ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】figma 長門 

DSC_0778@01.jpg

「ビッグ7の力、侮るなよ。」
ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』より、figma艦これシリーズ第三弾がリリース。大日本帝国海軍が建造した当時世界最強の「ビッグ7」の名を冠した超弩級戦艦。figma 長門のレビューです。赤城・加賀と一航戦の発売からスパンが空き、発売延期も挟みましたがようやくの登場。戦艦勢の可動フィギュアとしてはバンダイのAGP大和が先陣を切りましたが、そちらとの比較という意味でも楽しみなfigmaでした。

↓続きはこちら↓

DSC_0728@

DSC_0729@.jpg

figma 長門
発売時期:2015年3月
販売価格 6,296円 (税抜)

艤装のボリュームからかfigmaとしてはかなりの高額設定。


DSC_0731.jpg

DSC_0732.jpg

長門本体。白を基調にした長門型特有の衣装は再現度バッチリ。やや黒い塗料の飛散が目につきましたが、取り立てて気にするレベルでもなく、figmaのウリでもある綺麗な仕上げは健在。今回の長門を動かしてひとつ気になったのは、肘関節。個体差なのか、いつものfigma関節に比べてかなり貧弱な感触があり、ちょっとでも可動方向以外の向きへ曲げようとするとそのまま軸が折れてしまいそうな感覚を受けました。動かす際には注意した方がよさそうです。


DSC_0734.jpg

DSC_0735.jpg

DSC_0736.jpg

デフォルトのキリッとした表情。ゲーム中の長門の立ち絵そのままの雰囲気。


DSC_0737.jpg

DSC_0738.jpg

DSC_0746.jpg

交換用表情の1つ、穏やかに微笑んだ笑顔。


DSC_0741.jpg

DSC_0743.jpg

DSC_0745.jpg

そして中破時の照れ顔。いつもは武人染みた雰囲気に溢れる長門が見せる恥じらいの表情はなかなかの破壊力。
いずれの表情もしずまよしのり氏の元絵の雰囲気を崩さず、とてもよく再現していますが、欲を言えば攻撃アクション時の叫び顔などが欲しかったところ。


DSC_0748.jpg

DSC_0749.jpg

頭部の電探カチューシャは細部のディテールまで再現。


DSC_0747.jpg

後ろのロングヘアーは根元にジョイントが仕込まれているので、島風同様に可動させて表情を与えることができます。


DSC_0750.jpg

さすが世界のビッグ7。長門型の装甲は伊達ではないぞ。


DSC_0758.jpg

DSC_0752.jpg

スカートベルトから伸びるガーターベルト、そして腰の菊の御門も忠実に再現。何より生々しいのはおへそ周りの腹筋。いいラインをしています。


DSC_0757.jpg

腰の後ろ側。通常のfigmaと異なり、アームの接続穴は腰に設けられており、艤装の接続も腰の穴に差し込んで固定させます。やはり気になるのはスカートの裾から覗くお尻のスジ!長門さんこれ痴女ですやん。


DSC_0754.jpg

お召し物は白。


DSC_0759.jpg

艦底を模した靴。自立性はそこそこありますが、自分の個体は右足部分のヒールの形状が少し曲がっていました。


DSC_0760.jpg

交換用手首一式。


DSC_0810.jpg

DSC_0811.jpg

砲塔を装備した大ボリュームの艤装。中央と左右の3分割パーツから成り、付属のfigmaアームで固定させます。


DSC_0761.jpg

DSC_0762.jpg

DSC_0807.jpg

ビッグ7の由縁たる41cm連装砲は砲塔が独立可動。前方部の主砲基部は前へ倒した状態と左右への回転に対応。自分の個体は砲塔がまっすぐではなく、やや曲がった状態だったのが残念でした。


