ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【レビュー】ROBOT魂 Gディフェンサー 

DSC_1704@01.jpg

グリプス戦役開戦から中盤にかけて、次々と投入されるティターンズの新型可変MSに対抗する形で、ガンダムMk-Ⅱの支援機として開発されたエゥーゴの宇宙用可変戦闘機。ROBOT魂 Gディフェンサーのレビューです。
合体ベース機となるROBOT魂 ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)が賛否両論の出来で、地道にラインナップされつつあるZシリーズのラインナップもいまひとつ勢いが感じられない中、元のMk-IIは散々立体化されてもGディフェンサーやスーパーガンダムは日の目を浴びないことが多いので、実はこのROBOT魂Gディフェンサーは密かに期待していたアイテムだったりします。

↓続きはこちら↓

DSC_1682.jpg

DSC_1683.jpg

ROBOT魂 Gディフェンサー
発売時期:2015年5月 プレミアムバンダイ限定商品
販売価格 4,860円(税込)

WEB限定とは言え、サポートメカのGディフェンサーがMk-ⅡやZガンダムと同じ価格設定というのは少々腑に落ちない感もありますが、開封してみれば本体はなかなかのボリュームです。


DSC_1684.jpg

DSC_1685.jpg

DSC_1687.jpg

DSC_1686.jpg

Gディフェンサー本体。塗装精度は上々で、綺麗なトリコロールカラーが目を惹きます。それでいてサイズはMk-Ⅱ本体も上回ります。ディテールは程々ですが、Mk-Ⅱと合体させた時に浮かないように整合性は図られています。


DSC_1688.jpg

Gフライヤーのキャノピー。コクピット脇のレーザー砲も再現されています。


DSC_1691.jpg

DSC_1692.jpg

左右の主翼は上下に可動展開。


DSC_1689.jpg

DSC_1690.jpg

バインダーに内蔵された14連装ミサイルポッドも展開可能。


DSC_1693.jpg

バインダー脇にメインウェポンのロングライフルをマウント。Gディフェンサー本体の全長を上回る長大な武装です。


DSC_1696.jpg

DSC_1698.jpg

DSC_1701.jpg

DSC_1705.jpg

DSC_1700.jpg

もちろんGディフェンサー本体は魂STAGEでのディスプレイの対応。


DSC_1694.jpg

DSC_1695.jpg

DSC_1706.jpg

各部を変形させてガンダムMk-Ⅱと合体。


DSC_1707.jpg

DSC_1708.jpg

DSC_1709.jpg

DSC_1710.jpg

Gフライヤーの完成。そこまでかっちりMk-Ⅱ本体を固定できるわけではありませんが、接続が貧弱でドッキングも困難ということはないので、可もなく不可もなくと言ったところ。ただサイズがさらに大きくなるのでボリュームは抜群。


DSC_1711.jpg

DSC_1712.jpg

そして待望のスーパーガンダム。巨大な装備を背負うので自立は不可能かと思いましたが、Mk-Ⅱの堅牢な関節と、腰に挟み込むアタッチメントのサポートパーツが仰け反りを防止し、この形態でもばっちり自立してくれます。


DSC_1713.jpg
バインダー基部の可動アームは、根元・回転軸・可動軸と3つの可動ポイントでフレキシブルに角度調整できるので、Mk-Ⅱのアクションの支障になることはありません。


DSC_1723.jpg

DSC_1724.jpg

カツが脱出したコクピットブロックも着脱可能。単体でのディスプレイもできます。


DSC_1715.jpg

ロングライフル。このサイズなので持たせるのがやや苦労しますが、その分ケレン味は抜群。



DSC_1717.jpg

DSC_1718.jpg

DSC_1720.jpg

DSC_1722.jpg

DSC_1721.jpg

DSC_1719.jpg

スーパーガンダムと言えばロングライフルでの長距離狙撃。他にも内蔵武装があるのに実は劇中ではロングライフル以外の武装は使用していなかったりと、まさに代名詞と言った強力な武装。


DSC_1725.jpg

そしてROBOT魂オリジナルのギミック。左右のバインダーを腕部に装備することができます。


DSC_1726.jpg

DSC_1728.jpg

DSC_1727.jpg

用途はどうあれ見た目はカッコいい。プレイバリューも広がります。



DSC_1730.jpg

DSC_1732.jpg

やはりゴテゴテ武装のMSはロマン。劇中では見ることができなかったスーパーガンダムで遊び倒すことができます。


DSC_1733.jpg

DSC_1735.jpg

カツはデブリに直撃して自害しろ。


DSC_1737.jpg

以上、ROBOT魂 Gディフェンサーのレビューでした。同月受注分のラインナップの中でも派手さはなかったので微妙かな~という気はしていましたが、実際遊んでみると元のスーパーガンダムの性能を体現したかのような、"手堅い"出来の印象。オリジナルのギミックもプレイバリューが拡充されて楽しいです。と言うより、今のご時勢でGディフェンサー、そしてスーパーガンダムの新規立体物が出るってことが、よくよく考えてみるとなかなかの大事件だったような気がしないでもないです。最近のROBOT魂でもこういう「支援メカ」的なポジションのアイテムも減ってきたので、改めて触って見るとなかなかに新鮮な気分を味わえました。ガンダムMk-Ⅱが手元になければ話になりませんが、スーパーガンダム好きにはかなりたまらない出来にになってるのではないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment