ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】HG 1/144 グリモア 

R0014033.jpg

『ガンダム Gのレコンギスタ』に登場する、アメリア軍が極秘開発し海賊部隊の実戦型量産MSとして投入された機体。HG グリモアのレビューです。
G-セルフに続いて発売となったHG Gレコシリーズの第2弾。第1話冒頭での印象的な登場と第2話でのカーヒル大尉の死によって、一気に作品世界観へと引き込ませてくれるグリモア。そのずんぐりむっくりとした今までのガンダムシリーズの量産機にないビジュアルで、個人的にもグリモアはG-レコで大好きなMSとなりました。

↓続きはこちら↓
R0013982@.jpg

バンダイ HG 1/144 グリモア
発売時期:2014年10月 
定価 1,512円(税込)


R0013982.jpg

R0013983.jpg

グリモア本体。今回はストレート組み+部分塗装+スミ入れ+トップコートのみのお手軽フィニッシュですが、パチっただけではないにせよ製作時間は2時間程度。それぐらい組みやすいパーツ構成でした。但しパーツ構成が簡単な分、合わせ目消しをする場合はかなりの箇所があります。体型は少し頭部が凹み気味かと思いますが、概ね設定画に準じたいいプロポーションだと思います。脱出ユニットを兼ねた球体状の胴体と無骨なカラーリングが相まってかっこいいです。


R0013984.jpg

頭部。3つのアイセンサーはUVクリアー素材。襟もとのピンクのラインはホイルシールですが、なかなかにいい雰囲気を出してくれます。


R0013985.jpgR0013987.jpg

首周りの可動は左右への回転こそ追従しますが、首の引き出しはあまり見込めません。


R0013991.jpgR0013995.jpg

腕や肩関節も一見するとグリグリ動かせるように見えますが、その実可動性能は控えめ。肩のスイングも横方向へは襟の形状が干渉して水平角度まで上がらず、肩関節には特に引き出し機構もありません。ですが手首元に可動基部があるので、マニピュレーターを前後にスイングさせることができ、ここが特筆すべきポイントでしょう。


R0013988.jpgR0013989.jpg

球体状の胴体は首から上と腰から下への2軸接続。気持ち程度ですが胸部部分のジョイントで上半身を屈みこませることができます。


R0013998.jpgR0013999.jpg

腰の回転は見た目通り、胸部の接続部も合わせて360度グリグリとストレスフリーで捻ることができます。


R0014002.jpgR0014003.jpg

股関節も見た目に反してそこそこ開脚してくれるので、大見得を張ったポーズも不可能ではありません。膝関節の可動は肘同様にやや控えめですが、デザイン自体がマッシブなMSなだけに致し方ない部分でしょうか。


R0014004.jpg

スリッパ裏。びっしりと肉抜き跡があります。気になると言えば気になるので埋める時は苦労しそうです。


R0014005.jpg

R0014006.jpg

武装を装備した状態。


R0014008.jpgR0014009.jpg

メインウェポンとなるサブマシンガンとシールド。サブマシンガンは銃身下部からビームワイヤーを発振。シールドはパーツ1枚ぶち抜きのシンプルなもの。


R0014007.jpg

リアアーマーを外した内部に近接戦闘用のプラズマナイフを収納できるようになっています。


R0014019.jpg

R0014023.jpg

R0014012.jpg

劇中ではサブフライトシステムのフライ・スコップに乗ってる描写が多いですが、小柄でずんぐりした体型ながらグリモア単独でもかなり敏捷に動いているのが印象的。


R0014010.jpg

R0014015.jpg

R0014018.jpg

R0014028.jpg

R0014029.jpg

サブマシンガン。


R0014065.jpg

R0014070.jpg

プラズマナイフ。


R0014036.jpg

R0014034.jpg

R0014057.jpg

ビームワイヤー。


R0014048.jpg

R0014038.jpg

R0014045.jpg

R0014054.jpg

R0014063.jpg

ビームワイヤーの発振パーツは2本付属。自由に曲げて鞭状の形にすることが可能です。あまり極端に曲げると破損しかねませんが、波打つ形にするといい感じに劇中イメージを再現できます。


R0014076.jpg

R0014071.jpg

仲間を殴り殺すのか!?


R0014077.jpg

R0014078.jpg

カーヒル大尉の最期。


R0014093.jpg

R0014085.jpg

何の発光だ…?捕まえてみせる!!

以上、HG グリモアのレビューでした。もう少しグリグリ動かして遊べるかなーと期待していたんですが、何よりも魅力的なのはその作り易さ。これだけ簡単に作れてしまうと複数機揃えたくなってしまいます。ずんぐりむっくりとした特徴的な体型はもとより、UV素材のアイセンサー部分も劇中さながらのいい雰囲気を出しています。こうなってくるとフライ・スコップやカットシーなんかと絡ませたくなってきちゃいますね。値段も安くて手軽で作り易く、ガンプラ初心者にもお勧めできるような良キットでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。