ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】フレームアームズ・ガール アーキテクト ver.ANIME 

20170612-20170612-DSC_0348@02.jpg

アニメ放送開始以来、ますます人気が高まるコトブキヤのフレームアームズ・ガールシリーズ。今回はアニメ第5話から登場したアーキテクトを、より作中のイメージに近づけるようにキットをカスタマイズ。フレームアームズ・ガール アーキテクト ver.ANIMEのレビューです。
一癖も二癖もあるアニメ版のFAガール達の中で、アーキテクトは無機質ながらも「デキる子」具合がめちゃくちゃ可愛い。おまけに学園回で明らかになったとんでもないパテの盛り具合に完全にノックアウトされたので、これはもう可愛い可愛いアーキテクトを手元に置いておくしかない!という流れに。


20170612-20170612-DSC_0331-2.jpg

コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト
発売時期:2016年4月(初回) 2017年8月(再生産決定)
販売価格 4,500円 (税抜き)
原型製作/清水 康智


アニメ効果もあってか、続々と既存キットの再生産が決まるFAガールシリーズ。アーキテクト以外にもスティレットやバーゼ、マテリア姉妹も軒並み2017年8月に再生産分が市場に出回る予定なので、「FAガールのプラモを売るぞ!」というアニメ側の強い意思が功を成したと言えるでしょう。


20170606-20170606-DSC_0273.jpg

20170606-20170606-DSC_0274.jpg
▲アーキテクト素体。
表面処理、ヒケ取り、合わせ目消しを行い、本体を丁寧にディテールアップ。正直、FA:Gは素組みするだけなら最近の手の込んだガンプラより簡単でササッと組めますが、しっかり作り込むとガンプラ以上に手を焼きます。装甲部分はキットの設定色よりさらにグレーの色味を濃くし、アニメ版のイメージにフォーカス。


20170606-20170606-DSC_0275.jpg

20170606-20170606-DSC_0277.jpg

20170606-20170606-DSC_0278.jpg
▲付属の表情は3種類。
表情パーツは非常に高品質なタンポ印刷が採用されているので、そのままでも十分に可愛いですが、パステルとサフレス塗料でグラデーションを入れることで、より自然な肌身になります。


20170606-20170606-DSC_0281.jpg
▲後ろ髪部分はジョイントで可動。
髪の毛の造形はそのままだとややもったりしているので、先端をシャープに成形。キットの設定では毛先にいくに従ってパープルのグラデーションが入っていますが、ホワイトとニュートラルグレー、ダイヤモンドシルバーでグラデーションを入れて、アニメ版らしさ重視で忠実に。


20170606-20170606-DSC_0282.jpg

20170606-20170606-DSC_0276.jpg
▲アニメver.を意識するにあたって、一番力を入れたのは肩。
パステルを使って肩に赤の挿し色を入れることで、アニメ作画中でも特徴的な肩の赤みをプラス。


20170606-20170606-DSC_0284.jpg

20170606-20170606-DSC_0283.jpg
▲下半身から脚部にかけても、装甲部の目立つ分割線は完全に合わせ目消しを行いディテールアップ。


20170607-20170607-DSC_0315.jpg
▲キット付属の武装・インパクトナックル/インパクトエッジ。


20170606-20170606-DSC_0285.jpg

20170606-20170606-DSC_0286.jpg

20170606-20170606-DSC_0287.jpg

20170606-20170606-DSC_0288.jpg
▲ナックルとエッジ部分ははトパーズゴールドとシャインシルバーで金属感を出すようにフィニッシュ。
武装内部にはスプリングが内蔵されており、シリンダーが射出されるアクションギミックが搭載されていますが、これが思いのほか勢いよく射出されるため、当然アーキテクト本体がスタンド保持なしで衝撃に耐えられるわけもなく、ナックルやエッジの塗装剥がれにもなるので、完全に死にギミックに。 ただコトブキヤの遊び心だけは褒めたい。


20170607-20170607-DSC_0302.jpg
▲追加で製作したM.S.G アサルトライフル2。
アニメ第5話で轟雷&迅雷戦の間に介入した時に使用したアサルトライフル。


20170607-20170607-DSC_0303.jpg

20170607-20170607-DSC_0305.jpg
▲素体の可動は相変わらず上々。
キット付属の笑顔のフェイスパーツは、アニメの影響で擦り込まれたアーキテクトのイメージと完全に違いますが、後々制服アーキテクトとか作る時に使えそうかも?


