ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】figma 陸奥 

DSC_1827@01.jpg

「私の出番ね。いいわ、やってあげる!」

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』より、figma艦これシリーズから、「世界のビッグ7」の名を轟かせる長門型超弩級戦艦の2番艦。figma 陸奥のレビューです。姉の長門を追ってfigmaでリリースされたむっちゃん。大人のお姉さんが持つやわらかい雰囲気と言動、ゲームを始めた時から2-4の沖ノ島海域で詰まって長門が出るまでずーっとお世話になってたむっちゃんは個人的にも思い入れのある艦。不幸艦と呼ばれても難所海域では持ち前の大火力で活躍してくれる、頼れるお姉さんです。

ちなみに今日5月31日は戦艦陸奥の進水日。狙ったわけではないけど、奇しくも記事を書いた日が重なったのは嬉しい誤算でした。

↓続きはこちら↓


DSC_1752.jpg

DSC_1753.jpg

figma 陸奥
発売時期:2015年5月
販売価格 6,296円 (税抜)

価格は姉の長門同様ですが、今回はグッドスマイルオンラインの直販からの購入。送料代引き手数料含めるとfigma1体に7000円という、割とぶっ飛んだ金額になりますが、今回は特典エフェクトが魅力的だったので悔いはなし。


DSC_1755.jpg

DSC_1756.jpg

陸奥本体。長門型2番艦という位置づけなだけあり、姉の長門と酷似している部分は多いですが、細かい所で違いもあります。プロポーションはビッグ7に恥じない、figmaならではのナイスプロポーションが健在。対魔忍じみた露出の多い服装も塗装の塗り分けで再現し、荒のない精度で仕上がっています。


DSC_1769.jpg

DSC_1770.jpg

DSC_1771.jpg

デフォルト顔。どちらかと言えばアニメ版に近い表情でしょうか。ゲーム中で見られるしずまよしのり氏独特の顔つきは、なかなかこういう立体物では再現が難しいところがあると思いますが、それでも破綻のない範囲で再現されています。特に横顔から眺めると陸奥っぽさが出ていい感じです。


DSC_1766.jpg

DSC_1767.jpg

DSC_1768.jpg

交換用表情パーツの、上目遣いな笑顔。やる気を出したお姉さん、って感じがします。


DSC_1765.jpg

DSC_1763.jpg

DSC_1764.jpg

そしてキュートな投げキス顔。この表情がとにかく最高。

以上、交換表情は通常顔も含めて3種類…の筈なんですが、

DSC_1791.jpg

なぜかうちに来た個体には4つ、上目遣いの笑顔が1個余分に入ってました。こういうこともあるんですね。


DSC_1775.jpg

「かたつむり」と言われる頭のカチューシャ電探部。長門とは前後逆の向きになっていますが、こっちの方が可愛らしい気がします。


DSC_1772.jpg

DSC_1774.jpg

陸奥独特のクセっ毛のように跳ねたショートヘアーもこのとおり。


DSC_1777.jpg

DSC_1776.jpg

ビッグ7陸奥。そのバストは豊満であった。


DSC_1778.jpg

DSC_1779.jpg

おへそ周りも長門譲りの再現度で満足度高し。


DSC_1879.jpg

隙間から手をツッコんであらあら言われたい、そんなお尻。


DSC_1853.jpg

相変わらずの超ミニなので覗き放題なスカート。むっちむちの太ももがたまらないのです。なぜか自分の陸奥は最初からパンツが前後履き違えた状態でした。表情パーツの件といい、かなりレアなケースに当たったのかもしれません。


DSC_1782.jpg

靴の形状は長門同様、艦底を模した形状。見た目に反してかなり自立性能が高いです。


DSC_1790.jpg

付属交換用手首一式。


DSC_1847.jpg

投げキス用の専用左手首も付属してきます。


DSC_1811.jpg

艤装。見た目こそ長門の物に酷似していますが、装着方法が異なるので陸奥から外してしまうと分割状態になります。


DSC_1817.jpg

DSC_1819.jpg

41㎝連装砲の可動ギミックは長門同様。基部が回転し、砲塔はそれぞれ上下に独立可動します。


DSC_1816.jpg

煙突部分は腰部に装着。


DSC_1850.jpg

DSC_1852.jpg

DSC_1814.jpg

陸奥独自の装備がこの錨。チェーンで繋がれているので質感の雰囲気は抜群。足に巻きつかせて、専用の脚パーツの接続点に差し込みます。


DSC_1813.jpg

DSC_1825.jpg

DSC_1824.jpg

艤装を左右の腰のハードポイントに差し込む形で装備。


DSC_1864.jpg

接続基部のアームは角度調整ができるので、大きく開いたり上下に回転させることも可能。ただパーツ同士の干渉もあって展開できる角度はやや控えめ。それでも普通にポーズを取らせる分には問題ないです。


DSC_1837.jpg

オンライン特典のハート型爆煙エフェクト。


DSC_1843.jpg

砲塔に接続することで2重に重なった形のハート型煙を再現。知っている人は知っている、「鎮守府の冬休み」に掲載された陸奥の描き下ろしイラストを再現することができる、ファンには嬉しいアイテム。


DSC_1804.jpg

DSC_1796.jpg

DSC_1803.jpg

DSC_1849.jpg

DSC_1856.jpg

DSC_1858.jpg

DSC_1857.jpg

DSC_1861.jpg

DSC_1808.jpg

かわいい。むっちゃんかわいい。個人的にfigmaの同シリーズの中では一番好きかもしれません。


DSC_1834.jpg

DSC_1836.jpg

DSC_1830.jpg

DSC_1832.jpg

DSC_1828.jpg

DSC_1831.jpg

DSC_1829.jpg

可愛らしいポーズも、腰を据えた砲撃ポーズもどちらも様になるのが陸奥のいいところ。


DSC_1863.jpg

抜錨!錨ハンマー!!


DSC_1840.jpg

DSC_1841.jpg

あらあら…私と同航戦?


DSC_1878.jpg

ながむつ。


DSC_1870.jpg

DSC_1867.jpg

DSC_1873.jpg

DSC_1872.jpg

DSC_1874.jpg

DSC_1875.jpg

「ビッグ7の力!」「見せてあげる!!」


DSC_1876.jpg

以上、figma 陸奥のレビューでした。前述した通り、自分の中ではfigma艦これシリーズ中、最もお気に入りの1体となりました。ただ不満が全くないわけではなく、左右の腰に差し込む偽装がやや外れやすかったり、手首のジョイントもやや緩めだったりと、遊んでいる内にストレスになった箇所もあります。それらを差し引いても、動かしてポーズを付けた時に「陸奥らしさ」が絶妙に出てくるあたり、かなりマックスファクトリーさんはいい仕事をしてくれたんじゃないのかなぁと思います。順当にしずま艦がfigmaで出揃って来ているので、そろそろ人気艦とは違った変わり種が欲しい気もしなくもないですが、このfigma 陸奥はムツリム教信者にとって現時点でのマストなアイテムだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。