ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】GFF METAL COMPOSITE バンシィ・ノルン(覚醒仕様) 

DSC_0851@01.jpg

OVA『機動戦士ガンダムUC』から、最終決戦でリディ・マーセナスが駆ったユニコーンガンダム2号機の強化装備形態がGFFで登場。GFF METAL COMPOSITE バンシィ・ノルン(覚醒仕様)のレビューです。同じく覚醒仕様となってバリエーションリリースされた1号機ユニコーンガンダム覚醒仕様同様、本体にIRIS(アイリス)メッキと呼ばれる特殊光彩仕上げを施したのが本機の最大の特徴。ユニコーンガンダム覚醒仕様は、値段の割に付属品に面白味がなかったので当初スルーをかましていましたが、今回のバンシィは元々好きな機体でもあるので思い切って購入。値段は張りますが、その分デストロイモード時の美しい姿は一見の価値ある仕上がりだと思います。

↓続きはこちら↓

DSC_0928.jpg

DSC_0818.jpg

GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE バンシィ・ノルン(覚醒仕様)
発売時期:2015年3月 
販売価格 21,600円(税込)


DSC_0821.jpg

DSC_0877.jpg

まずはユニコーンモード。本体自体は度重なってリリースされてきた無印メタコンユニコーンガンダムをベースにしたバンシィ。今回は新規造形品でもあるアームド・アーマー・DEとアームド・アーマーXCが付属。武装類もOVAのバンシィ・ノルンの装備に準じています。サイズは変わらず1/100でMGと同サイズ、股関節には合金パーツも採用されているので重量感もあります。


DSC_0822.jpg

頭部。メタコンバンシィとの大きな違いは襟元とアンテナ部分で、金メッキパーツから落ち着いた風合いのゴールドへ変更されています。個人的にはメタコンバンシィの金ぴかなアンテナも好きですが、アームド・アーマーXC部分との対比を考えるとこの色で正解かもしれません。


DSC_0823.jpg

DSC_0824.jpg

DSC_0827.jpg

全身くまなく配されたカトキハジメデザインのマーキング。


DSC_0828.jpg

コクピットハッチはこれまでどおり開閉展開します。


DSC_0825.jpg

バックパックに接続されたアームド・アーマーXC。ユニコーンモード時にはぴったりと合わせることで閉じた形状を再現。


DSC_0843.jpg

DSC_0869.jpg

ビーム・マグナム銃身下部に装備されたリボルビングランチャーは弾倉が回転。ビーム・ジュッテも取り付けることができますが、ジュッテ用の発振パーツは付属しないのが残念。


DSC_0830.jpg

リアアーマーにはビーム・マグナムの予備マガジンやリボルビングランチャーをマウント可能。


DSC_0833.jpg

新規造形のアームド・アーマー・DE。マーキングが大きくてカッコいいです。


DSC_0834.jpg

分解することで通常のシールドも使用可能。


DSC_0837.jpg

展開したアームド・アーマー・DE。


DSC_0838.jpg

虹のような光彩効果が得られるのがIRISメッキ最大の特徴。


DSC_0829.jpg

背中のアームド・アーマーXTを広げてアームド・アーマー・DEをバックパックにマウントさせることも可能。


DSC_0857.jpg

台座を使用したディスプレイ。やはりGFFはカトキ立ちさせてドンと飾るに限ります。


DSC_0858.jpg

覚醒を意識してのカラーなのか、いつもの台座の文字は黒ではなく緑色。


DSC_0839.jpg

アクションベースを使用すれば、MGと同様に一応空中ディスプレイも可能。ただメタコンとは言え、やはりGFFなので可動性能自体はお察し。ここらへんは最初のメタコンユニコーンからほぼ変わっていないです。


DSC_0852.jpg

DSC_0848.jpg

DSC_0849.jpg

ビーム・マグナム&リボルビングランチャー。リボルビングランチャーの増量で武装自体の重さは増えましたが、取り回しにはそれほど影響なし。


DSC_0871.jpg

DSC_0873.jpg

DSC_0874.jpg

ビームサーベル。発振パーツはクリアーピンク。


DSC_0868.jpg

DSC_0876.jpg

DSC_0863.jpg

DSC_0862.jpg

アームド・アーマーDE。先端部の取っ手が開閉するので、劇中でジェガンを破壊したシーンのように打突武装として持たせることもできます。


DSC_0879.jpg

DSC_0880.jpg

デストロイモード。


DSC_0881.jpg

DSC_0882.jpg

メタコンバンシィの時はレッドだったカメラアイの色はグリーンへ。


DSC_0883.jpg

DSC_0884.jpg

DSC_0885.jpg

DSC_0889.jpg

DSC_0886.jpg

DSC_0892.jpg

デストロイモード時はIRISメッキが施された全身のサイコフレームが一気に露出。光の角度によってオーロラのような淡い光沢を纏います。


DSC_0893.jpg

ビームトンファーはデストロイモード時に使用可能。


DSC_0895.jpg

展開状態のアームド・アーマーDEも装備させるとかなりのボリュームになります。


DSC_0896.jpg

DSC_0897.jpg

メタコンバンシィとの比較。サイコフレームの色もさることながら、武装が大きく異なるので受ける印象も全く異なります。


DSC_0900.jpg

DSC_0908.jpg

DSC_0907.jpg

DSC_0906.jpg

DSC_0903.jpg

DSC_0912.jpg

長大な武装のアームド・アーマーDEですが、シールドジョイント自体が優秀で角度調節が利くため、大きい割にポロリも少なく、取り回しに支障はそこまでありません。


DSC_0913.jpg

DSC_0917.jpg

DSC_0922.jpg

DSC_0918.jpg

劇中でこの姿になったのは最後のみ、しかも戦闘はこの形態ではしていないという特殊な立ち位置ですが、鮮やかなサイコフレームのグリーンとIRISメッキの光彩が黒い装甲との対比でとても映えます。


DSC_0905.jpg

以上、GFF METAL COMPOSITE バンシィ・ノルン(覚醒仕様)のレビューでした。物自体は散々バリエーションで使いまわしてきたメタコンユニコーンがベースですが、今回の最大の特徴はやはりIRISメッキ。かなり高額なアイテムですが、落ち付いた雰囲気のIRISメッキは、バンシィとの相性抜群。惜しいのはビーム・ジュッテが完全に飾りにな点で、もう少しサービス精神を利かせて発振パーツを付けてくれてもよかったような気がしますが、その他の新規武装類はボリュームがあり、IRISメッキとの相乗効果で飾った時の満足感は十分。GFFなので動かして遊ぶには少々時代遅れな可動機構などもあって向かないですが、この高級感はやはりスペシャルな雰囲気があります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment