ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】グッドスマイルカンパニー 島風 

R0015647.jpg

「駆けっこしたいんですか?負けませんよ!」

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』から、イラストレーター・しずまよしのり氏による「Febri Vol.19」の表紙に描き下ろされたイラストを元に、駆逐艦「島風」が登場。グッドスマイルカンパニー 島風のレビューです。発売延期に次ぐ延期で待たされること数か月。正直「発売おっそ~い!」と言わんばかりに待たされましたが、満を持してのリリース。待っていた甲斐のある仕上がりで、新しい島風の魅力が詰まっています。

↓続きはこちら↓

R0015662.jpg

R0015663.jpg

グッドスマイルカンパニー 島風
1/8スケールフィギュア
発売時期:2014年12月
販売価格 13,704円(税抜)
原型製作/加藤学

デコマス発表当時から話題を呼んだ、しずま氏描き下ろしのFebri表紙イラストをベースに立体化されたグッスマ版島風。龍驤ちゃんが表紙絵を飾った時もそうでしたが、Febriに採用される描き下ろしイラストはどれもセンスがいいので、正直これがこのままゲーム中の立ちグラになればいいのになーと思います。


R0015487.jpg

R0015488.jpg

R0015489.jpg

R0015490.jpg

R0015491.jpg

R0015492.jpg

全周。Z旗を模した紐パンツを挑発的な表情で引き上げながら振り向く様と、後ろで積み重なって旗を振る連装砲ちゃん達を、イラストそのままの雰囲気で再現。元がイラスト絵だけあって、多角的な鑑賞には一見向かないような気がしますが、実は後述する連装砲ちゃん達を回転させることで、元イラストはまた違った雰囲気を楽しむことができます。
仕上がりについては言わずもがな、安心できるグッスマクオリティーは健在。ただ、サンプルに比べて実物は全体的に塗料の色合いが薄くなった気がします。特に髪の毛と肌の色が顕著で、サンプルでは髪の毛にも割と強めにシャドーが吹かれて陰影が出ていたのですが、実物はかなり控えめになっています。


R0015493.jpg

R0015651.jpg

R0015494.jpg

顔周り。島風独特の目つきはそのままに、小悪魔的ないたずらスマイルがよく再現されています。アイプリは特筆すべき程高精細、というレベルではありませんが十二分に綺麗。頬のチークもコミカル的要素をプラスする要素として、全体的に普段見ることのない「しずま絵の島風」を多角的に眺めることができます。


R0015498.jpg

リボンの動きはまさにうさ耳のそれ。


R0015496.jpg

R0015497.jpg

Febriイラストだけでは確認できなかった体の左側の髪の動き。ふわりとなびく動きに注目。


R0015500.jpg

R0015502.jpg

R0015501.jpg

ワンポイントとして髪の毛に付けられた錨模様のアクセサリーは鎖部分も精細に再現。へそ出しルックのセーラー服もゴールドのラインをあしらってこれもまた綺麗に仕上がっています。幼い腋の健康的なエロさもまたよし。


R0015505.jpg

R0015506.jpg

R0015507.jpg

R0015509.jpg

R0015508.jpg

Z旗の紐パンを引っ張り上げる指の仕草とおへそ周りの膨らみにそそられます。このへそ出しルックとZ旗紐パンを考案したしずま氏はやはり相当な変態紳士(褒め言葉)。


R0015512.jpg

R0015517.jpg

R0015520.jpg

挑発的な腰のくねり。正直このラインだけでお腹一杯になれます。


R0015513.jpg

R0015510.jpg

やはり気になるのはお尻。既に上から覗いた時点で割れ目が見えちゃってるんですがそれは。


R0015519.jpg

R0015515.jpg

R0015516.jpg

R0015514.jpg

AMAKUNI版島風の時もそうでしたが、やはりこの子はローアングルから狙うととんでもないことになります。健康的な肉付きのお尻にこれでもかと言う具合に食い込んだ紐パン。こんな子がこれから地上波アニメに出るっていうんだから全く持ってけしからん。


R0015522.jpg

R0015521.jpg

組足で交差した足。赤白縞模様のニーハイも綺麗。


R0015523.jpg

艦底部分を模した靴。台座とは足裏で金属シャフトを介して接続するので安定度は高めです。


R0015653.jpg

R0015525.jpg

連装砲ちゃんズ。5連装酸素魚雷発射管を抱えて積み上がっており、一番上の小さな連装砲ちゃんは紅白の旗を持っています。台座との接続、および一番上の連装砲ちゃんは金属棒で接続します。


R0015527.jpg

R0015528.jpg

R0015531.jpg

R0015532.jpg

R0015530.jpg

どう見ても一番下の連装砲ちゃんが辛そうだけど、どの連装砲ちゃんもとても表情豊か。酸素魚雷発射管のディテールも細かく見応えがあります。


R0015533.jpg

ぜかましうきわもこのとおり。


R0015534.jpgR0015535.jpg

一見固定されているように見えますが、一番上の連装砲ちゃんは旗を持った手首と首が、一番下の連装砲ちゃんも首が回転します。


R0015536.jpg

連装砲ちゃんの首を回すことでピサの斜塔さながらに連装砲ちゃんタワーが斜めになります。これと島風本体とを合せることで、また違った雰囲気を味わえます。


R0015538.jpg

島風背中の艤装部分もディテールが詰まっていて重厚。


R0015652.jpg

台座はクリアブルーで六角形型。よく艦これゲーム中でもヘックス型のマークは使われているので、それを意識した形状かも?


