ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】figma 天津風 

DSC_1348@01.jpg

「いい風来てる? 次世代型駆逐艦のプロトタイプ、 あたし、天津風の出番ね。」

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』より、figma艦これシリーズから、陽炎型駆逐艦九番艦にして、後の島風型駆逐艦のテストベッドとなった天を吹く風を冠する彼女が登場。figma 天津風のレビューです。スケール、ねんどろいど含めて、多分このブログでは一番取り沙汰してる艦娘ですが、個人的にもかなりお気に入りな子。ようやくfigmaの島風と大手を振って絡ませられる子が来ました。

↓続きはこちら↓


DSC_1345.jpg

DSC_1347.jpg

figma 天津風
発売時期:2015年5月
販売価格 5,370円 (税抜)

ゲームではちょうどサービス開始1周年という節目で登場した天津風。figmaは奇しくもほぼ2周年となるタイミングでの発売となりました。値段の割に付属品が少しさびしいのがネック。


DSC_1349.jpg

DSC_1350.jpg

天津風本体。恐らく過去にリリースされたスケールフィギュアも含め、一番劇中の雰囲気に近いシルエットをしているのがこのfigmaの天津風。個人的にはそれくらいドンピシャなバランス感覚だと感じました。アオシマ版の天津風はやや饅頭顔でふくれっ面気味だったので、小柄な体に対してfigmaのこの小顔は本当にいいバランスで収まっていると思います。figmaならではの丁寧な塗装精度は健在。ただ衣服の茶色い塗料が肌に色移りしやすいので、動かす時には気を遣う必要があります。


DSC_1353.jpg

DSC_1354.jpg

DSC_1355.jpg

デフォルト顔。改造前のやや怪訝そうな表情ながらも、ほんのり染まった頬のチークが可愛らしいです。


DSC_1356.jpg

DSC_1357.jpg

DSC_1358.jpg

交換用表情のドヤ顔。果たしてドヤ顔なのか照れ顔なのか、どっちつかずな感じがなくもないです。しずま氏描き下ろしイラストの表情に似ている気もします。


DSC_1359.jpg

DSC_1360.jpg

DSC_1361.jpg

対してこちらは改造後に見せる笑顔をイメージしたような微笑み顔。どっちかって言うとこちらの方がドヤ顔と言い張っても間違いではない気がします。


DSC_1363.jpg

DSC_1362.jpg

頭の煙突帽子は差替えでハート型の煙が噴出しているものに変えることが可能。


DSC_1364.jpg

DSC_1365.jpg

ツインテールは吹き流し部分がボールジョイントになっているので自由に表情付けが可能。ロングヘアー部も島風や長門と同じく根元がfigmaジョイントで接続されているので可動します。


DSC_1368.jpg

DSC_1367.jpg

史実装備を反映して、天津風の魚雷発射管は四連装仕様。腰部分に接続穴があるので、艤装を外した際のfigmaスタンドへの差し込み穴も腰の位置になるのがちょっと不便。


DSC_1370.jpg

DSC_1369.jpg

連装砲君。砲塔と首が可動します。船体のアマツカゼの文字もばっちり入ってます。


DSC_1371.jpg

連装砲君の接続ジョイントは可動の妨げにならないよう、フレキシブルに動かすことが可能。


DSC_1373.jpg

DSC_1372.jpg

天津風と言えばシースルーで地肌が透ける服が最大の特徴ですが、残念ながらfigmaでは衣装部分はベタ塗りなため、そこまで再現されていません。


DSC_1375.jpg

DSC_1374.jpg

とは言え太ももから伸びるガーターベルトはなかなかにそそるものがあります。


DSC_1378.jpg

お尻側のガーターもきちんと再現。何だこのけしからんラインは!


