ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】ファット・カンパニー アナスタシア LOVE LAIKA Ver. 

20160828-20160828-20160828-20160828-DSC_3113@02.jpg

『アイドルマスター シンデレラガールズ』より、アーニャの愛称で親しまれているロシア人ハーフのクールアイドル・アナスタシアが、新田美波と組んだユニット・ラブライカの衣装を纏って立体化。ファット・カンパニー アナスタシア LOVE LAIKA Ver.のレビューです。
既に美波もLOVE LAIKA衣装での立体化が決まっており、今回のアーニャはまさに美波と合わせて楽しめるアイテムとして登場。ロシア人ハーフとその凛としたビジュアル、加えてC.V.上坂すみれという、個人的にも好きな属性が盛り込まれたアーニャの待望のスケールフィギュアとして、是非とも抑えておきたいアイテムでした。

↓続きはこちら↓


20160828-20160828-DSC_3063.jpg

20160828-20160828-DSC_3064.jpg

Phat!(ファット・カンパニー) アナスタシア LOVE LAIKA Ver.
発売時期:2016年8月
販売価格 9,000円(税抜き)
原型製作/八音(Knead)
彩色・設計/まいもっち(鶴の館)
1/8スケール


原型は同社アイマスシリーズ他、多ジャンル作品の原型を手掛けるKnead社所属の八音氏。そして彩色にディーラー・鶴の館のまいもっち氏と、手堅く安定の組み合わせ。


20160828-20160828-DSC_3125.jpg

20160828-20160828-DSC_3066.jpg

20160828-20160828-DSC_3067.jpg

20160828-20160828-DSC_3068.jpg

20160828-20160828-DSC_3069.jpg

20160828-20160828-DSC_3126.jpg
▲全周。LOVE LAIKAの衣装に身を包み、クールで涼しげな雰囲気ながらも、ゆったりとした流れを感じさせる佇まい。
サンプル写真では肌の色の赤みが強調されていますが、実物はより白い肌に。そしてやや首が長くなった印象。このへんは正直許容できるかどうか好みが分かれるかもしれません。何と言っても独特な広がりを見せるアイドル座りが今回のアーニャの魅力。全体的に寒色系でまとめられた佇まいは、アーニャのロシア人ハーフというキャラクターも後押しし、まさにクール系アイドル然とした雰囲気に溢れています。


20160828-20160828-DSC_3072.jpg

20160828-20160828-DSC_3073-2.jpg

20160828-20160828-DSC_3074.jpg
▲顔周り。切れ長でつぶらなアーニャの瞳を見事に再現。
純真無垢、素直なアーニャの見せる表情の再現はまさにドンピシャの域。青く清廉としたアイプリ、スッとした鼻立ちは、凛々しくも幼げな彼女の輪郭を際立たせます。前髪の処理に若干もたついている箇所が見受けられますが、概ね丁寧で程よいシャープ加減。


20160828-20160828-DSC_3075.jpg
▲帽子の羽根部分には透明感のあるプラ素材を採用。


20160828-20160828-DSC_3076.jpg
▲首元のネックレスにはパープルのクリアー素材で彩りを。


20160828-20160828-DSC_3128.jpg
▲おわかりいただけるだろうか、このほんのわずかに主張するいじらしい胸元を!
本当にギリギリまで覗き込まないと拝めない谷間は、アーニャのガードの高さ故の象徴か、それとも彼女の汚れのない性格の表れか。しかしそこにはしっかりとした膨らみがあるのでした。


20160828-20160828-DSC_3077.jpg

20160828-20160828-DSC_3078.jpg
▲背中側は大胆に肌を露出。LOVE LAIKA衣装の中でも最もセクシーな部分。


20160828-20160828-DSC_3080.jpg

20160828-20160828-DSC_3079.jpg
▲ゆるやかにゆったりと広がるドレスドレープ。
裾の濃淡を塗装で再現し、深みを持たせているのがわかります。


20160828-20160828-DSC_3086.jpg
▲ドレープの裏側にも配されたディテール。


20160828-20160828-DSC_3082.jpg

20160828-20160828-DSC_3081.jpg
▲クリアーパーツと鮮やかなゴールドのベルトがアクセントをもたらす腰回り。


20160828-20160828-DSC_3083.jpg
▲ゆるやかに伸ばす足の落ち着いた仕草。
光沢のあるブーツの仕上がりも丁寧。


20160828-20160828-DSC_3087.jpg
▲非常に覗き難い角度ながらも、一部ガードの甘いアングルが!


20160828-20160828-DSC_3085.jpg
▲ありがとうございます。見せパンでございます。
アイドルたる者、こうでないと。しかしながら小ぶりでとても可愛らしいお尻と程よい肉付き感のある太ももとのアンサンブルに、見せパンでも興奮は必至。


20160828-20160828-DSC_3088.jpg

20160828-20160828-DSC_3089.jpg
▲LOVE LAIKAのロゴが入ったホワイトのシンプルな楕円形台座。


20160828-20160828-DSC_3090.jpg

20160828-20160828-DSC_3091.jpg

20160828-20160828-DSC_3093.jpg

20160828-20160828-DSC_3094.jpg

20160828-20160828-DSC_3095.jpg

20160828-20160828-DSC_3103.jpg

20160828-20160828-DSC_3102.jpg

20160828-20160828-DSC_3099.jpg

20160828-20160828-DSC_3096.jpg

20160828-20160828-DSC_3098.jpg

20160828-20160828-DSC_3100.jpg

20160828-20160828-DSC_3101.jpg

20160828-20160828-DSC_3105.jpg

20160828-20160828-DSC_3108.jpg

20160828-20160828-DSC_3109.jpg

20160828-20160828-DSC_3110.jpg

20160828-20160828-DSC_3115.jpg

20160828-20160828-DSC_3116.jpg

20160828-20160828-DSC_3114.jpg

20160828-20160828-DSC_3111-3.jpg
▲年相応のあどけなさを持ちながらも、アングルによってハッとするような色気のある表情を見せてくれる、アーニャの新しい魅力へと最接近。
アクティブとは対照的な静的なポーズ。落ち着いていつまでも眺められる、アーニャらしい雰囲気をそのまま表したかのような感覚で鑑賞を楽しめます。


20160828-20160828-DSC_3117.jpg

20160828-20160828-DSC_3121.jpg

20160828-20160828-DSC_3122.jpg

20160828-20160828-DSC_3119.jpg

以上、ファット・カンパニー アナスタシア LOVE LAIKA Ver.のレビューでした。突き抜けた存在感こそ持ち合わせていませんが、アーニャ本人のキャラクター同様に、しっとりとして尚且つリラックスした気分で楽しむのが、このアーニャ LOVE LAIKA Ver. の正しい鑑賞の仕方だと思います。作りも丁寧で、特に目元の再現度は「まさにアーニャ」といった雰囲気でなかなかのもの。アーニャのフィギュア自体の数が少ないだけに、貴重な立体化と言えると同時に、現時点でのマスターピースと言えるアイテムであるのは間違いないです。 このゆったりとした雰囲気の仕草は、今後リリースされる美波と合わせた時にどのようなコントラストになるのか。LOVE LAIKA好きとしては是非2体揃えて並べてみたいところです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment