ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】figma セイバー 2.0 

R0016705.jpg

figmaシリーズ初期にリリースされたセイバー甲冑Ver.の発売から7年。『Fate/stay night』より剣王の英霊、セイバーが装いも新たにver.2.0になって登場。figma セイバー 2.0のレビューです。Ufotable版のUnlimited Blade Worksの放映をトリガーに、アーチャーに続く形でついに7年の月日を経てアップデートしたセイバーが出るということで、是非とも抑えておきたいアイテムとなりました。

↓続きはこちら↓

R0016584.jpg

R0016585.jpg

figma セイバー 2.0
発売時期:2015年1月
販売価格 4,444円(税抜)

度重なる発売延期を受けましたが、UBW1期が放映終了した後のタイミングでの発売になったセイバー 2.0 。シリーズナンバリングは227。甲冑ver.が003だったことから、実に200体以上のシリーズ発売を経てのアップデートになりました。


R0016586.jpg

R0016587.jpg

R0016588.jpg

R0016589.jpg

奇跡的に箱にしまっておいた003の甲冑ver.もあったので比較用に。セイバー甲冑ver.は人生で初めて買ったfigmaだったので物凄く感慨深いです。


R0016590.jpg

R0016591.jpg

セイバー本体。一見するとボディ自体は甲冑ver.と大差ないように思えますが、見比べてみると至る所にアップデート箇所があります。


R0016593.jpg

R0016595.jpg

プロポーションの差は歴然。ver.2.0の方が明らかに全体が丸みを帯びて人間らしい体格に近づき、それに合わせて身長も僅かながら2.0の方が高くなっています。


R0016592.jpg

デフォルトのキリッとした顔。輪郭が丸く自然になり、また前髪部分の枝分かれもより細かくなり、劇中のセイバーにかなり近づいた印象に。


R0016594.jpg

比較用に甲冑ver.の顔。当時はこの顔でも満足していたんですが、見比べると「誰だお前は」状態になります。目の大きさ、口元の表現など、随所に年月を経て進化した技術が垣間見えます。


R0016628.jpg

R0016625.jpg

2.0の交換用付属表情は2種類。攻撃的な叫び顔と照れた表情が可愛い恥じらい顔。どちらも破綻がなく、特に叫び顔はアクション映えします。


R0016629.jpg

さらに前髪は甲冑ver.同様に動きのあるたなびいた交換パーツも付属。これでさらにアクションシーンを演出できます。


R0016609.jpg

交換用付属手首一式。種類は甲冑ver.に付属してきたものと差はありませんが、手首元のジョイントが最近主流の分離式の独自ジョイント方式に変更されています。


R0016646.jpg

エクスカリバーとアヴァロン。手前が2.0、奥が甲冑ver.。それぞれ刀身の装飾とアヴァロンの塗装の色が少し異なっています。特にアヴァロンは鞘部分のブルーだった模様が緑がかったブルーに変更されています。


R0016647.jpg

同じくカリバーン、手前が2.0、奥が甲冑ver.。刀身・鞘の装飾がより豪華になっています。


R0016597.jpgR0016598.jpg

さらにセイバー本体を比較。左が2.0で右が甲冑ver.。胸部の鎧面積が大きくなり、また模様も濃くはっきりとしたディテールに。


R0016601.jpgR0016599.jpg

R0016602.jpgR0016600.jpg

さらにはっきりと違いがわかるのがスカート部分。2.0は前垂れ部分の面積が大きくなり、また背後にスカートも追加されて複層形状になっています。これにより従来では股関節が見えて不自然だった外観から一変し、より劇中のセイバーの雰囲気に近づきました。


R0016604.jpg

R0016603.jpg

R0016608.jpg

R0016607.jpg

サイドアーマー・スカート部分はジョイントでフレキシブルに可動、展開。アクション時に妨げとならない機構になっています。


R0016616.jpgR0016615.jpg

足首部分の鎧のディテールも追加され、足首のジョイントもフレキシブルに動くようになったので、より激しいアクションポーズにも追従します。


R0016623.jpgR0016622.jpg

2.0のつま先には可動ポイントを内蔵。


R0016596.jpg

そして2.0の真骨頂とも言えるのが新機軸の肩のジョイント。従来のfigmaジョイント方式に比べて大きく引き出せるようになり、これにより様々なアクションポーズが自然に決まるようになりました。


R0016621.jpg

R0016619.jpg

その恩恵を感じられるのは剣の両手もち。自然な構えでスムーズにポージングできます。


R0016614.jpg

従来ではぎこちなく不自然だった「剣を両手もちにして胸の前に構える」という、セイバーの基本中の基本のポーズが……


R0016611.jpg

2.0だとこんなに綺麗に決まります。感動。


R0016631.jpgR0016632.jpg

さらにスカート内部の腰のジョイントは引き出すことで、よりスムーズなポージングを可能にします。


R0016709.jpg

意外な変更点が後頭部。シニョンが回転するようになり、より動きを与えることができるようになりました。


R0016633.jpg

R0016643.jpg

一応従来のセイバーの表情パーツに差し替えることもできますが、そもそも顔の大きさが違う上に肌の色も異なるのでやや不自然。逆パターンや前髪パーツの流用も同様の理由であまりお勧めはできないです。


R0016708.jpg

照れた表情が可愛い恥じらい顔。士郎らと絡ませたりしたときに使えそうですが、UBWの新衣装でもある白いコートver.のセイバーが出れば物凄く似合いそう。


R0016652.jpg

R0016653.jpg

R0016650.jpg

R0016648.jpg

R0016661.jpg

R0016657.jpg

R0016656.jpg

R0016662.jpg

R0016664.jpg

風王結界(インビジブル・エア)。2.0には付属してこないのでzeroセイバーから流用しています。


R0016677.jpg

R0016674.jpg

R0016671.jpg

R0016670.jpg

約束された勝利の剣(エクスカリバー)。剣閃エフェクトはzeroセイバーから拝借。「GOOD SMILE ONLINE SHOP」予約特典で黄金色のエフェクトが付属しますが、自分は市販品で買ったので泣く泣く我慢。


R0016684.jpg

R0016679.jpg

R0016690.jpg

勝利すべき黄金の剣(カリバーン)。


R0016711.jpg

夢見て生きなきゃ王じゃない。実在性腹ペコアーサー。


R0016698.jpg

R0016700.jpg

R0016702.jpg

運命の邂逅。


R0016665.jpg

R0016667.jpg

R0016669.jpg

エクス…カリバー!!


R0016680.jpg

以上、figma セイバー 2.0のレビューでした。アウトラインのアップデートも7年の年月があれば相当進化していますが、それ以上に可動面の格段の改善が素晴らしいです。とにかく思い通りのポーズが決まるのが楽しい。このセイバーは動かしてなんぼ、遊び倒してなんぼです。自分の人生初めてのfigmaがセイバー甲冑ver.だったので、散々遊び倒してきた感慨深さも相まって余計にフィルターが掛かっていますが、お世辞抜きでもfigmaの技術進歩を知る上でも買う価値はあるかなと思います。事実上、このセイバー2.0が現段階で最も動かせて最も美しいセイバーのアクションフィギュアであると断言できます。願わくばこの2.0の肩関節機構を今後のfigmaにもどんどん採用してほしいぐらいですが、その矢先に「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 21」の物販で「figma セイバー ドレスver.」の販売がアナウンスされたので、これはひょっとすると他の英霊達の再販や立体化の可能性も出てきたので、今後の展開がまだまだ見逃せません。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。