DSC_0764.jpg

後方部の砲塔基部は回転。残念ながら砲塔自体は水平方向になりません。このあたりはAGP大和の艤装の方がギミック的に優れていると言えます。


DSC_0765.jpg

分割部分はジョイント差し込み式なので左右のレールを展開させることもできますが、固くてギチギチと危険な音がするので、あまり無理に力を与えない方がいいかもしれません。


DSC_0780.jpg

ゲーム中の立ち絵のポーズもバッチリ決まってカッコいい。


DSC_0781.jpg

AGP大和と並べての比較。艦娘本体のサイズはさほど差はないですが、こうして見ると大和の艤装の圧倒的ボリュームが際立ちます。長門の艤装はどちらかと言うとAGP愛宕に近い感じです。



DSC_0777.jpg

DSC_0776.jpg

DSC_0775.jpg

ゲーム中では見せない穏やかな表情の長門も新鮮。


DSC_0766.jpg

DSC_0768.jpg

DSC_0771.jpg

「くっころ」感漂う恥じらい顔もなかなかグッときます。


DSC_0779.jpg

戦艦長門、出撃する!


DSC_0788.jpg

DSC_0800.jpg

DSC_0786.jpg

DSC_0801.jpg

DSC_0785.jpg

DSC_0787.jpg

DSC_0784.jpg

DSC_0783.jpg

DSC_0802.jpg

長門は勇ましく戦う姿が最高にハマります。大きな艤装もポージングさせるにあたってそこまで支障をきたすような扱い辛さはなく、色んな砲撃ポーズに追従可能。グッスマオンラインで買うと特典として唐揚げ砲撃エフェクトが付属してきますが、特になくて困るような物ではありませんでした。魂エフェクトのエクスプロージョンがあると大活躍してくれます。


DSC_0803.jpg

中破ポーズはさすがに可動性能が追いつかず、完全再現は無理。このあたりはfigFIXで補完する形になりそうです。


DSC_0931@.jpg

DSC_0930.jpg

ショートカット長門のよさ。


DSC_0935.jpg

姫騎士かな?


DSC_0796.jpg

DSC_0799.jpg

挿げ替えで妙にハマったのがしぶりん姿の長門。番長アイドルになりそう。


DSC_0798.jpg

DSC_0797.jpg

ビッグ7と言えど番長属性だから可愛い動物には目がないのだ。


DSC_0805.jpg

駆逐艦大好きながもんさん。


DSC_0809.jpg

以上、figma 長門のレビューでした。艤装のギミックなどはさすがにAGPの大和に劣るとはいえ、なかなかのボリューム。島風もそうでしたが、しずま絵を崩さないアクションフィギュアとしてfigmaはこれ以上ないフォーマットだと思います。何より恥じらい顔の表情が最高。自分は長門よりは陸奥派だったんですが、figmaで遊んでから長門の新しい魅力に気付た気がします。メイド服ボディや裸ワイシャツなど、他のfigmaボディと挿げ替えをしてながもんさんで遊ぶもよし。いずれ発売される陸奥と並べるもよし。期待通りの出来で満足です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ライン  

Title - 

首が長いと言われているらしいですけど、顎を引いて胸を張り仁王立ちさせたり、ポーズをとらせていると
全然気になりませんね。
持ち手も有るから刀なんかを持たせると凛々しさが増すと思います。
ゲームは未プレイですけど、こうしてアクションフィギュアとして遊べるのは嬉しいです。
2015.03.27 Fri 19:57
Edit | Reply |  

Name - 名無しさん  

Title - 

ポーズかっこよすぎ!
2015.03.28 Sat 03:18
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - 

>>ラインさん
>首が長いと言われているらしいですけど、顎を引いて胸を張り仁王立ちさせたり、ポーズをとらせていると
全然気になりませんね。

確かに長いと言われてますね。自分は言われるまではさほど気になりませんでしたが、ジョイントを逆にすることでいくらか解消できるようですね。

>>名無しさん
表情がいいのでカッコいい砲撃ポーズが本当に様になってくれます!
2015.03.29 Sun 23:49
Edit | Reply |  

Add your comment