ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】figma プリンツ・オイゲン 

20161123-20161123-20161123-20161123-DSC_0745@01-2.jpg

「Guten Morgen!私は重巡プリンツ・オイゲン。よろしくね!」

figma 艦隊これくしょんシリーズに、ドイツ海軍アドミラル・ヒッパー級重巡洋艦の3番艦にして、ライン演習作戦をはじめ、数々の腫瘍作戦に参加しながら、終戦まで生き延びた幸運の艦が新たに登場。figma プリンツ・オイゲンのレビューです。
ゲーム内でも屈指の重巡戦力となるプリンツ。2014年の秋イベントで登場以来、その容姿とボイスで瞬く間に人気の艦娘になったものの、立体物として市販に出回る物はなく、個人的にビスマルクと並んで好きなドイツ艦なだけに、歯痒い思いをしてきました。そしてついに、ゲームでの実装から2年の月日を経てfigma化。待ちに待った甲斐のある圧倒的な可愛さで、まさにダンケダンケな内容に仕上がっています。

↓続きはこちら↓


20161123-20161123-DSC_0696.jpg

20161123-20161123-DSC_0699.jpg

figma プリンツ・オイゲン
発売時期:2016年11月 
販売価格 7,222円(税抜)


姉貴分とも言えるビスマルクはバンダイのAGPで先に発売済み。figma 艦これシリーズでは初の海外艦。


20161123-20161123-DSC_0697.jpg

20161123-20161123-DSC_0698.jpg
▲プリンツ・オイゲン本体。衣装は迷彩柄が加わる改装前の状態。
この体型とふんわりした雰囲気、優勝。今にも小澤亜李ちゃんの蕩けそうな声が聞こえてきそうなくらいに可愛いです。肌の露出は比較的少なめながらも、お腹におへそのラインがシュッと入っているのがおわかりいただけるだろうか。ここ、非常にポイント高いです。


20161123-20161123-DSC_0700.jpg

20161123-20161123-DSC_0701.jpg

20161123-20161123-DSC_0702.jpg
▲デフォルトの表情は視線が寄ったすまし顔。
ゲーム内の立ち絵の目線を基にした表情パーツ。


20161123-20161123-DSC_0704.jpg

20161123-20161123-DSC_0705.jpg

20161123-20161123-DSC_0706.jpg
▲交換用表情パーツその1、中破顔。
こちらもゲーム内の中破時の表情がベース。


20161123-20161123-DSC_0707.jpg

20161123-20161123-DSC_0708.jpg

20161123-20161123-DSC_0709.jpg
▲交換用表情パーツその2、叫び顔。
砲撃アクション時に使える叫び顔。めちゃくちゃドヤってます。前者2パーツ共に視線が左右どちらかに寄っていましたが、叫び顔は唯一視線が正面を向いた表情になっています。


20161123-20161123-DSC_0710.jpg

20161123-20161123-DSC_0711.jpg

20161123-20161123-DSC_0712.jpg
▲交換用表情パーツその3、GSCオンラインショップ予約特典の目閉じ笑顔。
これ、これですよ。プリンツといったらこの表情!オンライン特典だけにしておくには勿体ないくらいに、屈託のない笑顔!文句なしに可愛いです。


20161123-20161123-DSC_0713.jpg
▲頭に被った帽子は脱着可能。脱帽時は差し込みダボのない前髪パーツに交換。
帽子は差し込み式なため、動かしている内にポロリと外れることはありません。差分用の前髪が用意されているのも地味にありがたい。


20161123-20161123-DSC_0715.jpg
▲ツインテールは根元が可動。


20161123-20161123-DSC_0714.jpg
▲腕の鉄十字章も鮮やかに再現。


20161123-20161123-DSC_0716.jpg

20161123-20161123-DSC_0717.jpg
▲戦艦にも引けを取らないプリンとした胸元!


20161123-20161123-DSC_0719.jpg

20161123-20161123-DSC_0718.jpg
▲丈の短い超ミニスカートから覗く太ももは程よい肉感。スカート後ろ側は艤装接続部があるので、あまり裾に柔軟性がないのが難点。
裾に柔軟性がないからって何をする気でもないですが。これだけ短ければちょっと足を動かせばパンチラ必至。でもプリンツってパンチラしても許される子だよね(言いがかり)


20161123-20161123-DSC_0720.jpg
▲交換用手首一式。


20161123-20161123-DSC_0727.jpg

20161123-20161123-DSC_0771-2.jpg
▲腰と接続する艤装。
ダズル迷彩仕様に加えて、ドイツ艦独特のカラーリングが重厚。


20161123-20161123-DSC_0726.jpg

20161123-20161123-DSC_0721.jpg

20161123-20161123-DSC_0722.jpg

20161123-20161123-DSC_0723.jpg

20161123-20161123-DSC_0724.jpg

20161123-20161123-DSC_0725.jpg
▲SKC34 20.3cm連装砲はそれぞれ基部が独立回転、砲塔も独立可動。
アーム部も開閉するので、様々な角度へ展開可能。4基のSKC34 20.3cm連装砲の迷彩がそれぞれ異なる点にこだわりを感じます。


