ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルパン劇場版4DXに見る戦車のキャラクター像とWFの忘れ形見 

poinutoatago@03.png
本日のお題はこちらですがその前に…。


DSC_6212-1.jpg
▲来た。観た。ヒャッホゥ、最高だぜ。
興収12億とかいうとんでも大台に乗っかりつつも4DXでまだまだブーストを掛けてるガルパン劇場版はロードショー開始からかれこれ3か月オーバーです。円盤発売までこのまま上映も見えてきました。前代未聞だよ。そんなガールズ&パンツァー劇場版をよろしくお願いいたします。

■4DXエフェクトと戦車の親和性
お戦車道4DX、とにかく戦車の挙動すべてに4DXの要素がぶっこまれている。アイドリング、走行、振動、砲撃、履帯破壊、爆発、爆発。クラーラがノンナが死んじゃうあああああああ水ブシューッ。画面からどころか体中で感じる情報量が多すぎて、最終的にわけがわからなくなって海馬に電極突っ込まれて快感だけ与えられてる気分になった。 もう冗談どころか女の子の顔がアップで映る度に(女の子以外にインプットされる情報過多に耐えきれなくなり)脳が思考を放棄して、
「あぁーキスしてぇなぁ」の一点張り。 いよいよ末期症状か。

もちろんズッコンバッコンエア噴射プシュゴーーッがすごいだけではなく、例えばチャーチルのエンジン音とクルセイダーのエンジン音でシートから伝わってくる振動が全くの別物で、4DXエフェクトが効果的に戦車の種類ごとにキャラクターを際立たせている。 さすがにこれには恐れ入った。あと凄まじいのはスーパーギャラクシーの登場シーン。風が吹いてからの超絶振動、そしてゆったりとした飛行に合わせて傾くシート。これは臨場感たっぷり。もちろんカール砲には期待していい。エフェクトから感じ取れる戦車毎のキャラクター、これを楽しむために4DXへ行く価値はあると思います。

敢えて突っ込むというか納得できない点は、潮騒の湯でのワンシーン。劇場が設定したエフェクトのパラメーターが過剰なのか、
ダージリン様のお紅茶が洗剤まみれになってしまいますわよ!! (実際に他の劇場ではエフェクト量はそうでもなかったらしい。)
さらにエンディングでスタッフロールが流れる直前。あのシャボン玉要るか? 余韻に浸ってたところを大量のシャボン玉が夕日をバックにブォオオオーーーーッて噴き出してきたので、ひどく興ざめしてしまった。 とりあえずそれっぽいところでシャボン玉出しとけ感が凄い。他にも時折噴出する煙の量が多いのかスクリーンに被って残留してしまい、タイミングにそぐわないなぁと思ったところもちらほら。単純に4DXエフェクトの構築の仕方としては、マッドマックスやSWの方が「完成されている」と思った。 まぁこんな細かくてめんどくさいことごちゃごちゃ考えないで行くと超楽しいですよ、ガルパン4DX。


DSC_6213-1.jpg
▲現場からのレポートは以上ですが4DX1回が2100円は大変お得かと思います。


そんな4DX鑑賞の前日に、これまたガルパン関連でエキサイティングでエモーショナルなオフ会があった。場違いも甚だしいくらいの酒の席に居合わせたが、とてつもない人たちと予期せず会うことが出来て、素晴らしいお話がたくさん聞けた。この場を借りてお礼を言いたいところだが、お礼を言う相手がまさかの大学時代以来の悪友になろうとは、やはり持つべきものはホールブラザーということなのだろうか。

DSC_6062-1.jpg
▲オフ会に向けて持っていったタミヤのティーガーI 黒森峰女学園仕様。
ほんとはポルシェティーガーが好きなんだけど生憎キットが手に入らず。機銃のパーツは紛失。


DSC_6065-1.jpg
▲まほのティーガーIは車外装備とか乗っけてないけれどここは情報量優先で。


DSC_6067-1.jpg
▲ドイツ戦車ってTHE・戦車って感じがしていいよね。
ティーガーIは1年戦争で言うとゲルググみたいなポジションだから抑えておくべきだけれど、プラッツのティーガーは悪名高いことで有名なのでタミヤのがぶっちゃけ安心です。蝶野マウスも買ったけど転輪の多さに早くも絶望したので暖かくなるまで封印。


DSC_6221-1.jpg
▲プリッと秋葉に寄ったらボークスでWFの時に展示撮影を諦めたグッスマの夕立改二が。
WF当日はあまりの長蛇の列に撮影を諦めてしまったので、展示は非常にありがたし。


DSC_6220-1.jpg

DSC_6227-1.jpg

DSC_6230-1.jpg
これを見ちゃうと是が非でも時雨と並べたくなっちゃうわよねー。


DSC_6229-1.jpg
▲揺らめく炎はソロモンの悪夢。
今でこそこういう造形表現ってよく見るけれど、それにしても鮮やかで洗練されている印象。


DSC_6219-1.jpg
▲思ってたより攻撃的な表情っぽい。
時雨が発売直後にプレ値になった状況を見るに、これは抑えておかないとマズイ予感がするゾ。


DSC_6223-1.jpg

DSC_6224-1.jpg

DSC_6225-1.jpg

DSC_6226-1.jpg
▲お隣にはマックスファクトリーの愛宕。
これはベースになった高雄とツーショットの描き下ろしが素晴らしいんですよね。みことさんの絵のテイストって、どっちかって言うと少女漫画寄りで、サンプル画像を見た時も元絵を意識しすぎたのか、瞳孔が開きすぎて「怖い」印象を受けましたが、ボークスで展示されていた実物はいい具合に抑えられていた気がします。大は小を兼ねるってことで重装版を予約済み。

F値5.4でRAWでバーーッと書きだしたけれどこれだけボケてくれるなら今のレンズでも十分か。


レビューのネタがないわけじゃないけど興が乗らずついでに時間も確保できず。

DSC_6232-1.jpg
次回あたりをこいつを紹介できればいいかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。