので、レビュー記事内での光り方に差はあります。暗所で強烈な光を綺麗に撮影しようとすると結構工夫が必要で、撮影した画像1枚毎にカメラの設定が違います。その点はご理解いただければと思います。
2016.03.06 Sun 10:10
Edit | Reply |  

Name - Arl  

Title - 

>>管理人様

なるほど、同じぐらい明るいということなのですね。
となると、ますますどちらにするか迷ってしまいますね…
それも含めて楽しく悩むことにします。
ご回答ありがとうございました!
2016.03.06 Sun 16:07
Edit | Reply |  

Name - パパワン  

Title - ブレードの互換性

ご無沙汰しております。
今後、カスタムセーバーのご購入をご検討の方にご参考になればと思い
少し検証結果を記載します。

過去の書き込みにもありますように、Rob氏との直接の接点を得たことで
アセンドセーバーを購入できました。
その後、他社メーカーのブレードとセイバーキャップを購入し
互換性を確認しました。

まず、言えることは・・・
ジェネシス社のセイバーでは、ウルトラセイバーズ社のブレード及びキャップは
使用できませんでした。
シュラウド口に対してウルトラセイバーズ社のブレードとキャップは若干厚みがあり
差し込むことができませんでした。

使用可能なのは、VV社のブレードとキャップ及びセイバーフォージ社の
ブレードとキャップです。
ただし・・・
ブレード自体の重量に関してはジェネシス社の標準装備のブレードが
最も軽いです。
スピンを行う場合はその軽さがかなりのアドバンイテージになるかと思えます。
ご参考になればと。

ちなみに・・・
2月末にジェネシス社のRob氏にメールにてヴェクターセイバーの制作及び
カスタマイズを依頼したところ、返事が・・・
『Please contact me again in 2-3 weeks.』とのことでした。
依頼のタイミングとしては3月の半ばがベターなようです。
2016.03.06 Sun 23:21
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: ブレードの互換性

>>パパワンさん

> ジェネシス社のセイバーでは、ウルトラセイバーズ社のブレード及びキャップは
> 使用できませんでした。
> シュラウド口に対してウルトラセイバーズ社のブレードとキャップは若干厚みがあり
> 差し込むことができませんでした。
以前のコメントから察するに、ウルトラセーバーのブレードは戦闘用グレード・ブレードでしょうか。
自分はUS製のブレードは3本所有しており、いずれもデフォルトで付いてくるウルトラエッジのミッドグレードですが、Ascendには問題なく差し込めるため、以前の回答で互換性がある筈と返答いたしました。もし戦闘用グレードで試されたのであれば、ブレードの厚さが異なるのかもしれませんね…。貴重な情報をありがとうございます。
GCS標準装備のTCSS製ブレードはUSのウルトラエッジ・ミッドグレードより軽いのでとても重宝しています。

>2月末にジェネシス社のRob氏にメールにてヴェクターセイバーの制作及び
>カスタマイズを依頼したところ、返事が・・・
Ascendユーザーはどんどん増えているのですが、ベクターのユーザーはまだあまりいない印象なのでちょっとずつでもいいから生産数が増えればいいですね。自分はVVのグラフレックスで出費してしまったので次回のオーダー開始時には注文できそうにないですが、それより先にできればAscendをもう1本とカップラーを注文してダブルセーバーにしたいと企んでいます。
2016.03.07 Mon 08:51
Edit | Reply |  

Name - なしーん  

Title - 

こんにちは、いつもレビュー見させてもらっております。
先日アセンドセーバーを購入したのですが、
Crystal Shardのスイング時のセンサー感度の調整の仕方を教えていただく事はできますでしょうか?
SDカード内のフォルダにいくつかそれらしき項目はあったもののどれをいじったらいいのかわからず・・
突然の質問で申し訳ないのですが、よろしければ教えていただけるとありがたいです・・
2016.04.03 Sun 09:42
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>なしーんさん
SDカード内の「override」フォルダの値を書き換えて調整します。
全体の感度は「i」の数値を変えて調整します。デフォルトで「i」は53になっていますが、57まで上げることができます。
逆に下げると感度が緩慢になり、冗長になります。
スイングの感度を細かく調整したい場合は「hs(ハイスイング)」と「ls(ロースイング)」の値も調整してみてください。基本的に「hs」の値は「ls」より大きくしないといけませんが、あまり「ls」を下げ過ぎるとおかしくなります。私もCSのマニュアルを自分なりに和訳して使っているので怪しいところがありますが、うまく調整して好みのセッティングを見つけ出してみてください。



