ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】MG マスターグレード ガンダムダブルエックス 

DSC_1122@01.jpg

『機動新世紀ガンダムX』から、新地球連邦軍の力の象徴として開発された新型ガンダムタイプMS。MG ガンダムダブルエックスのレビューです。HG、ROBOT魂と立体化に恵まれる機会が連続したダブルエックスが、ついに1/100旧キットから19年を経て最新のMGフォーマットでキット化。リアルタイムで視聴して当時無我夢中で組み立てて遊んだ旧キットは特に思い入れが深いキットだったので、今回のマスターグレード化はMG ターンXに続いて個人的にも長年待ち望んでいたキット化でした。

↓続きはこちら↓

ws0000478962.jpg

MG 1/100 ガンダムダブルX
発売時期:2015年3月 
販売価格 4,860円(税込)

今回の箱絵に採用されたボックスアート、過去に発売されてきたMGの中でも抜群にかっこいいと思います。


DSC_1062.jpg

DSC_1063.jpg

ダブルエックス本体。製作工程はストレート組みをベースに、内部フレームから露出する各所スリットをシルバーで塗装。大型の背負い物の影響を考慮して関節の噛み合いを補強し、スミ入れとマーキングアッセンブル、軽くトップコートを吹いて完成。
プロポーションはさすがに最新キットなだけあり、旧キットのずんぐりむっくりした体型から一新、出るところは出て締まる所は締まったメリハリのついたラインに。リフレクターを閉じた状態でも横に幅を取る程の大ボリュームです。ただその大きすぎる背負い物の弊害で、普通にポーズを取らせると腰が常時仰け反り気味になってしまいます。自立させる分にはサテライトキャノンの砲身を支持柱代わりにすれば何とかそれなりに立たせられますが、股関節を補強したり、腰の接続点であるポリキャップ部に固いビニール片を噛ませたりすると、幾分か解消されます。


DSC_1064.jpg

頭部。特徴的な頬の髭状のパーツはフェイスガードとは独立した別パーツ構成で非常にシャープな造形。


DSC_1066.jpg

DSC_1065.jpg

胸部マイクロウェーブ受信部はクリアーパーツを採用。内部ディテールもしっかりと再現。


DSC_1119.jpg

コクピットハッチも開閉。


DSC_1067.jpg

DSC_1068.jpg

DSC_1070.jpg

肘関節・肩のスイング共にMGらしいスムーズで広範囲な可動域を持ちます。肩関節の引き出し構造もあるので腕の前方向へのスイングにも追従。肩アーマーが大きいので、動かしていると背部リフレクターと干渉する面もありますが、さしたる問題ではありません。


DSC_1073.jpg

腰の回転も上々。


DSC_1075.jpg

膝関節は二重関節で驚異の可動性能を持ち、大胆に曲げることが可能。足首は1軸ボールジョイント接続で、スリッパに分割機構もないですが、足首を伸ばす動きを取らせることは可能。


DSC_1079.jpg

背部リフレクターとツインサテライトキャノン砲身基部は可動ポイントを内蔵。


DSC_1071.jpg

背部シャッターを開けることで出現する接続ポイントには、旧1/100キットのG-ファルコンをドッキング可能。旧キットのG-ファルコンは色分けも厳しくディテールも当時の趣きそのままなので、やはりここは最新のMGベースでG-ファルコンも欲しいところです。


DSC_1086.jpg

DX専用バスターライフル。パーツ分割、色分けも完璧。


DSC_1085.jpg

ディフェンスプレート。


DSC_1084.jpg

ディフェンスプレートの接続アームはフレキシブルに可動。


DSC_1095.jpg

接続アームを外してグリップ部で構えることもできます。


DSC_1081.jpg

さらにバスターライフルをディフェンスプレートの接続アーム部にマウントさせることも可能。


DSC_1077.jpg

左右の腰にマウントされたハイパービームソードのグリップ。基部は展開・回転します。


DSC_1059.jpg

サテライトキャノン発射形態時は砲身が2段で延長。肩アーマーに内蔵された砲身ロックで固定。固定させると言ってもバチッと止めるわけではなく、ただ隙間に合わせるといった程度なので少々頼りないのが残念。


DSC_1061.jpg

さらに砲身がロックされる箇所には左右への回転ポイントも内蔵。これにより劇中のようにケレン味のついた発射形態を演出させることができます。


DSC_1039.jpg

DSC_1038.jpg

腕部・脚部のエネルギーラジエータープレートはカバーを展開させることで内部プレートも独立展開します。旧キットではプレートが金メッキでしたが、MGではツヤを消したゴールドパーツに。


DSC_1041.jpg

DSC_1040.jpg

背部のリフレクターは、ミラー部のクリアーパーツの下にMGガンダムXでも採用されたミラーシートを挟み込む方式を採用。集光状態を美しく再現しています。


DSC_1089.jpg

DSC_1087.jpg

武装装備状態。


DSC_1091.jpg

DSC_1092.jpg

DSC_1093.jpg

重たい背負い物持ちの機体ですが、アクションベースでの空中ディスプレイも重心さえ気を付ければ問題なし。


DSC_1097.jpg

DSC_1102.jpg

DSC_1099.jpg

DSC_1101.jpg

DX専用バスターライフル。


DSC_1110.jpg

DSC_1104.jpg

DSC_1108.jpg

DSC_1107.jpg

DSC_1117.jpg

ハイパービームソード。発振パーツはクリアーグリーンで、高出力なビーム刃をイメージした独特な形状。


DSC_1114.jpg

DSC_1116.jpg

OPバンク斬り。


DSC_1111.jpg

頑張ればサテライトキャノンの砲身で支持しなくとも、屈みこんだカッコいい膝立ちを決めることができます。


DSC_1051.jpg

DSC_1056.jpg

ツインサテライトキャノン発射形態。大ボリューム・大迫力の発射形態は感動の一言。


DSC_1035.jpg

DSC_1047.jpg

DSC_1053.jpg

DSC_1048.jpg

DSC_1055.jpg

DSC_1057.jpg

DSC_1128@.jpg

過ちは繰り返させない!


DSC_1049.jpg

以上、MG ガンダムダブルエックスのレビューでした。組みやすく、かつカッコいいダブルエックスがお手軽に作れるという意味で、キットの内容としては非常に満足。ストレート組みでも十分ですが、少し手を加えるだけでもメリハリが利いてくるのでオススメです。個人的に肩アーマーの主張が強すぎるので少しばかり小さくしてもいいかなという気もしますが、今風なアレンジとしてはアリという解釈で受け止めています。GX系で出ていないのはあとディバイダーを残すのみですが、個人的には旧1/100キットでも出来がよかったヴァサーゴをベースに、チェストブレイクもダブルエックスに合わせてMG化して欲しいところです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ガンプラ神  

Title - 

打ち切りガンダムよりもっとマスターグレードで出すガンダムがあると思う><
2015.04.06 Mon 21:07
Edit | Reply |  

Name - 旅ジンベエ  

Title - 

いつも拝見していますが毎回すばらしいレビューで楽しませてもらっています!
腕と脚のラジエーターの成型色は、個人的にはザンネンでしたが後ろのリフレクターを広げて感動…このミラーシート方式は大正解ですね。
ポーズもカッコいいし、眼福です!
2015.04.07 Tue 02:29
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - 

>>旅ジンベエ さん
ありがとうございます。ミラーシートはほんとに綺麗ですね。旧キットの金メッキラジエータープレートも味があっていいけれど、今はコスト的な意味合いで採用は難しいのかもしれませんね。
2015.04.11 Sat 14:42
Edit | Reply |  

Add your comment