ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】AGP アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和 

R0014243.jpg

「戦艦大和、推して参ります!!」

AGP艦これシリーズ第1弾、帝国海軍最後の機密にして世界最大の超弩級戦艦。AGP 大和のレビューです。
事前情報から鳴り物入りでプロモーションが展開され、艦これの顔にして最強の戦艦である彼女が初陣を切ったものの、発売直後はネット上を中心にバンダイならではの仕上げの荒さが露見。残念な滑り出しとなってしまった大和でしたが、運よく自分の個体は幾分かマシな部類だったのか、遊んでいる内に不思議と愛着が沸いてきて、気付けば撮影に物凄い時間を取られてしまっていました。確かに大和本体の仕上げは「いつものバンダイ」感が拭えませんが、迫力満点の艤装のギミックが最大の魅力。自慢の46㎝三連装砲を動かすだけでもかなり楽しいです。

思えばAGP大和の原型を初めて見たのは、大雪に見舞われた2014年のWF冬のことでした。

WS000300.jpg

発売に至るまで長かったような短かったような。


↓続きはこちら↓
R0014108.jpg

R0014109.jpg

アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和
発売時期:2014年10月 
販売価格 12,960円(税込)

超弩級戦艦の名に恥じない、AGP過去最大級の価格帯となった大和。パッケージのデザインは非常に豪華。


R0014112.jpg

R0014114.jpg

大和本体。プロポーション自体は破綻なく、よく練られた体型だと思います。が、手に持った時の質感はやはりfigmaのような安心感には及びません。特に衣装からはゴワゴワとした塗りの厚い感触が伝わってきます。肌の色はバンダイにしては比較的健康的な色合いで程よい具合に纏まっています。


R0014116.jpg

問題はアップになると途端に荒が目につき始める点。自分の個体のデフォルトの表情はまだマシな方でしたが、ネット上に上がってた個体では思いっきり目や口の位置に違和感があるものもありました。


R0014122.jpg

視線を横に流したおすまし表情…なのか?自分の個体は口の位置と角度が問題なのか、どう構えても笑っているサル顔にしか見えなくて失笑してしまいました。


R0014117.jpg

恥じらい顔。これはまだよくできている部類だと思います。ほんのりピンクのチークが可愛らしいです。


R0014123.jpg

勇ましい叫び顔。若干間延びした感じもしますが、まだ見れる方です。

交換用表情は全4種類と豊富なんですが、どれも個体差で当たり外れがある点、そして厚塗り感が伝わってくる野暮ったい塗装の髪がどうにも値段に釣り合わないです。ユニコーン娘あたりのAGPは比較的ブランドスタート当初に比べてかなりマシな仕上がりになってきていたんですが、今回の大和はどうにもバンダイの美少女フィギュアの悪いところがモロに出ちゃった気がしてなりません。


R0014128.jpg

21号対空電探を模した髪飾り。色分け自体は細かいんですが、塗装技術が追いついていないです。頭に散った桜吹雪の装飾も、むしろない方がいいんじゃないかと思えるぐらいベタ塗り感満載。遠目に見ればそこまで目立ちませんが、やはり手元で見ると思いっきり気になる部分です。


R0014125.jpg

たなびくポニーテールは根元のジョイントで可動。この髪の流れ方は結構好きです。


R0014132.jpg

R0014129.jpg

衣装の白い部分にはパール調の光沢仕上げになっていますが、やはり毛羽立つような荒に目が行ってしまいます。
胸の大きさはさすが91式徹甲弾を仕込んでるだけあってかなりのサイズ。


R0014135.jpg

R0014134.jpg

R0014133.jpg

腰の錨装飾や太ももに懸架された徹甲弾などの装備も再現…していますが、いかんせん塗りがチープ。内股部分にはパーティングラインとダボ跡が結構目立ちます。大和・改ではないので脚の「非理法権天」の装飾文字はありません。


R0014142.jpg

短いスカートなので割とすぐパンチラしてしまう困ったさん。一応パンツもパール光沢仕上げになっています。


R0014138.jpg

足元の艤装。形状の割に自立性能はあまりよくないです。足首のジョイントも柔軟性があまりないので、素立ちさせるだけでも魂STAGEが必要だったりします。


R0014145.jpg

R0014144.jpg

大和と言えば3本マストをモチーフにした和傘。形状も元絵の設定そのままにマスト部分でやや角度がついています。遠目に見れば大して気になりませんが、傘の紅い塗りはもう少し高級感があってもよかったかも。