2016.04.04 Mon 20:45
Edit | Reply |  

Name - なしーん  

Title - 

感度をあげてみたら反応がよくなりました。
hs、lsの値もいじってみましたが調整がなかなか難しいですね・・
色々試してみたいと思います。
わかりやすく教えていただきありとうございました!
2016.04.05 Tue 12:25
Edit | Reply |  

Name - カロッツェリア  

Title - 充電に関して

いくつか前の質問にもあるように、充電に関してわからないことがあり管理人様のご存知の情報を教えていただきたいのですが・・・
充電(充電池)には・・・

⑴日本国内でも流通しているような乾電池タイプ。
もちろんリチウムイオン電池で取り外しができ、専用の充電器で充電するタイプ。
※例えるとGCS社の仕様。

⑵もぅ一つはオールインワンタイプ。
充電池が内蔵されていて、キルキーをはずした充電ポートへジャックを差し込み
ACアダプターで充電するタイプ。

上記の2種類がありますが・・・
⑵のタイプにおいて、メーカーリリースの純正のアダプターを使用しなければ充電できないのでしょうか?
もしくは同様の充電用アダプター(汎用品)が国内でも入手が可能なんでしょうか?

リチウムイオン充電池に関しては、過充電からくる事故もあり得ると聞きます。
例えば・・・
3.7 volt (2500 mAH)の充電池の充電に対応したアダプターなどは国内で手配可能なんでしょうか?
2016.04.07 Thu 23:04
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: 充電に関して

>>カロッツェリアさん

私が個人的に調べた範囲と独断と偏見が混じりますので、あくまで参考程度にとお考えください。

> ⑵のタイプにおいて、メーカーリリースの純正のアダプターを使用しなければ充電できないのでしょうか?
> もしくは同様の充電用アダプター(汎用品)が国内でも入手が可能なんでしょうか?

> リチウムイオン充電池に関しては、過充電からくる事故もあり得ると聞きます。
> 例えば・・・
> 3.7 volt (2500 mAH)の充電池の充電に対応したアダプターなどは国内で手配可能なんでしょうか?

まず大前提としてですが、これは私が以前電化製品に関わる仕事をしていたこともありますが、こういう充電関連で使用するアダプターに関しては、極力メーカー推奨品を使用することをお勧めします。というのも、推奨される環境以外で使用した場合、例え社外品の適合規格であったとしても、何かの原因で故障した時に(この際バッテリー周りの原因での故障でなくとも)、社外品を使用したという理由で保証の対象外になるケースが非常に多いからです。

汎用充電アダプターに関してですが、私が調べた限りでは国内で販売しているサイト等は見つかりませんでした(一番手軽に購入できそうなところでも米アマゾンでした)。カスタムセイバーで使用されているような大容量リチウムイオンバッテリーは、日本では主にスマートフォンやPC等に使用するモバイルバッテリーに採用されていることが多く、普及品という意味ではアダプターの需要が日本国内にあまりないのが理由かもしれません。(充電「器」であれば日本のアマゾンでも手に入りそうですが。)
もしかすると秋葉原辺りにこれら海外で使用されるバッテリーの充電アダプターを扱っている店があるかもしれませんが、「国内で購入」となるとなかなか難しいのではないかと思います。
2016.04.10 Sun 20:56
Edit | Reply |  

Name - Ascend希望者  

Title - カスタム依頼のタイミング

はじめまして、いつもブログを楽しく拝見させてもらっています。

このブログを見てAscendを購入したいと思っているのですが、
教えていただきたいことがあります。

カスタムの内容の相談なのですが、購入前に連絡してね。とありますが、
カートに入れて購入を押す前なのでしょうか?

前回分の際に購入しようとしてカートに入れずにカスタムのお願いのメールをしていたら売り切れてしまったので、
連絡をするタイミングを教えていただけたらと思います。

よろしくお願いします。
2016.07.26 Tue 18:12
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: カスタム依頼のタイミング

>>Ascend希望者さん
はじめまして。カスタム要望をRobに出すならば、実際にカートに入れる前に事前に投げかけておいた方が確実です。Paypalだとそのまま決済を切られてしまうので、実際に購入する前に話を持ちかけておけば、カスタムに応じた決済ができます。
2016.07.30 Sat 01:51
Edit | Reply |  

