ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】ホビージャパン AMAKUNI Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ イリヤ&クロセット 

20160704-20160704-DSC_2075@01.jpg

『Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ』から、イラストレーターのひろやまひろし先生描き下ろしのイリヤとクロエのイラストを、月刊ホビージャパン×月刊コンプエース企画として2人揃って立体化。全お兄ちゃん卒倒&待望のとんでもない姿でイリヤとクロエが登場! AMAKUNI イリヤ&クロセットのレビューです。

最初に言い訳させてください。 僕はロリコンではありません。
ただ可愛いくて綺麗な女の子が好きなだけで、今回はそれがたまたまマイクロビキニを着た幼女と褐色幼女だっただけなんだ! あっ、やめろ!離せ! 畜生!また薬か!!

↓続きはこちら↓


20160703-20160703-DSC_1908.jpg

20160703-20160703-DSC_1909.jpg

ホビージャパン AMAKUNI イリヤ&クロセット
発売時期:2016年7月
販売価格:16,600円(税込)
原型製作/グリズリーパンダ
彩色見本製作/ピンポイント
1/7スケール


もうね、外箱からいかがわしいんですよ。 完全にアダルトなグッズのそれです。原型製作は手広く手掛ける安心のグリパン先生。この時点で買いは確定です。 ちなみに今回はセットを購入しましたが、それぞれ単品でもオーダーが可能でした。セットの方が金額的に若干お得な上に、後程写真で紹介しますが、このフィギュアはイリヤとクロ2人揃って真価を発揮するので、理由はなくとも2人揃えて買った方が吉です。


20160703-20160703-DSC_1910.jpg

今回はフィギュア2体分のレビューということで、まずはイリヤから。


20160703-20160703-DSC_1911.jpg

20160703-20160703-DSC_1912.jpg

20160703-20160703-DSC_1913.jpg

20160703-20160703-DSC_1914.jpg

20160703-20160703-DSC_1915.jpg

20160703-20160703-DSC_1916.jpg
▲全周。もう本当にけしからんですよこのイリヤは。
この幼女独特の微細な肉付きの表現、生々しいってレベルではありません。そして何よりこのイリヤ、肌の手触りが最高。 アルターのラブライブ!シリーズでもツルツルな手触りの仕上げは体感してきましたが、今回のイリヤとクロはそれ以上に肌の感触がなめらか。 極上の手触りを堪能できます。


20160703-20160703-DSC_1917.jpg

20160703-20160703-DSC_1918.jpg

20160703-20160703-DSC_1919.jpg
▲顔周り。元イラストの雰囲気を全く崩さずに、あどけないイリヤの顔を再現。
恥じらう表情がこの上なく可愛い、安心・安定のグリパン造形。肌の白さも絶妙。


20160703-20160703-DSC_1921.jpg

20160703-20160703-DSC_1920.jpg
▲しなやか且つ細やかな造形の髪の毛。


20160703-20160703-DSC_1922.jpg

20160703-20160703-DSC_1923.jpg

20160703-20160703-DSC_1924.jpg
▲手に持った星は僅かに透ける薄さ。
星の大きさが絶妙で、正面から見ると逆に何も着てないように見えてしまうマジック。


20160703-20160703-DSC_1926.jpg

20160703-20160703-DSC_1925.jpg
▲隠されると覗いてみたくなるのが人の性。
もうこの時点で既にやばい光景が。


20160703-20160703-DSC_1927.jpg

20160703-20160703-DSC_1928.jpg

20160703-20160703-DSC_1929.jpg
▲いやもう本当やばいって。
是非とも人間をやめる覚悟でじっくりと味わいたい。


20160703-20160703-DSC_1931.jpg

20160703-20160703-DSC_1933.jpg

20160703-20160703-DSC_1932.jpg
▲横から、下から。発展途上かどうかすらも怪しい膨らみを堪能。
こういう楽しみができるのもフィギュア鑑賞の冥利に尽きるって感じだよね(ゲス顔)


20160703-20160703-DSC_1939.jpg

20160703-20160703-DSC_1938.jpg

20160703-20160703-DSC_1937.jpg

20160703-20160703-DSC_1935.jpg

20160703-20160703-DSC_1936.jpg
▲絶妙な腰のくびれと生々しいまでのおへそ周り。
陰影で女の子特有の鼠蹊部の窪みが見事に出ているのがおわかりいただけるだろうか!


20160703-20160703-DSC_1942.jpg
▲(申し訳程度に)肌を隠す程度に役割を担ったルビーさん。


20160703-20160703-DSC_1941.jpg
▲脱げてますって!!
もうスジが見えるか見えないかの相当ギリギリなライン。わざとか?わざとなんだな?お兄ちゃん本気にしちゃうぞ??


20160703-20160703-DSC_1943.jpg

20160703-20160703-DSC_1944.jpg

20160703-20160703-DSC_1945.jpg

20160703-20160703-DSC_1947.jpg

20160703-20160703-DSC_1946.jpg

20160703-20160703-DSC_1948.jpg
▲お尻側も相当際どい食い込み具合!
こんなにエッチな幼女がいていいのか。ほどけたビキニの紐が欲情を持て余す。


20160703-20160703-DSC_1950.jpg

20160703-20160703-DSC_1951.jpg

20160703-20160703-DSC_1952.jpg
▲脚部を差し替えることでルビーを外した状態にも。
むしろ男ならこっちの状態でディスプレイすべきか!?