R0014328.jpg

91式徹甲弾を手にした交換用手首も付属。


R0014296.jpg

figmaの艦これシリーズとの比較。大和はバランス的にやや華奢で小柄ですが、一緒に並べても違和感はあまりありません。


R0014284.jpg

R0014285.jpg

そして最大のギミックを誇る艤装。正直価格の大半はこの艤装分に価値があると言っても過言ではありません。専用のディスプレイジョイントで飾るだけでも様になります。この艤装も個体によっては塗りがひどいものがあったようですが、自分の物は比較的まともでした。


R0014287.jpg

R0014288.jpg

R0014289.jpg

3基の46㎝三連装砲は基部が回転可動、砲身もそれぞれ独立して可動する上に、中央の砲身を動かすと左右の砲身が連動して上下します。


R0014291.jpg

R0014290.jpg

15.5㎝三連装副砲も砲塔が回転、砲身も連動こそしませんが可動します。


R0014292.jpg

R0014316.jpg

R0014294.jpg

左右の艤装はジョイントによってフレキシブルに可動。大胆に反転させることもできます。


R0014293.jpg

艤装を支えるアームはロック機構を備えた優れもの。ジョイント基部もクリック式で角度調節ができるため、様々なポーズに艤装を追従させることができます。


R0014280.jpg

R0014282.jpg

R0014315.jpg

R0014214.jpg

ポージングに関しては割と不自由なく動いてくれます。ポニーテールのおかげで表情付けも楽しいです。


R0014247.jpg

R0014248.jpg

艤装装着状態。説明書では左右の艤装もアームで支える仕様になっていますが、アームがなくともディスプレイはできます。但しジョイント基部に負担がかかりそうなので、あまり動かさない時はアームで支えた方が無難かもしれません。


R0014165.jpg

戦艦島風。固定こそできませんが、figmaに艤装を装備させて遊ぶのも一興。




R0014221.jpg

R0014233.jpg

R0014226.jpg

R0014236.jpg

威風堂々。


R0014158.jpg

R0014163.jpg

R0014172.jpg

R0014257.jpg

R0014270.jpg

R0014267.jpg

R0014255.jpg

R0014262.jpg

R0014271.jpg

R0014274.jpg

R0014310.jpg

R0014312.jpg

R0014254.jpg

R0014252.jpg

R0014324.jpg

R0014194.jpg

R0014207.jpg

R0014192.jpg

艤装の多彩なギミックを活かして、どんなポーズを作るか考えるのが楽しいの一言に尽きます。


R0014326.jpg

figma勢と一緒に。これだけでもテンプレのような強キャラ編成。


R0014184.jpg

凛として可憐。

以上、AGP 大和のレビューでした。何にせよ期待値が大きかっただけに、肝心の本体の仕上げに肩すかしを食らったという印象は確かにありますし、同じような印象を受けた人がネット上に噴出したのも頷けます。パッケージもブラインドなので店頭購入でも選別できない上に、何より安い代物ではないというのが非常にネック。大和というネームシップキャラなだけに、AGPに初めて手を出した人も多かったのか、その高額な価格に反して「バンダイクオリティ」に免疫のない人達がショックを受け、それらが顕著に表れたのが物議を醸し出した大きな要因だと思います。ここまで話題になってしまったのも、事前からプロモーションを仕込んでいたのに、それに伴うクオリティが量産ラインに反映されなかったのは、掛け値なしにバンダイの落ち度でしょう(もはや今更ですが)。
とは言え、ギミック満載の艤装は遊び甲斐があり、ポージングさせるのは非常に楽しいです。ギミックにこだわった辺りは、元よりロボット系やメカ系に強いバンダイならではの美点であり、AGPという可動フィギュアカテゴライズとして面目躍如となりえる大きなアドバンテージだと思います。

今回、SNSやネット上で悪い意味で大きく取り沙汰されただけに、続く愛宕や高雄、果ては魂ネイションで半ばネタバレしている武蔵に至るまで、少しでもユーザーの声が届いて品質改善に繋がればいいんですけどね。ひとまずは魂ネイション2014のアンケートに要望をびっしり書き込んでこようかと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ライン  

Title - 

焦らず発売当日に購入しました。その時はまだネットでの品質どうのこうのは知りませんでしたよ。開けて見て…確かに髪留めが気になりましたけど、他は特に問題ありませんでした。ネット予約でも店頭で買えても、ブラインドボックスじゃ中身が分からないのは恐ろしいですね。
2014.10.31 Fri 06:28
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - 

>>ラインさん
コメントありがとうございます。

> ネット予約でも店頭で買えても、ブラインドボックスじゃ中身が分からないのは恐ろしいですね。
確かに仕上げが荒いという噂が出回りだすと余計に不安になる人もいたんじゃないかと思います。ただ実物を開けて遊んでみて判断して欲しいところもありますね。マイナスイメージだけがネット上で先行しちゃうのもどうかなーとも思います。
2014.11.02 Sun 22:35
Edit | Reply |  

Add your comment