DSC_1376.jpg

脚部の塗り分けも上々。艦底部を模した靴は長門や島風らと同形状。


DSC_1380.jpg

付属の交換用手首一式。右手側が手袋をはめたもので、左手は地肌になっています。地味に手袋の裾部分がレース状にギザギザが入っているのが細かいです。


DSC_1351.jpg

印象的な立ち姿を再現する専用の左手首も付属するので、ゲーム内の雰囲気そのままの立ち姿を再現できます。


DSC_1395.jpg

DSC_1396.jpg

DSC_1398.jpg

DSC_1400.jpg

DSC_1413.jpg

個人的に陽炎型ながらも、その容姿と言動から島風以上に1人っ子感が強い印象があります。


DSC_1383.jpg

DSC_1389.jpg

DSC_1388.jpg

DSC_1390.jpg

スタンドを使ったディスプレイとなると、接続穴の位置から少々立たせ辛い気もします。もう少しディスプレイアーム側が深く曲がる形状だと解消されるんですが、figmaのアームはシリーズ開始以来、一貫して構造が変わってないので難しいところ。


DSC_1391.jpg

DSC_1393.jpg

DSC_1394.jpg

砲撃・雷撃アクション。各エフェクト類はねんどろいど用のパーツから拝借。


DSC_1406.jpg

DSC_1405.jpg

ショートヘアー天っちゃん。箱入り娘感が倍増した気がする。


DSC_1407.jpg

DSC_1408.jpg

「何よジロジロ見て…料理よ料理。天津飯じゃないわよ!」



DSC_1352.jpg

figma島風と並べての比較。島風は今見ると本当に肌が白く感じますが、天津風は自然な色合いになっています。


DSC_1415.jpg

個人的にはこっちの組み合わせの方が好き。


DSC_1401.jpg

「私の連装砲君の方が可愛いに決まってるでしょ!」


DSC_1404.jpg

DSC_1403.jpg

「天津風ちゃんおっそ~い!」 「島風ウザーい!!」


DSC_1410.jpg

あら~~~^^


DSC_1409.jpg

以上、figma 天津風のレビューでした。本体は実に可愛らしく、今まで発売されてきたどの天津風よりもゲーム内の雰囲気に近いです。可動フィギュアなのにここまでお尻をエロくしてくる点も見逃せません。対して定価に比例して付属品がそこまで豊富というわけではないので、ややプレイバリューに欠けて味気ない点が気になりました。もちろん、昨今のフィギュア関連の値段高騰が拍車をかけてきているのはありますが、この足りないプレイバリューはfigfixの中破ver.と合わせて補完していくというのが、マックスファァクトリーの今後の舵取り方針なのは明白です。とは言え、手元にfigma島風があるなら2人を並べるだけでも相当楽しいですし、リリースが決定となった雪風との絡みも楽しめそうです。出るかどうかはわからないですが、個人的には時津風が大好きなので是非とも出して欲しいなーと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - シン・アスナ  

Title - 

じぶんも携帯カメラでガンプラやfigmaを撮っていますが、
管理人さんみたいな綺麗な写真が撮れません・・・
何かコツでもあれば教えてくださいm(_ _)m
2015.05.04 Mon 18:29
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>シン・アスナ さん

> じぶんも携帯カメラでガンプラやfigmaを撮っていますが、
> 管理人さんみたいな綺麗な写真が撮れません・・・
> 何かコツでもあれば教えてくださいm(_ _)m

コメントありがとうございます。コツと言われても、自分も素人で一概に言えないので何ともお答えしづらいですね。
当然ですが、一般的には携帯のカメラよりデジタルカメラの方が画質はいいです。
カメラを買う余裕がなければ、経験則ですが背景だけでも気に掛けるといいかもしれないです。
2015.05.06 Wed 13:34
Edit | Reply |  

Name - ライン  

Title - 

最近のfigmaって、首のジョイントが浅く嵌っているのがデフォなんですかね?そこだけ気になりましたけど、天津風ちっちゃくて可愛いです。
ある意味妹分の島風と一緒に飾ってあげると可愛さが倍増しますね~
陽炎型ってゲーム未実装の艦を含めると結構な数になりますね。
2015.05.06 Wed 20:16
Edit | Reply |  

Name - べるべる  

Title - Re: タイトルなし

>>ラインさん

> 最近のfigmaって、首のジョイントが浅く嵌っているのがデフォなんですかね?そこだけ気になりましたけど、天津風ちっちゃくて可愛いです。

何なんでしょうね。自分は一旦首のジョイントが外れたので差し込み直しましたが。工場ラインでの仕込みの問題でしょうか。

> 陽炎型ってゲーム未実装の艦を含めると結構な数になりますね。
これでも姉妹艦はだいぶ実装で埋まってきましたからね。沢山ある中でもやっぱり雪風の戦歴が凄まじすぎてつくづく驚きます。
2015.05.08 Fri 22:25
Edit | Reply |  

Add your comment