ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】ファット・カンパニー ミディッチュ 艦これ 赤城&榛名 

R0015480.jpg

「ミディッチュ? ミニッチュとは違うのですか?」
「はい、榛名は大丈夫です!」


手の平サイズのデフォルメフィギュア、ミニッチュよりひとまわり大きいミディッチュに、正規空母と高速戦艦が着任。ミディッチュ 艦これから赤城と榛名のレビューです。
ワンダーフェスティバル2014冬での会場限定品だった天龍&龍田セットに続き、スパンは空きましたがミディッチュでリリースとなった赤城と榛名。それまでアイマスシリーズがミニッチュでリリースされていましたが、よりサイズアップしたミニッチュシリーズは艦これが主軸となって始まりました。ねんどろいどとは違って、「動かす」「差し替える」と言った遊び的要素は排されていますが、八雲剣氏の描く独特のゆる~い絵とそれを原型にデフォルメする怪屋ハジメ氏の造形が可愛く、ついつい集めたくなってしまうシリーズです。

↓続きはこちら↓

まずは赤城さんから。

R0015447.jpg

R0015448.jpg

ミディッチュ 艦これ 赤城 (みでぃっちゅ かんこれ あかぎ)
発売時期:2014年12月
販売価格 2,000円 (税抜)
原型 怪屋ハジメ(アセトン)

figma、ねんどろいどと立て続けにリリースされた赤城さんもミディッチュ要員で抜錨。本当に立体化に恵まれていますね。


R0015449.jpg

R0015450.jpg

赤城さん本体。ゲーム中の立ち絵を元にしていますが怪屋ハジメ氏のアレンジが利いた独特なデフォルメ姿が可愛いです。ミニッチュよりお値段はいくらか張りますが、塗装精度はねんどろいどとほぼ同等レベル。見栄えはとてもいいです。


R0015451.jpg

R0015452.jpg

R0015453.jpg

顔周り。元のドヤ顔の名残りを残した八雲剣豪氏描き下ろしの表情。


R0015454.jpg

R0015455.jpg

飛行甲板や弓、袴類に至るまで塗り分けも綺麗。価格帯的に塗りの精度がプライズ品の物が多いデフォルメフィギュア界隈ですが、この点はやはり親元にグッスマを持つだけあたり安心できます。


R0015456.jpg

天龍&龍田では首の可動や差し替えもできたのですが、赤城さんの場合は後頭部に弓が貫通(!)しているため、可動は一切不可。動かす分ならねんどろいどでいいじゃんって気にもなりますが、ここは立ち絵の構造上仕方のない部分かも知れません。


R0015458.jpg

R0015457.jpg

矢筒に仕込まれた艦載機の矢もしっかりと再現。


R0015459.jpg

同じく天龍&龍田では艤装部も可動しましたが、赤城さんの場合このように後ろ髪に覆われる形で矢筒が固定されているので、着脱は完全に不可。


R0015461.jpg

高速修復剤のバケツが付属。バケツの中は水が入っているような感じに。水をぶっかけてドックから追い出すとか割とひどいことしてますね(だが私は謝らない)。


R0015460.jpg

台座はミディッチュ共通のデザイン。クリアブルーで艦これのロゴが入っています。


R0015474.jpg

ねんどろとのサイズ比。ミディッチュはねんどろの約2/3ぐらいの大きさ。


R0015463.jpg

R0015464.jpg

R0015465.jpg

R0015466.jpg

R0015469.jpg

R0015468.jpg

R0015470.jpg

ねんどろいどと違って艤装のポロリなどに気を遣う必要もなく、ちょっと置いて眺める分には非常に程よいサイズ。


続いて高速戦艦の榛名。

R0015280.jpg

R0015281.jpg

ミディッチュ 艦これ 榛名 (みでぃっちゅ かんこれ はるな)
発売時期:2014年12月
販売価格 2,000円 (税抜)
原型 怪屋ハジメ(アセトン)/りゅういち(ピースメーカー)

赤城さんと違って未だねんどろいどやfigmaではリリースされておらず、マスプロ品ではねんぷちのみに立体化が留まっている榛名。人気の高いキャラとは言え、珍しいです。


R0015422.jpg

R0015424.jpg

榛名本体。こちらも立ち姿はゲーム中のグラフィックを意識していますが、元のグラ自体が動きの大きい絵のため、ミディッチュでは袴の裾を掴んで立っているような姿に。流れる後ろ髪の動きもデフォルメならではの造形で面白いです。肌の色は赤城さんより若干赤みが薄れ、白い色なのが特徴的。


R0015425.jpg

R0015426.jpg

R0015427.jpg

顔周り。正統派系美少女というイメージが強い榛名ですが、ミディッチュのアレンジは結構独特。やや釣り目がちで勝気で明るい印象すら受ける表情ですが、これはこれでなかなか可愛いです。


R0015428.jpg

R0015429.jpg

電探を装着したカチューシャ部分。見栄えのいい金色で塗り分けられています。


R0015431.jpg

R0015430.jpg

華やかな色どりの巫女装束もきちんと再現。


R0015433.jpg

榛名も赤城さんと同じく、艤装の一部が髪の毛を貫通(!)しているので、首の可動や差し替えはできません。


R0015432.jpg

R0015434.jpg

R0015436.jpg

後ろ髪や胴体に隠れがちですが艤装部分もしっかりと再現。回転はできませんが、35.6センチ砲塔もきちんとあります。


R0015437.jpg

艤装本体も赤城さんと同じく完全固定で着脱は不可。


R0015446.jpg

R0015438.jpg

R0015440.jpg

R0015439.jpg

R0015444.jpg

R0015443.jpg

髪の毛に動きがある分、デフォルメ固定フィギュアとは言え躍動感があります。


R0015476.jpg

ねんどろいどの金剛姉妹達と。霧島 is いずこ。


R0015473.jpg

天龍&龍田と一緒に。数が揃ってくると段々艦隊じみてきます。


R0015479.jpg

デカッチュのヲ級との差は歴然。これは大破撤退しそう。


R0015480.jpg

以上、ミディッチュの赤城と榛名のレビューでした。凡そ2000円台という実売価格は今時のねんどろいどの約半額の価格で、その分差し替えパーツやギミックなどもないですが、揃えて並べる分には楽しいシリーズです。塗装の質も値段とメーカーのネームバリューに裏打ちされてか、他の同サイズのデフォルメフィギュアよりかは安心感があります。あと榛名の表情が個人的に可愛くてハマりました。ミニッチュやミディッチュ系は次回リリースで何が来るか読み辛く、またいつの間にか販売されてていつの間にか店から消えているということが多いので、気になる内に回収しておくのをオススメします。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment