ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】NXEDGESTYLE ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダム 

R0014835.jpg

2014年、魂ネイションブランドよりスタートした新感覚デフォルメアクションフィギュアの新シリーズ、ネクスエッジスタイル。その第1弾となったのは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するキラ・ヤマトの駆るMS。ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダムのレビューです。
エッジを利かせた大胆なアレンジをデフォルメサイズに集約。そして可動性とコレクション性を考慮した購入しやすい価格設定がコンセプトとなる、新機軸のアクションフィギュアブランドとのことで、物は試しにと購入して遊び倒してみました。数年ぶりにストフリの立体物を触るきっかけにもなりましたが、このシリーズ、個人的な第一印象としては「動かして大見得張ったポーズを取らせることが得意な人」程楽しめるような気がします。

↓続きはこちら↓
R0014795.jpg

R0014856.jpg

ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダム
発売時期:2014年11月
販売価格 2,700円(税込)

本棚にも収納できるコンパクトな新書版サイズのパッケージ。この小さな外箱、何だか初期のハイコンプロを彷彿とさせてくれます。何を隠そう、そもそも自分がこの手のフィギュアを撮影し、ブログにアップするという行為を始める発端となったのが、かつてのハイコンプロシリーズだったので、製品のコンセプトは違えどその点は妙にわくわくとさせてくれました。


R0014797.jpg

R0014798.jpg

ストライクフリーダム本体。SDXより頭身は長く、アンテナや肩アーマーのラインなど、随所にエッジを利かせたアレンジは、触れ込み通りのシャープな印象を与えてくれます。そして全身に施されたモールドもエッジの強調の一助になっていますが、そのままだとやや味気ないので、撮影する前に本体の白い外装部分のモールドにスミ入れを行いました。おかげで少しは引き締まったかなと思います。本体自体は軽く、まさに手に持って気が向いた時にガシガシ動かす分には程よい重量だと思います。


R0014800.jpg

R0014801.jpg

R0014799.jpg

大胆なエッジが集約された頭部。彫りが深く、デフォルメ顔でありながら非常にシャープで洗練された印象を受けます。所々マスク周辺に黒い塗料の飛沫が見受けられた以外は、塗装精度も良好。ただ、アンテナがセンターからずれて取り付けられている個体が多く、なるべくずれの少ない物を選別しましたが、それでも少しだけずれが見受けられます。


R0014802.jpg

R0014803.jpg

R0014804.jpg

首周りは上下・左右共にスムーズな可動を見せます。


R0014805.jpgR0014806.jpg

肘関節の可動は90度程。二重関節でもなくSD体型なのでこれが限度といったところでしょうか。肩関節の水平方向へのスイングは問題なく行えます。


R0014807.jpgR0014808.jpg

肩の引き出し機構こそ備えていませんが、不自由のない腰の回転と合わせて割と自由に動かせます。


R0014812.jpgR0014810.jpg

股関節は大胆な開脚が可能。膝関節もフロントアーマーが軟質素材のため、十分な可動を見せます。

これら四肢の関節の仕込みの固さは、いずれも少し柔らかめに設定されている模様。個人的にはもう少し固めの仕込みの方が安心感があって好きです。


R0014821.jpg

膝立ちも決めることができます。


R0014809.jpg

サイドアーマーもフロント・リアアーマーと同じく軟質素材。その弊害か、クスフィアス3レール砲の展開ギミックは完全にオミットされています。マウントされたシュペールラケルタのグリップも着脱は不可能。なのでビームサーベルを持たせた時に腰にグリップがマウントされたままという、矛盾状態が発生してしまいます。この点は販売価格を抑えるためのやむを得ない妥協点というところなんでしょうが、ストフリの代名詞でもあるフルバーストが再現できない点は、少し残念な気がします。


R0014815.jpg

R0014816.jpg

背中のスーパードラグーン・機動兵装ウイングを展開した状態。ウイングの長さは本体のデフォルメ体型を考慮してか、他の立体物に比べてやや短い印象。残念ながらウイングの基部は一軸ボールジョイント接続のため、後方へ折り畳むことはできません。