20170612-20170612-DSC_0340.jpg
▲イメージイラスト再現用腕部と脚部。


20170606-20170606-DSC_0295.jpg

20170607-20170607-DSC_0309.jpg

20170607-20170607-DSC_0306.jpg

20170606-20170606-DSC_0294.jpg

20170607-20170607-DSC_0307.jpg
▲轟雷やスティレット、バーゼ等と比べると表情の種類が少ない反面、無表情なフェイスがそのままアニメ版アーキテクトのイメージにぴったり。


20170607-20170607-DSC_0316.jpg

20170607-20170607-DSC_0319.jpg

20170607-20170607-DSC_0317.jpg

20170612-20170612-DSC_0333.jpg
▲インパクトナックル。
やはり女の子+ゴツい武器の組み合わせは強い。


20170612-20170612-DSC_0334.jpg

20170612-20170612-DSC_0336.jpg

20170612-20170612-DSC_0335.jpg

20170612-20170612-DSC_0337.jpg

20170612-20170612-DSC_0339.jpg

20170612-20170612-DSC_0338.jpg
▲インパクトエッジ。
FA:Gのキットに共通する最大のウィークポイントは、肩関節の仕込み強度。重たい武装類を構えさせるとヘタりやすいので、今後何らかの形で構造が改良されるか、あるいは自分の手で強度を確保できるよう改造する手を見つけたいです。


20170607-20170607-DSC_0313.jpg

20170607-20170607-DSC_0311.jpg

20170607-20170607-DSC_0314.jpg

20170606-20170606-DSC_0297.jpg

20170606-20170606-DSC_0301.jpg
▲アーキテクトの素体自体はとてもニュートラルなデザインなので、どんな武器とも相性抜群。


20170612-20170612-DSC_0343.jpg

20170612-20170612-DSC_0342.jpg

20170612-20170612-DSC_0344.jpg

20170612-20170612-DSC_0345.jpg

20170606-20170606-DSC_0289.jpg

20170612-20170612-DSC_0349.jpg

以上、フレームアームズ・ガール アーキテクト ver.ANIMEのレビューでした。まんまとアニメ化放送の術中にハマり、お気に入りのFAガールを手元に置いておきたさを抑えきれず、今回はアニメで一番好きになったアーキテクトを選んだわけですが、個人的な印象で言えば、アニメFAガールは「ガンプラ以上に模型へのアプローチ作りが巧い」ような気がしています。理由は色んな所から感じ取れるので割愛しますが、総じて「FAガールのプラモと関連商品をバンバン売るぞ!」という、アニメ化の根底にある意思が強く反映されている気がします。
肝心のアーキテクトのキット自体は、既存のFA:Gシリーズの中でも作り易く、また拡張もしやすい域に留まっていると思います。バーゼやフレズ程武装が細かくもなく、轟雷やスティレットに連なる素体構造を持ちながらも、そのプレーンなデザインから、オリジナリティの詰め込みやすさはマテリアやイノセンティア等にも通じる自由度があります。今回は「アニメ版に忠実に」をコンセプトにしましたが、お気に入りの1体を見つけるソースとしても、アニメ化は一役買っていそうです(キャラによっては若干バイアスのかかった性格付けがされているので、それを好きになれるかどうかの問題はありますが)
それらを差し置いても、こうしてここに1人、アニメ化で感化されて「アーキテクトが欲しい!」と熱された人間がいるので、FA:Gキットならではのオリジナル要素を詰め込める以外にも、純粋に設定に似せるという模型的アプローチに対しても、アニメFAガールは効果抜群の内容なのです。

とにかくアニメのアーキテクトは「デキる子」で可愛いので、アニメFAガールを見てください(ダイレクトマーケティング)
スポンサーサイト

Comment

Name - kame  

Title - 

やわらかい肌色がすばらしい。写真も綺麗で眼福です。

アニメ、おもしろいですよね…。1回2話構成でテンポよく見れるので、毎週楽しみです。ちなみに私はバーゼがお気に入りです。
2017.06.14 Wed 22:17
Edit | Reply |  

Add your comment