Name - Helper  

Title - クレジット以外での購入方法

クレカを使うのが不安、又はお持ちでない方へ

クレジットを使わずに海外サイトから購入する方法は、Vプリカで購入できます。
使用後は、必ずロックをかけて下さい。

Vプリカは、ペイパルと併用も可能です。

ヴェイダーズ社のは、Vプリカは受け付けませんでした。
この場合は、VISAデビットカードでだと買えるでしょう。 オーナーがデビットは受け付けると
言ってました。

ジャパンネット銀行のデビットは、ナンバーを変えて買い物ができますので、お薦めします。
1日4回までナンバーを変えれますが、使用後はロックしてください。
決してカードに表記されてる番号は使用しない事です。


2016.09.16 Fri 13:49
Edit | Reply |  

Name - Show  

Title - Vプリカで直接、メーカーから購入した方がお得。

Helperさん ありがとうございました。

SFガーディアン チャンピオンを、SFのサイトからVプリカで購入できました。

15%オフキャンペーンでしたので、通常$400が$340で、送料込みで42,000円以内で買えました。


某代行業者から購入すると、12w仕様でブレードプラグを付けると送料別で、93,528円もします。

今まで相当にボッタクられてました。


某代行業者のオフ会で知り合った人が言うには、SFからはブレードプラグ付きで送られてくるそうです。

つまり、ブレードプラグなしで注文してた時は、プラグ外されてたんです。

そのプラグも、4,500円税抜きで転売してるようです。

もう二度と某代行業者は、利用しません。


何だか某代行業者には、腹が立ちます。

2016.09.20 Tue 13:59
Edit | Reply |  

Name - Ko-Tann  

Title - デビットカードお薦め

それって、ライトセーバースタイルとかいう店でしょう。

私も以前ライトセーバーの事を、あまり知らなかったので3回ほどぼったくられました。

クレジットを使用するのは不安だったので、海外からの輸入はしてませんでしたが、

最近は、私もVisaデビットカードを使用して直接メーカーから取り寄せてます。

デビット付口座に必要額だけ入金して、海外通販してます。


ウルトラセーバーズは、ポチるだけで1週間前後で届きます。

セーバーフォージはトラブルが多いので、英語力はある程度必要です。

ヴェイダーズヴォルトは、納期が異常にかかります。


MAKOTOライトセーバーは、最近はペイパルで買えますが、英語力がないと買えません。






2016.09.21 Wed 09:13
Edit | Reply |  

Name - kan  

Title - 参考になりますが...

なるほど、プリカにデビットですね。

それだと、クレジットより断然安全ですね。

ただ英語は難しいから、いざ海外から直接購入は躊躇しますね...


かと言って国内の代行業者は、確かにあまりにも高すぎますから欲しくても買う気にはなれないですね。

カスタムライトセーバーは、欲しいですけどね...
2016.09.21 Wed 23:30
Edit | Reply |  

Name - Kenji  

Title - メーカーから直接購入の方がいい

確かに某〇〇スタイルは、輸入代行業としては異常に高いですね...

輸入代行の相場は、一般的に2割から3割くらいですけどね...


私も、カスタムライトセーバーを購入しようかと考えてますが、知識がないので

分からない事だらけですが、頑張って直接メーカーから取り寄せようと思います。

VISAデビットは持ってますし...


あそこまでの、ぼったくり価格で代行業者から購入したくないですからね。



2016.09.22 Thu 13:21
Edit | Reply |  

Name - はるはる  

Title - スイング時のパラメーターセッティング

私もセーバー購入しました。大変参考になりました。
さて、センサーパラメーターをセッティングしようと思うのですが、スイング時のセッティングはどのテキストファイルを見たら良いですか?一応pcに全てコピーしてありますが、テキストのどの項目を弄れば良いでしょうか?
2016.10.12 Wed 22:36
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: スイング時のパラメーターセッティング

>>はるはるさん
センサーの感度調整のことでしょうか。
一応この記事のコメント欄に過去に似たような質問がありましたので回答していますが、overrideフォルダ内の数値を弄ります。
「i」が全体感度、「hs(ハイスイング)」と「ls(ロースイング)」の値でさらに細かくスイングの感度を調節できます。基本的に「hs」の値は「ls」より大きくしないといけませんが、「ls」を下げ過ぎると挙動がおかしくなります。
この値はお使いのセーバーのバランスや重量などによって変わってくるため、どのがベストなのかという回答はありません。以前のコメントも参照していただき、色々調節して自分好みの設定を見つけてください。
2016.10.15 Sat 00:10
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。