ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】AGP アーマーガールズプロジェクト 艦これ 高雄 

DSC_1495@01.jpg

「こんにちは。高雄です。貴方のような素敵な提督で良かったわ。」

AGP艦これシリーズ第3弾は、横須賀海軍工廠で生まれた生粋の重巡洋艦。AGP 高雄のレビューです。先発した妹の愛宕に続く形で、プレミアムバンダイWEB受注限定商品となった高雄。AGPの品質が問題となった大和から汚名返上し、よりクオリティを上げてきた愛宕の流れを汲んだだけに、その出来も安心の仕上がり。

↓続きはこちら↓


DSC_1432.jpg

DSC_1433.jpg

アーマーガールズプロジェクト 艦これ 愛宕
発売時期:2015年4月 プレミアムバンダイ限定商品
販売価格 9,180円(税込)

WEB限定品によくあるモノクロの味気ない外箱とは異なり、今回の高雄は愛宕同様、気合いの入ったカラーの外箱。


DSC_1434.jpg

DSC_1436.jpg

高雄本体。素体はほぼ愛宕の流用ですが、同じ高雄型の姉妹でも雰囲気が大きく異なる服装のおかげでマンネリ感はありません。塗装精度もパッと見で気になるような荒はなく、かなり綺麗に仕上がっています。


DSC_1437.jpg

DSC_1438.jpg

DSC_1439.jpg

通常のデフォルト顔。視線はまっすぐ、真面目な高雄らしい表情。髪の毛部分はアップになると多少塗装のダルさが目立ちますが、愛宕と異なり黒髪なのでそこまでという程でもありません。ただ黒髪キャラのフィギュアの宿命か、髪に付着した埃がやたら目立つのが難点。


DSC_1450.jpg

DSC_1452.jpg

DSC_1451.jpg

対してこちらはゲーム内の表情を模した視線が寄った表情。


DSC_1447.jpg

DSC_1449.jpg

DSC_1448.jpg

勇ましい表情の叫び顔。バカめ、と言って差し上げますわ!


DSC_1440.jpg

DSC_1443.jpg

DSC_1441.jpg

そして中破時に見せるジト目顔。この表情がとにかく最高で、高雄の自慢のプロポーションと合わさると、凄まじく妄想が捗るナイスな表情パーツになっています。

欲を言えば愛宕のように口を開けて笑った表情パーツが1つでもあるとよかったんですが、ジト目顔の使い勝手がよすぎて半ば帳消しみたいなところもあります。


DSC_1466.jpg

帽子。愛宕の物とは羽根飾りの位置が異なっています。


DSC_1454.jpg

自慢の胸部装甲。


DSC_1456.jpg

DSC_1455.jpg

もう「どたぷんっ」って感じのサイズ。高雄型はこうでなくちゃ。


DSC_1462.jpg

腕の袖口の装飾は愛宕と異なり新規造形。


DSC_1458.jpg

DSC_1457.jpg

愛宕がローブ状の裾の長い外套を着ているのに対し、姉の高雄は超が付く程ミニなスカート。ガーターベルトとスリットが際どさを余計に引き立てます。実際ゲーム中では見えにくい部分なだけに、アニメになって動くとこの衣装がとてつもなくエロいことがわかります。


DSC_1459.jpg

お尻。昔からバンダイはお尻の造形がいまいち弱い気がしていましたが、今回は衣装の妙と言うか、とにかくエロい。


DSC_1461.jpg

太ももから膝にかけて、姉妹共通の艦載機スロットも装備。


DSC_1465.jpg

艦底を模した靴。愛宕とカラーリングが異なっている部分も再現。


DSC_1519.jpg

姉妹並べての比較。やはり下半身の衣装の造形の違いでだいぶ印象が異なってきます。


DSC_1521.jpg

姉妹乳比べ。素体は一緒なのでサイズは同じですが、でかい乳がふたつも揃うと横並びにさせたくなってしまう衝動。


DSC_1463.jpg

DSC_1464.jpg

高雄の肩関節にも引き出し機構を搭載。


DSC_1477.jpg

DSC_1479.jpg

肩を引き出すことで、ショルダーバック形状の艦橋艤装を装備。背後の艤装と合わせて装備するとかなり窮屈でパーツに負担が掛かりやすいので、必要に応じて外して遊ぶのが無難かと思います。


DSC_1523.jpg

付属の交換用手首。愛宕に付属していた表情付きの平手はオミットされ、代わりに高雄には二種類の握りこぶしが付属してきます。


DSC_1518.jpg

DSC_1516.jpg

DSC_1472.jpg

DSC_1470.jpg

捗る捗るいけない妄想。真面目な高雄お姉さんが実はこんなにエッチだったなんて最高か。


DSC_1480.jpg

DSC_1481.jpg

艤装。構造は愛宕と共通。


DSC_1483.jpg

DSC_1482.jpg

左右のレールはフレキシブルに可動。


DSC_1485.jpg

両舷の鎖のディテールも再現。


DSC_1489.jpg

DSC_1490.jpg

背部砲塔はアーム部が展開可動。その他左右の主砲共に基部が回転します。


DSC_1488.jpg

主砲の20.3cm連装砲は砲塔がそれぞれ独立可動。


DSC_1491.jpg

DSC_1492.jpg

DSC_1494.jpg

艤装装着。


DSC_1502.jpg

DSC_1504.jpg

DSC_1508.jpg

DSC_1498.jpg

DSC_1500.jpg

DSC_1497.jpg

砲撃アクションも自由自在。ただ愛宕は表情のバリエーションが豊かでアニメでも戦闘していたのに対し、高雄は表情の差が少なく、参考になるような戦闘シーンもこれと言ってなかったため、いまいちインスピレーションが沸き辛いのが悩みどころでしょうか。


DSC_1511.jpg

中破。やっぱりエッチだ。


DSC_1510.jpg

姉妹揃って砲雷撃戦、よーい!


DSC_1468.jpg

フルアーマー高雄お姉さん。改二実装はよ。


DSC_1476.jpg

DSC_1474.jpg

以上、AGP 高雄のレビューでした。個人的に中破時のジト目顔が全てと言っても過言ではなく、この表情が凄まじく可愛くて破壊力があり、妄想を掻き立ててくれるナイスアイテムとなっています。その他の出来も愛宕譲りの手堅い出来で申し分なく、AGP艦これシリーズの今後の出来を裏付けるような、安心させてくれる仕上がりになっていると思います。ただ欲を言えば、もう少し表情パーツにバリエーションが欲しかったことと、愛宕と組んで遊ぶ時のボーナスパーツ的なプラスαがあれば完璧だったと思います。ただそれらを差し引いても十二分に楽しめる出来なので、二次受注分も控えていることもあり、愛宕を手に取った人には是非とも一緒に並べてほしい逸品です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment