ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】バンダイ STAR WARS 1/72 タイ・ファイター 

DSC_0276.jpg

共和国シーナー・フリート・システムズ製のT.I.E.シリーズの傑作機にして、帝国軍の象徴とも言えるTIE/LNスターファイター宇宙戦闘機。バンダイ STAR WARS 1/72 タイ・ファイターのレビューです。Xウィング、タイ・アドバンストX1、1/12ダースベイダーと続いて、エピソード7公開予告を皮切りにしたかのようにリリースが続くバンダイのスター・ウォーズプラモデルシリーズ。かつて多種多様なメーカーから発売されてきたスター・ウォーズのプラモデルは、それこそ当時の版権問題やら技術的問題やらを潜り抜けて日本に出回ったのだろうけども、それをここにきて日本の「あのバンダイ」がやってくれる。先行したタイ・アドバンストのランナー写真を見た時は、正直 「マジでこのクオリティが続くのか」 と驚愕しましたが、続く今回のタイ・ファイターをモリモリと組み上げてみて、バンダイの本気の姿勢をド正面からド直球に浴びることができました。

↓続きはこちら↓

DSC_0280.jpg

バンダイ 1/72 タイ・ファイター
発売時期:2015年2月 
販売価格 2,592円(税込)


DSC_0221.jpg

DSC_0224.jpg

DSC_0226.jpg

DSC_0228.jpg

DSC_0229.jpg

全部で合計8枚のランナーはパーツ数こそ抑えられた構成ですが、驚くべきはパーツ1つ1つに精密に施されたモールドの情報量。左右のソーラーパネルのパーツはツヤツヤとした独特な手触りで、実機の質感をそのまま表現したかのよう。撮影に使われたプロップを基にバンダイがディテールをとことんまで研究するとこうなる!という恐ろしい結果がここに。


DSC_0232.jpg

DSC_0233.jpg

帝国軍パイロットのフィギュア。ランナーに繋がれた状態、しかもこんな小さなサイズでも、原作スーツの雰囲気とディテールに溢れています。


DSC_0249.jpg

DSC_0250.jpg

DSC_0235.jpg

DSC_0252.jpg

DSC_0253.jpg

DSC_0251.jpg

TIEとは(Twin Ion Engin)の略。両翼のソーラーパネルからエネルギーを供給し、ツインイオンエンジンが発する独特のエンジン音と超速で飛行するタイ・ファイターの姿は、まさに帝国軍の象徴。そんなスター・ウォーズのアイコン的存在が、作業時間2時間足らずのお手軽行程で完成できるのだから素晴らしいのです。接着剤も必要ないしパーツの噛み合いも問題なし。シールや水転写デカールも付属してきますが、スミ入れと部分塗装をササッと済ませるだけでここまでの物が出来上がります。


DSC_0242.jpg

DSC_0244.jpg

ビューポートのパネルは、成形色のフレーム形状のタイプとクリア素材タイプの選択式。がっつり塗装して仕上げたいのならフレームタイプに、お手軽に見栄えよく済ませたいならクリア素材と、ユーザーへの気配りも見受けられます。


DSC_0246.jpg

DSC_0248.jpg

ビューポートのパネルを外すと中のパイロットも覗けます。


DSC_0290.jpg

機体下部のハッチを開けるとコクピット下面部のディテールが。ここにも凄まじい量のモールドが掘られています。


DSC_0277.jpg

特筆すべきは両翼のソーラーパネル。見事なパーツ構成でパネルとフレーム部が合わさり、外観を崩しません。


DSC_0254.jpg

サイズ比較用にfigma島風と。スター・デストロイヤーを始めほぼ全ての帝国艦船に配備されたタイ・ファイター。その速度と戦闘力は帝国軍の力の象徴でありながら、パイロットの安全を守る脱出装置や生命維持装置がないため、艦隊から外れてしまうとパイロットの死に直結。また速すぎる機体速度と両翼のソーラーパネルが災いして、コクピットの視界が狭く衝突事故を起こしやすいという弱点を抱えていたのも有名な話。


DSC_0255.jpg

DSC_0258.jpg

DSC_0256.jpg

デススターの表面を模したアクションベースタイプの台座も付属。


DSC_0259.jpg

DSC_0260.jpg

DSC_0261.jpg

DSC_0262.jpg

DSC_0265.jpg

DSC_0263.jpg

台座アーム基部は角度調整が可能。


DSC_0274.jpg

さらにレーザーエフェクトを取り付ければ劇中の戦闘シーンも再現。


DSC_0266.jpg

DSC_0267.jpg

DSC_0268.jpg

DSC_0270.jpg

DSC_0271.jpg

DSC_0273.jpg

DSC_0272.jpg

「ホァアアーーーーッ」 っとエンジンを鳴らしながらレーザーを発射するタイ・ファイターという構図が、まさにスター・ウォーズ!という臨場感に満ちてたまらないのです。


DSC_0282.jpg

以上、バンダイ STAR WARS 1/72 タイ・ファイターのレビューでした。ことガンプラが代名詞とされるように、組みやすさと遊びやすさを両立させたプラモデルを展開する「あのバンダイ」が送る、本気のスター・ウォーズ・プラモデルシリーズ。これが「マジ」なプラモデルなのは間違いないです。組みやすく、飾り映えもよく、がっつり作り込むにもお手軽に仕上げるにしても、どちらのベクトルへ振っても応えてくれる。箱を開けてランナーをじっくり眺めると、バンダイがこのシリーズに駆ける意気込みが伝わってくる。少なくともスター・ウォーズをちょっとでも知る人が触れたら、とてつもない情報量の詰め込み具合に驚くのは間違いないです。「バンダイの新たな凄い一面」が詰まってるのは確実なので、もっとシリーズとして広まってくれると嬉しいかも。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 1979爺  

Title - 

もっぱらファインモールド派の私にしてみれば、悔しいけれどいい出來です。若い世代はこのバンダイのシリーズできっかけを作るのも、いいかもしれません。
レビューしているサイトが少なくてここに辿り着きましたが、非常に素敵なサイトだと思います。
2015.03.04 Wed 03:36
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - 

>>1979爺さん
とにかく作りやすい上に物凄くディテールが充実しているので唸らされました。ブログの内容はとっ散らかった内容ですがこれからも精進していこうと思います。ありがとうございます!
2015.03.05 Thu 22:28
Edit | Reply |  

Add your comment