R0014817.jpg

R0014818.jpg

本体と専用台座のアームは背中の接続穴か、もしくは股下の穴と接続させることが可能。


R0014822.jpg

ネクスエッジスタイル専用の台座。同シリーズのナンバリング商品との拡張があらかじめ想定されており、台座の凹凸部分を他のネクスエッジスタイル専用台座と接続して拡張していくことが可能。コレクションとディスプレイの楽しみを考慮しているのも、ネクスエッジスタイルの1つのコンセプトとして挙げられています。


R0014823.jpg

台座のアームは角度調節が可能ですが、いちいち外して付け直さなければいけないため、やや面倒。ちなみにストフリ本体側の接続穴は魂STAGEのアームとジャストフィットするので、そちらの方が利便性があるような気もします。


R0014824.jpg

このように上方向へ拡張するための支柱も付属してきます。


R0014855.jpg

MA-M21KF 高エネルギービームライフルは連結状態の物が付属。分離は不可能。ストフリと言えば2丁ライフルの戦闘スタイルが特徴的なだけに、射撃武装が連結状態のビームライフルのみというのは何とも歯がゆいです。本体を優に超える銃身でケレン味のあるポーズが演出できそうですが、取り回し性能はお察し。


R0014826.jpg

R0014837.jpg

R0014836.jpg

R0014838.jpg

R0014830.jpg

左手のみ付属する平手の交換手首も手伝って、タイトルバックのポーズを作って遊んでねという企画側の声が聞こえてきそうです。ずばりあのオープニングの射撃ポーズが決まりますが、他にも適当に種ポーズを作って構えさせるだけでメリハリの利いたアクションが決まるあたりは、このネクスエッジスタイルの意図する真骨頂というところでしょう。


R0014839.jpg

R0014842.jpg

R0014844.jpg

R0014848.jpg

R0014846.jpg

シュペールラケルタ ビームサーベルは2本付属。発振部分は濃いピンク。


R0014849.jpg

R0014852.jpg

R0014854.jpg

グリップ自体に連結ギミックはありませんが、持ち手の前後から差し込むことでアンビデクストラスハルバード状態も再現可能。


R0014796.jpg

そして初回特典の光の翼展開状態のエフェクトパーツ。


R0014858.jpg

R0014861.jpg

取り付けることでスーパードラグーンを射出し、ヴォワチュール・リュミエールシステムからなる光の翼を再現。ペラのクリアパーツなのでウイング基部の塗り分けもへったくれもないですが、本体よりも大きく広がり、迫力は満点。


R0014862.jpg

エフェクトパーツは機動兵装ウイングを丸々差し替えることで取りつけます。差し込む時になかなかうまくはまらなくて、自分は片方のパーツの根元を白化させてしまったので、扱いには注意した方がよさそうです。


R0014863.jpg

R0014865.jpg

R0014864.jpg

R0014867.jpg

ドラグーンの射出自体ができないので本当におまけという感じ。


R0014887.jpg

R0014889.jpg

R0014880.jpg

R0014879.jpg

R0014874.jpg


以上、ネクスエッジスタイル ストライクフリーダムガンダムのレビューでした。第一弾となったストフリですが、シリーズ自体の方向性は明確に定まっており、ずばり手の平サイズのデフォルメフイギュアながら、大見得張ったポーズが作れるアクションフィギュアといったところでしょう。特にGジェネなどのSD体型での攻撃演出などが好きな人には堪らないのでは。後続にマジンカイザーやデスティニーガンダム、ジェネシック・ガオガイガーなんかも控えているあたり、バリったポーズや種ポーズ等は、おおよそ十分に楽しめるブランドになっていくと思います。ちょっと手に取って動かして遊ぶ分には程よいサイズなのも好感です。
しかし手軽に購入できる価格設定の枷として、やはりいくつかの武装やギミックのオミットは歯痒いです。今回の場合、せめてストフリなんだから2丁ライフルぐらい付けてくれてもよかったんじゃないかと思います。またオプションとして、別売りでミーティアユニットの販売が予定されているあたり、本体とは別売りのオプションで個体価値を徐々に上げていくという、いつものバンダイ商法の影が既に見て取れます。そのあたりはこのストフリにプレイバリューが見いだせるか、また別売りオプションに価値を見いだせるかによって、個人で差が出てきそうですが、今後のシリーズ展開にも注目はしていきたいところ。
個人的には魂ネイション2014の展示で見たゼロカスタムやダブルオーライザーが秀逸だったので、今後リリースされるなら是非手に取ってみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment