ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】ホビージャパン AMAKUNI 艦隊これくしょん -艦これ- 榛名改二 

20161130-20161130-DSC_0921@01.jpg

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』より、金剛型姉妹3番艦の榛名が、改二仕様のダズル迷彩装備で立体化。ホビージャパン AMAKUNI 榛名改二のレビューです。
既にWFやメガホビ等のイベントで複数回展示され、一時はZIN秋葉原の看板になるなど、大々的なプロモーションを経てついにリリースとなったAMAKUNI版 榛名改二。マスプロ品の榛名の立体物と言えばキューズQの榛名が代表的でしたが、意外にも改二仕様のスケールフィギュアは今回のAMAKUNI版が初。満を持しての登場です。

↓続きはこちら↓


20161130-20161130-DSC_0846.jpg

20161130-20161130-DSC_0847.jpg

ホビージャパン AMAKUNI 榛名改二
発売時期:2016年11月
販売価格 通常版:16,200円(税込) ミリタリーワッペン付き限定版17,820円(税込)
原型製作/横田健
彩色見本製作/ピンポイント
1/7スケール


外箱、でかいです。1/7スケールに加えて大きな艤装がギュンギュンに詰め込まれているので撮影スペースがカツカツ。
原型を手掛けたの横田健氏。メガハウスの世界制服計画や、回天堂他、AMAKUNIでは式波・アスカ・ラングレーを手掛けていたのが記憶に新しいです。


20161130-20161130-DSC_0883.jpg

20161130-20161130-DSC_0884.jpg

20161130-20161130-DSC_0885.jpg

20161130-20161130-DSC_0886.jpg

20161130-20161130-DSC_0887.jpg
▲全周。艤装を取りつけない軽装状態でのディスプレイが可能。
ポーズ自体は改二絵の仕草が元になっていますが、体のくねりや顔の角度が微妙に異なっているため、雰囲気は別物。ふわりとなびく浮遊感が漂いつつも、1/7スケールサイズの存在感は抜群。塗装精度は既に過去の商品で実証済みの通り、AMAKUNI製の非常に丁寧で高水準な仕上がりは健在。


20161130-20161130-DSC_0853.jpg

20161130-20161130-DSC_0854.jpg

20161130-20161130-DSC_0855.jpg
▲顔周り。コニシ絵とはまた微妙に異なる、独特な雰囲気。
正直この顔は好みが分かれる部分でしょうか。ゲーム内のコニシ絵と比べて、輪郭がやや丸く、目元のタッチが独特なのが特徴。ただ全くの別人というわけではなく、特に横顔から覗くと「榛名だ」と思わせるような表情で映ったりするので、見慣れてくると徐々に愛着が沸いてきそうな、味わい深い表情になっています。髪の毛の質感や処理は秀逸で、驚く程荒がないのが素晴らしい。


20161130-20161130-DSC_0856-2.jpg
▲アイプリの処理も極上。


20161130-20161130-DSC_0859.jpg
▲電探カチューシャは落ち着きのある風合いの金色。


20161130-20161130-DSC_0858.jpg

20161130-20161130-DSC_0857.jpg
▲ふわりとなびく髪の毛の細かい動き。
うっすら吹かれたホワイトのシャドーと黒髪のコントラストの相性が抜群。


20161130-20161130-DSC_0860.jpg

20161130-20161130-DSC_0861.jpg
▲巫女袖の皺の入りと指先まで繊細な仕草の再現。


20161130-20161130-DSC_0862.jpg
▲金剛型の衣装と言えば腋。
華奢な腕をしているからか、腋のお色気成分はやや控えめ。


20161130-20161130-DSC_0863.jpg

20161130-20161130-DSC_0864.jpg

20161130-20161130-DSC_0865.jpg
▲主張は控えめながらもしっかりと膨らみのある胸元。
金の注連縄がとても鮮やか。胸の膨らみは三女の彼女らしい性格を反映してるのか、それでも脱がすとしっかりありそうな程よい膨らみ。


20161130-20161130-DSC_0866.jpg
▲鮮やかな赤色のスカートはフリルの造形もとても丁寧。


20161130-20161130-DSC_0869.jpg

20161130-20161130-DSC_0868.jpg

20161130-20161130-DSC_0870.jpg
▲榛名最大のお色気ポイント、それは太もも!
ニーハイソックスからわずかに溢れた肉感と、スカートの裾から覗きそうなお尻のお肉。ニーハイの縁周辺の肌が僅かに赤くなっているのがおわかりいただけるだろうか。 生々しさを助長する小憎らしい演出、彩色担当はとてもよくわかっていらっしゃる。


20161130-20161130-DSC_0881.jpg
▲ニーハイは落ち着いたツヤのある光沢仕上げ。


20161130-20161130-DSC_0872.jpg

20161130-20161130-DSC_0873.jpg

20161130-20161130-DSC_0874.jpg
▲ローアングルから榛名の大事な部分を狙い撃ち。
お尻の肉感と張り付きが凄いことに!