20161123-20161123-DSC_0729.jpg
▲ライフル型の艤装武器。
やや持ち手との相性が悪く、ポロリを頻発しがちなのが玉にキズ。


20161123-20161123-DSC_0764.jpg
▲同じドイツ艦のAGP ビスマルクとのサイズ比較。
一応規格の上ではAGPも1/12サイズなので、figmaと合わせても違和感はそこまでないです。


20161123-20161123-DSC_0765.jpg
▲figmaの駆逐艦とのサイズ比較。
プリンツって結構小柄なのかも。


20161123-20161123-DSC_0730.jpg

20161123-20161123-DSC_0731.jpg

20161123-20161123-DSC_0736.jpg

20161123-20161123-DSC_0737.jpg

20161123-20161123-DSC_0738.jpg

20161123-20161123-DSC_0739.jpg
▲普段の仕草からぽわぽわしてそうな子なので、動かすのがとても楽しい。


20161123-20161123-DSC_0732.jpg

20161123-20161123-DSC_0733.jpg

20161123-20161123-DSC_0734.jpg

20161123-20161123-DSC_0735.jpg
▲許されるパンチラ。


20161123-20161123-DSC_0763.jpg

20161123-20161123-DSC_0762.jpg
▲ビスマルクお姉さまと。


20161123-20161123-DSC_0766.jpg

20161123-20161123-DSC_0768.jpg

20161123-20161123-DSC_0767.jpg

20161123-20161123-DSC_0769.jpg
▲プリンツ&ビス子で恋ダンス的なアレ。
流行りに乗ってみたドイツ艦、愛せる。


20161123-20161123-DSC_0740.jpg

20161123-20161123-DSC_0741.jpg

20161123-20161123-DSC_0743.jpg

20161123-20161123-DSC_0742.jpg
▲艤装装着。
実艦のプリンツ・オイゲンはその名に恥じぬくらいの男前な巡洋艦なんですが、艦これの世界では相反するかのような性格の女の子。そんなギャップを埋めるかのごとく、フミカネ艦の艤装はとにかくカッコいい。


20161123-20161123-DSC_0746.jpg

20161123-20161123-DSC_0749.jpg

20161123-20161123-DSC_0750.jpg

20161123-20161123-DSC_0748.jpg

20161123-20161123-DSC_0751.jpg

20161123-20161123-DSC_0752.jpg

20161123-20161123-DSC_0772.jpg

20161123-20161123-DSC_0754.jpg

20161123-20161123-DSC_0755.jpg

20161123-20161123-DSC_0756.jpg
▲Feuer!Feuer!
どこか締まらない感じの砲撃ボイスもプリンツの可愛いところ。そんな彼女も持ち前の幸運値を活かして、夜戦では屈指のカットイン要員に。高難易度海域には是非とも連れていきたい、頼れる重巡洋艦。


20161123-20161123-DSC_0757.jpg
▲中破ポーズ。


20161123-20161123-DSC_0760.jpg

20161123-20161123-DSC_0759.jpg

20161123-20161123-DSC_0761.jpg
▲やはり組ませるならこの2人!最強のドイツ艦コンビ!


20161123-20161123-DSC_0770.jpg

以上、figma プリンツ・オイゲンのレビューでした。武器の持ち手が緩いこと以外は文句なしの完成度。figmaならではの綺麗な丁寧な仕上げは健在で、まるでゲームイラストがそのまま立体化されたような、破綻のない造形フォーマットに感服。とにかく可愛い!これに尽きます。 同じくfigmaで出ている他の艦娘と絡ませて艦隊編成をしてもいいですが、何より同じドイツ艦で姉貴分でもある、AGP ビスマルクとの親和性が高い点も見逃せません。 GSCオンラインショップ予約特典の表情パーツは必須レベルのオプションで、惜しむらくはこれが公式限定の特典であること。オンラインショップで予約された方、間違いなく正解です。
お値段に関しては、ほぼスケールフィギュア並に高騰してきていますが、自分の感覚が麻痺しているのか、「こんなに可愛いんだから高いのも仕方ない!」という、ある種の擦り込みさえ脳内で起こる始末。とにかく、人気艦のプリンツをこんなに可愛くfigma化してくれたことに感謝。既に海外艦ではアイオワのfigma化が決定している一方、ドイツ艦娘の需要がどこまであるかはわかりませんが、いずれレーベとマックスも出してくれたらドイツ艦ファミリーの結成も夢じゃないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 名無しさん  

Title - 

艦娘は艤装がついている分、値段が上がるのはしょうがないですよね
それはそうとして、顔の再現率が半端ないですね。買うことにします。
2016.11.26 Sat 13:14
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>名無しさん

> 艦娘は艤装がついている分、値段が上がるのはしょうがないですよね
アイオワも定価1万円超えで来たのでもう高騰するところまできたって感じですね。艤装の大きなAGPも1万円前後なので、妥当(?)なのかどうか微妙にモヤッとするところですが…
2016.11.29 Tue 20:41
Edit | Reply |  

Add your comment