20160705-20160705-DSC_2077.jpg

20160705-20160705-DSC_2078.jpg
▲危険すぎるアングルから。
ビキニのパール調の仕上げが美しいのもさることながら、やはり吸い込まれてしまう食い込みとスジ!


20160703-20160703-DSC_1959.jpg

20160703-20160703-DSC_1960.jpg

20160703-20160703-DSC_1957.jpg
▲幼いながらもスラッとした脚線は母親譲り。そして膝裏フェチにはたまらない造形。


20160703-20160703-DSC_1953.jpg

20160703-20160703-DSC_1954.jpg
▲鮮やかなクリアーイエローの星形台座に、犯罪指数を底上げする上履き。
マイクロビキニ着せた上で学校の上履きを履かせるとか、どんだけ業が深いんだ!


20160703-20160703-DSC_1961.jpg

20160703-20160703-DSC_1962.jpg

20160703-20160703-DSC_1963.jpg

20160703-20160703-DSC_1964.jpg

20160703-20160703-DSC_1966.jpg

20160703-20160703-DSC_1965.jpg

20160703-20160703-DSC_1967.jpg

20160703-20160703-DSC_1968.jpg

20160703-20160703-DSC_1970.jpg

20160703-20160703-DSC_1972.jpg
▲エロ可愛いすぎやしませんかね。
マイクロビキニ+純白の幼女が放つ健全なエロさ。イリヤ単体だけでもかなり楽しめる完成度に脱帽。


20160703-20160703-DSC_1973.jpg

続いてクロエ。イリヤに比べて差し替え要素がない分、パーツ構成がシンプル。


20160703-20160703-DSC_1974.jpg

20160703-20160703-DSC_1975.jpg

20160703-20160703-DSC_1976.jpg

20160703-20160703-DSC_1977.jpg

20160703-20160703-DSC_1978.jpg

20160703-20160703-DSC_1979.jpg
▲全周。『マイクロビキニ褐色幼女』というパワーワードを体現したクロエ。
恥じらい気味の仕草だったイリヤとは対照的に、その表情から小悪魔的な雰囲気が漂うクロ。褐色肌の濃淡が見事に彩色で再現され、リアルな存在感を放ってくると同時に、我々日本人の奥底に眠る小麦色の肌への憧れに訴えかけるようなリビドーがわいてきます。もちろんクロの肌もイリヤと同じくすべすべツルツルの手触り。


20160703-20160703-DSC_1980.jpg

20160703-20160703-DSC_1981.jpg

20160703-20160703-DSC_1982.jpg
▲言動の端々からエロさが滲み出てくるクロの性格をそのままに捉えたウインク顔。
魔力をキスで集めているだけあって、ビッチ指数はクロの方が断然上。挑発的な舌出し表情も小悪魔チック。たdあこういうウインク顔の欠点として、鑑賞アングルがやや固定されがちになってしまうのは致し方ないところ。


20160703-20160703-DSC_1983.jpg

20160703-20160703-DSC_1984.jpg
▲よりジャギー気味な流れをした髪型。
イリヤ同様に丁寧な造形。ピンクにホワイトのシャドーを効かせ、立体感を表わしています。


20160703-20160703-DSC_1986.jpg

20160703-20160703-DSC_1987.jpg

20160703-20160703-DSC_1985.jpg
▲手に持ったハート型のパネル。
裏側でつまみ上げるような仕草の指が透けて見える程の薄さ。


20160703-20160703-DSC_1988.jpg

20160703-20160703-DSC_1991.jpg

20160703-20160703-DSC_1993.jpg

20160703-20160703-DSC_1992.jpg

20160703-20160703-DSC_1994.jpg
▲お前はブラが外れかけとるやないかい!
もう周りの目など気にしちゃいられない。 思う存分小麦色の褐色ちっぱいに欲情をぶつけろ!


20160703-20160703-DSC_1998.jpg

20160703-20160703-DSC_1999.jpg

20160703-20160703-DSC_2000.jpg

20160703-20160703-DSC_2002.jpg

20160703-20160703-DSC_2001.jpg

20160703-20160703-DSC_1997.jpg

20160703-20160703-DSC_1996.jpg

20160703-20160703-DSC_1995.jpg
▲より煽情的にアピールをしてくる腰回りとお腹。
褐色肌の恩恵で、背中側からの腰つきのエロさはイリヤ以上。


20160703-20160703-DSC_2005.jpg

20160703-20160703-DSC_2004.jpg

20160703-20160703-DSC_2003.jpg
▲ついでにパンツもずらしてくる抜け目のなさ。
どんだけお兄ちゃんをたぶらかせば気が済むのか。全くけしからん。