R0015541.jpg

よく引き合いに出されるAMAKUNI版島風との比較。AMAKUNI版島風が1/7スケールだったのに対し、グッスマ版は1/8と小さい筈なんですが、並べてみるとそこまで差は感じません。若干AMAKUNI版が大きいかなという印象。


R0015542.jpg

R0015544.jpg

R0015545.jpg

R0015548.jpg

R0015552.jpg

R0015557.jpg

R0015553.jpg

R0015554.jpg

R0015555.jpg

R0015560.jpg

R0015559.jpg

R0015562.jpg

R0015566.jpg

R0015565.jpg

R0015568.jpg

R0015574.jpg

R0015571.jpg

R0015575.jpg

R0015576.jpg

R0015577.jpg

R0015578.jpg

R0015579.jpg

R0015580.jpg

R0015582.jpg

R0015646.jpg

Febri表紙絵の状態で眺めるのが一番の醍醐味ですが、前述したように連装砲ちゃんを回転させることで、かなり鑑賞アングルの幅が広がります。


R0015618.jpg

もうお気付きの人もいると思いますけど、スカートはキャストオフ可能。ダボ穴2点止めなので、付け外しはかなり楽。


R0015619.jpg

R0015620.jpg

R0015621.jpg

R0015622.jpg

スカートを外すことでZ旗紐パンが露わになり、とんでもないことに。


R0015627.jpg

R0015624.jpg

R0015626.jpg

R0015623.jpg

どう見ても痴女です本当にありがとうございます。個人的にお尻の食い込みもさることながら、スカートを外したことで引っ張り上げている紐パンと腰の間に生じた隙間に、何とも言い得難い絶妙なエロスを感じます。


R0015629.jpg

R0015628.jpg

R0015632.jpg

R0015631.jpg

R0015630.jpg

より露骨になった腰のライン、そして危険度ギリギリの前側。もう挑発的ってレベルじゃねーぞ。


R0015637.jpg

R0015638.jpg

R0015635.jpg

R0015639.jpg

R0015640.jpg

R0015635.jpg

R0015641.jpg

R0015643.jpg

R0015644.jpg

R0015645.jpg

AMAKUNI版もスカートの着脱ができたのでその時の記憶が蘇りますが、もうこの子は脱がすと際どすぎて目のやり場に困ります。いや、最高なんですが。困ります。


R0015589.jpg

R0015587.jpg

R0015605.jpg

R0015606.jpg

R0015613.jpg

R0015616.jpg

R0015609.jpg

悪戯なつむじ風の少女。


以上、グッドスマイルカンパニー 島風のレビューでした。散々待たされた甲斐あってか、実物は十二分に楽しめる出来で満足できました。価格がやや高額設定なために、髪や肌の色合いがサンプルと比較してやや薄まってしまったのが残念ですが、島風の新しい魅力が詰まった逸品になっていると思います。比較対象として挙げてきたAMAKUNI版と比べても、どちらも甲乙つけがたい魅力がそれぞれにあるのですが、個人的には実物を見て撮影して、グッスマ版の方が気に入りました。特にしずま絵要素のある島風を求めるなら、このグッスマ版を外す選択肢はないと思います。Febriの表紙で見せたいたずらに微笑む可愛い島風が欲しいなら、是非。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - bob  

Title - 

こちらのブログ拝見しました。一時期私もフィギュアや艦船プラモデルに埋もれていましたが、一時より趣味を離れていましたところ、なかなか熱いものを感じたのでまた集めてみようかと思います。貴ブログの他にも色々参考にしているサイト様はあるのですが、他のサイト様にはない何かをこちらのブログで得たような気がします。長文失礼しました。
2014.12.18 Thu 02:14
Edit | Reply |  

Name - 名無し  

Title - 

ぜかましかわい~。お店で売り切れしてたから予約しればよかった....v-356
2014.12.18 Thu 02:39
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

> こちらのブログ拝見しました。一時期私もフィギュアや艦船プラモデルに埋もれていましたが、一時より趣味を離れていましたところ、なかなか熱いものを感じたのでまた集めてみようかと思います。貴ブログの他にも色々参考にしているサイト様はあるのですが、他のサイト様にはない何かをこちらのブログで得たような気がします。長文失礼しました。

bobさん、こちらこそ熱いコメントありがとうございます。とても嬉しいです!適当に好きな物だけレビューする意識の低いブログですが、凄く励みになりました。
2014.12.23 Tue 10:16
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

> ぜかましかわい~。お店で売り切れしてたから予約しればよかった....v-356

自分もあまりお店では見なかったですね…早く手に入れたかったので自分も秋葉原の店売りで買いましたが、出荷数はそこまで多くなかったような気もします。
2014.12.23 Tue 10:17
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。