20161130-20161130-DSC_0875.jpg

20161130-20161130-DSC_0877.jpg

20161130-20161130-DSC_0878.jpg

20161130-20161130-DSC_0879.jpg

20161130-20161130-DSC_0876.jpg

20161130-20161130-DSC_0880.jpg
▲艤装装着の関係でスカートはキャストオフ可能。
なんとパンツの模様は設定イラストに忠実なダズル迷彩使仕様。
スカートを脱がさないとわからない部分にここまで仕込んであるので、相当こだわってるのが伝わってきます。お尻側のムッチリした肉付きも至高で、まさに眼福。


20161130-20161130-DSC_0888.jpg
▲台座は大小2つ付属。
メタリックブルー調の台座が2つ付属し、小さい台座は軽装時に、大きな台座は艤装装着時に使用。ブルーの主張が激しいので、撮影時にやや色移りしてしまうのが少々難点でした。


20161130-20161130-DSC_0889.jpg

20161130-20161130-DSC_0890.jpg
▲腰に装着する艤装。
1/7スケールの艤装ということもあって、かなり大型。砲座は基部のみ回転し、砲塔の可動は不可。


20161130-20161130-DSC_0891.jpg

20161130-20161130-DSC_0893.jpg
▲ダズル迷彩を施した35.6cm連装砲。砲座には25mm三連装機銃も装備。
ダズル迷彩はやや緑がかった黒と白。


20161130-20161130-DSC_0892.jpg

20161130-20161130-DSC_0895.jpg

20161130-20161130-DSC_0894.jpg
▲ディテール、彩色共にとても重厚。


20161130-20161130-DSC_0898.jpg

20161130-20161130-DSC_0899.jpg

20161130-20161130-DSC_0900.jpg

20161130-20161130-DSC_0901.jpg

20161130-20161130-DSC_0902.jpg
▲艤装装着状態。情報量と存在感が一気に増量。
艤装は背部の支柱でも支えるため、安定感も確保されています。サンプルでは3本の支柱で支えていましたが、数が減ったのは見栄え的にも向上してGood。


20161130-20161130-DSC_0896.jpg

20161130-20161130-DSC_0897.jpg
▲戦艦としての存在感を放つ艤装側面部。
この重厚で圧倒的な質感を見よ。


20161130-20161130-DSC_0903.jpg

20161130-20161130-DSC_0923.jpg

20161130-20161130-DSC_0924.jpg

20161130-20161130-DSC_0925.jpg

20161130-20161130-DSC_0908.jpg

20161130-20161130-DSC_0910.jpg

20161130-20161130-DSC_0911.jpg

20161130-20161130-DSC_0912.jpg

20161130-20161130-DSC_0909.jpg

20161130-20161130-DSC_0914.jpg

20161130-20161130-DSC_0913.jpg

20161130-20161130-DSC_0915.jpg

20161130-20161130-DSC_0916.jpg

20161130-20161130-DSC_0917.jpg

20161130-20161130-DSC_0920.jpg

20161130-20161130-DSC_0919.jpg
▲重厚な塗りと圧倒的な艤装のボリュームから成る存在感。
可憐な仕草と戦艦の兵器としてのディテールが合わさり、非常に見応えと満足度の高いビジュアルに。



20161130-20161130-DSC_0926.jpg

20161130-20161130-DSC_0931.jpg

20161130-20161130-DSC_0932.jpg

20161130-20161130-DSC_0927.jpg

20161130-20161130-DSC_0928.jpg

20161130-20161130-DSC_0930.jpg

20161130-20161130-DSC_0935.jpg

20161130-20161130-DSC_0937.jpg

20161130-20161130-DSC_0936.jpg

20161130-20161130-DSC_0941.jpg

20161201-20161201-DSC_0941.jpg

以上、AMAKUNI 榛名改二のレビューでした。当初は予約したはいいものの、顔が少しコニシ絵とは雰囲気が異なっていたので躊躇していましたが、実物が届いてその不安は払拭されました。戦艦としての重厚さと美しさを備えた、現時点での榛名改二のマストなフィギュアなのは言うまでもありません。 特筆すべきはAMAKUNIならではの安定した塗装精度。艤装の重厚感もさることながら、パンツに至るまで隙のないこだわり具合を発揮しています。 メガホビ2016 Autumnの会場展示でも、AMAKUNIブースのラインナップは攻めに攻め込んできていたので、今後の展開にも要注目です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。