20160703-20160703-DSC_2006.jpg

20160703-20160703-DSC_2007.jpg

20160703-20160703-DSC_2008.jpg

20160703-20160703-DSC_2011.jpg

20160703-20160703-DSC_2010.jpg

20160703-20160703-DSC_2009.jpg
▲極小面積ビキニに食い込むお尻。
半分ずり下がってるビキニの紐がピチッと肌に張り付く様がひたすら官能的。


20160705-20160705-DSC_2079.jpg

20160705-20160705-DSC_2080.jpg
▲褐色幼女の股下アングルとかそうそう見れるものじゃないですよ!?
肌の色も相まってイリヤ以上に大人なセクシーアピール。これにはお兄ちゃんも願望器へリビドーをぶちまけるのも止む無し。


20160703-20160703-DSC_2013.jpg

20160703-20160703-DSC_2014.jpg

20160703-20160703-DSC_2012.jpg
▲魅惑の腰回りから伸びる脚線。
膝裏とソックスで改めてクロエの年齢に気付かされる有様。もはや犯罪的なコントラスト!


20160703-20160703-DSC_2015.jpg

20160703-20160703-DSC_2016.jpg
▲淡いレッドで縁を象ったクリアーのハート型台座。
またもや学校の上履きの業が深い(n回目)。


20160703-20160703-DSC_2017.jpg

20160703-20160703-DSC_2018.jpg

20160703-20160703-DSC_2019.jpg

20160703-20160703-DSC_2020.jpg

20160703-20160703-DSC_2028.jpg

20160703-20160703-DSC_2027.jpg

20160703-20160703-DSC_2022.jpg

20160703-20160703-DSC_2023.jpg

20160703-20160703-DSC_2019.jpg

20160703-20160703-DSC_2020.jpg

20160703-20160703-DSC_2026.jpg
▲エッチな褐色幼女がマイクロビキニでやってきた。
ウインク顔ということでなかなか決めのアングルが固まりませんでしたが、ツルツルスベスベの体を触りながら撮り回すのは楽しくて仕方なかったです。


20160703-20160703-DSC_2030.jpg

20160703-20160703-DSC_2031.jpg
▲イリヤとクロを並べて。
イリヤ&クロセットが真の力を発揮し出すのはここから。


20160703-20160703-DSC_2029.jpg
▲通はお尻側を向けて飾るんだとか。
2人並べてお尻を眺めると贅沢すぎる光景に!


20160703-20160703-DSC_2056.jpg

20160703-20160703-DSC_2049.jpg

20160703-20160703-DSC_2052.jpg

20160703-20160703-DSC_2054.jpg

20160703-20160703-DSC_2055.jpg

20160703-20160703-DSC_2046.jpg

20160703-20160703-DSC_2048.jpg

20160703-20160703-DSC_2058.jpg

20160703-20160703-DSC_2064.jpg

20160703-20160703-DSC_2065.jpg

20160703-20160703-DSC_2067.jpg

20160703-20160703-DSC_2069.jpg

20160703-20160703-DSC_2062.jpg

20160703-20160703-DSC_2063.jpg

20160703-20160703-DSC_2059.jpg

20160703-20160703-DSC_2071.jpg

20160703-20160703-DSC_2032.jpg

20160703-20160703-DSC_2074.jpg

20160703-20160703-DSC_2072.jpg

20160703-20160703-DSC_2033.jpg

20160703-20160703-DSC_2036.jpg

20160703-20160703-DSC_2041.jpg

20160703-20160703-DSC_2040.jpg

20160703-20160703-DSC_2042.jpg

20160703-20160703-DSC_2044.jpg

20160703-20160703-DSC_2043.jpg

20160703-20160703-DSC_2037.jpg

20160703-20160703-DSC_2038.jpg
▲これぞイリヤ&クロセットの真骨頂。
2人並べて向かい合わせれば凄まじい百合フィールドの完成。セットで買った価値はまさにここに極まれり。


20160703-20160703-DSC_2070.jpg

以上、 AMAKUNI イリヤ&クロセットのレビューでした。イリヤとクロ、ただでさえ可愛い2人がとてつもなくエッチなマイクロビキニで、しかも同時に発売とか只事ではないと踏んでいましたが、実際に2人合わせて買って大正解。 誌上&WEB通販限定のプレミア感も十分に楽しめる、ロリコンお兄ちゃんはマストでバイな逸品でした。 イリヤの方がパーツの差し替えもあってフィギュア的には色々楽しめる要素がありますが、対するクロは魅惑の褐色肌+ローライズマイクロビキニという必殺の組み合わせなので、一概にどちらが秀でて劣っているかは決めつけられません。やはりここは2人で1つ。是非並べて楽しむことをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 名無しさん  

Title - 

写真キレイでエロくていいですね^ー^
2016.09.28 Wed 23:31
Edit | Reply |  

Name - 名無し  

Title - 

素晴らしくKENZENなイリヤとクロですね
2016.10.03 Mon 08:23
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん
ありがとございます。写真は下手なりに綺麗に見えるように何とか頑張ってます…!

>>名無しさん
ちゃんと布地があるからKENZENそのものですね!
2016.10.04 Tue 21:07
Edit | Reply |  

Add your comment