ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】figma 赤城 

R0013385.jpg

「航空母艦、赤城です。空母機動部隊を編成するなら、私にお任せくださいませ。」
正規空母の頼れるお姉さん、figma 赤城のレビューです。
販売方法から加賀さんがイベント・WEB限定となった反面、赤城さんは一般販売。しかも赤城さんの方が早くアナウンスされていたにも関わらず、実際はイベント販売となった加賀さんの方が手元に早く届いたという人も多かったんじゃないでしょうか。ともあれこれで一航戦の2人がfigmaで出揃ったことになります。

↓続きはこちら↓
R0013323.jpg

R0013324.jpg

R0013465.jpg


figma 赤城
発売時期:2014年9月
販売価格 4,630円(税抜)

加賀さんがfigmaナンバーのラベル色が青だったのに対し、赤城さんはイメージカラーの赤をラベルに配したデザイン。


R0013326.jpg

R0013327.jpg

赤城さん本体。サイズは加賀さんと同素体なため同じながらも、飛行甲板の配置が左右逆になり、袴の赤色がアクセントになって加賀さんよりふっくらとした体型の印象を受けます。

R0013329.jpg

R0013332.jpg

R0013331.jpg

交換用表情パーツは3種類。デフォルトの通常顔と満腹顔、そして中破顔。そもそも大食い設定自体がプレイヤーの間から派生した風評被害二次設定なわけですが、嬉しそうな満腹顔の付属は赤城さんの生真面目な性格とのギャップが楽しめます。通常顔、中破顔ともに元となったのはゲーム中のしばふ絵ですが、figma化に至ってはイメージを崩さず尚且つ立体化に沿って違和感のないような表情に落し込まれています。しばふ氏の描く表情って、いざフィギュア等で立体化するとなると難しいと思うんですが、加賀さんの時同様に「ハズレ」となる表情がないのは素晴らしいです。


R0013337.jpgR0013336.jpg

ロングヘアーの後ろ髪は根元にジョイントが仕込まれているので、僅かながら動かすことができます。


R0013333.jpg

史実設定を反映した正規空母たる由縁の飛行甲板。艦載機パイロットの目印にもなる赤城の「ア」の字もきちんと描かれています。加賀さんの甲板もそうでしたが、ポロリしやすいのが難点。


R0013334.jpg

艦載機となる矢をしまう矢筒。色以外は加賀さんの物と同じ。


R0013335.jpg

艦底を模した靴艤装。一見立ち辛そうですが、案外スタンド無しでもバランスよく自立してくれます。


R0013467.jpg

一航戦の誇りは脱ぎ捨てるもの。


R0013382.jpg

慢心してはダメ。全力でまいりましょう。


R0013363.jpg

R0013468.jpg

R0013381.jpg

弓と矢はそれぞれ加賀さんに付属してきた物と同じタイプ。空母は弓で艦載機を飛ばすという設定ながら、飛行甲板の艤装の位置が災いして矢を引くポーズが作り辛いです。逆に加賀さんでは右腕の矢を引く仕草は簡単にできますが、左腕に重心の負担がかかり、肩関節がヘタってポーズに支障が出るというジレンマを抱えています。


R0013360.jpg

問 題 の シ ー ン。


R0013375.jpg

R0013369.jpg

R0013371.jpg

常識に囚われない弓道アクションもできる。そう、figmaならね。


R0013388.jpg

中破。12時間入渠コース。


R0013339.jpg

栄光の第一航空戦隊にして世界最強の空母機動部隊、一航戦。


R0013391.jpg

R0013345.jpg

この2人は揃ってくれるとやはり絵になります。


R0013354.jpg

R0013356.jpg

R0013362.jpg

南雲機動隊、発艦してください!


R0013386.jpg

艦これfigmaもこれで3体目。順当に有名どころの面子を抑えてきているといった感じ。


R0013393.jpg

R0013395.jpg

中破も大破も付属のバケツで即回復。


R0013423.jpg

ボーキサイト。5個も付属してきますが正直扱いに困ります。どうしろと言うのだ。


R0013425.jpg

直接食らうスタイル。一航戦の誇りは微塵もないのだ。


R0013400.jpg

R0013403.jpg

R0013397.jpg

加賀さんの恩返し。加賀さんはいつだって感情表現が苦手なのだ。


R0013462.jpg

R0013463.jpg

いっぱい食べる君が好き。


R0013413.jpg

加賀さんの間宮アイスもようやく使いどころを得ました。


R0013416.jpg

一応表情には互換性もあり。


R0013406.jpg

「烈風?いえ、知らない子ですね♪」 新しい艦載機をもらえてご満悦な一航戦。


R0013431.jpg

R0013433.jpg

「やりますよ赤城さん。この光は私達だけが生み出しているものじゃない」
「分かっています。みんながこの中に…」


R0013445.jpg

ネヲ・ジオング 「ナラバ、ウケテタツマデ…イッコウセン!」


R0013450.jpg

この後、「南雲の拳」によりネヲ・ジオング大破。この戦争の終わりも近い(大本営発表)


R0013454.jpg

一航戦、赤城!

R0013459.jpg

出ます!!


R0013351.jpg

いつか穏やかな世界で。


以上、figma 赤城のレビューでした。デザイン上仕方のない部分にしろ、弓を引くポーズが取り辛いことを除けば、赤城さん本体は非常にいい出来。艤装や袴の塗装や仕上げはまさにfigmaの面目躍如といったところでしょう。付属品もお値段相応に豊富なのはいいんですが、ボーキサイトばかりは少し扱いに困ります。どうせならねんどろいどの赤城さんに付属したような艦載機のオプションがあれば、よりプレイバリューが拡まる気がしました。
後は加賀さんと2人で並べて、はじめて色々遊び倒せる部分もあります。加賀さんが一般販売にならず限定品になったことが悔やまれますが、2人が揃ってこその最強の一航戦。赤加賀を並べてニヤニヤできるのは、やはりファンにとっては堪らないものがあります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。