ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】NXEDGESTYLE ネクスエッジスタイル ウイングガンダムゼロ (EW版) 

DSC_2892@.jpg

ネクスエッジスタイルの2nd SEASON第2弾に登場したのは、『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』から、主人公のヒイロ・ユイが駆るMS。ネクスエッジスタイル ウイングガンダムゼロ (EW版)のレビューです。1stシーズンのストライクフリーダムやデスティニーガンダム以来のガンダム系MSのリリースとなった今回のEW版ウイングガンダムゼロ。マジンカイザーやジェネシックガオガイガーあたりはまだいい評判を聞いていたのですが、やはりプレイバリュー面がネックとなったため、ネクスエッジシリーズをしばらく敬遠していましたが、イベント展示で見たエッジの立ったウイングガンダムゼロは気になっていたので、今回久々に購入してみました。

↓続きはこちら↓


DSC_2861.jpg

DSC_2862.jpg

ネクスエッジスタイル[MS UNIT]ウイングガンダムゼロ (EW版)
発売時期:2015年6月
販売価格 2,700円(税込)

本体価格はミーティアを除いて過去に発売されてきたネクスエッジスタイルシリーズと同価格。気持ちもう少し価格が抑えられると飛躍的にこのシリーズは売れるような気がしますが、難しいところでしょう。


DSC_2864.jpg

DSC_2919.jpg

ウイングガンダムゼロ本体。体型はこれまでのネクスエッジシリーズ同様、デフォルメを利かせつつエッジを立たせたプロポーション。特に頭部バイザー横のブルーのウイングが際立って大きくアレンジされています。大きな翼を持ったいわゆる背負いもの系のMSですが、自立は難なく可能。ただし一部の関節が緩く、特に自分の個体は左腕と右足が遊んでる内によくすっぽ抜けます。


DSC_2866.jpg

DSC_2867.jpg

DSC_2868.jpg

頭部。店頭品の中にはマスクのインテーク部分の塗りが中途半端に斜めに入っている個体もありましたが、概ね塗装精度は良好。アンテナの色も安っぽいものではなく、程よく光沢のあるゴールドで塗られています。Gジェネやスパロボなんかで慣れ親しんでいると、このデフォルメ顔は素直にカッコいいと思えるんじゃないでしょうか。
胸部のセンサーにはクリアーグリーンのパーツを使用。致し方ない部分ではありますが、肩のマシンキャノンの開閉はオミット。


DSC_2869.jpg

DSC_2870.jpg

特徴的なウイングユニットは半透明のクリアーパーツで再現。小羽部分は可動こそしませんが、シャープに造形されていてなかなか綺麗です。


DSC_2876.jpg

DSC_2877.jpg

DSC_2879.jpg

DSC_2878.jpg

首元の可動については殆ど不自由がありません。左右への回転、顎を引いた角度から思いきり仰いだ角度まで自由自在。


DSC_2880.jpg

DSC_2881.jpg

DSC_2882.jpg

DSC_2883.jpg

DSC_2884.jpg

その他の可動性能も、従来までのネクスエッジシリーズと同様。特に腰の回転は障害物もないため、360度ぐりぐりと回せます。股関節も大きく開くため、はったりの利いたポーズ演出も可能。


DSC_2885.jpg

ウイングユニットの主翼のアームは前後に回転。角度調節ができます。


DSC_2871.jpg

DSC_2872.jpg

合わせて主翼はボールジョイント式で接続されているため、任意の角度へ動かすことが可能。前方へユニットを引き出すこともできますが、大気圏突入形態時のような位置までは引き出すことができません。


DSC_2875.jpg

副翼は根元部分が指し込み式。主翼程フレキシブルに動かすことはできませんが、角度を調節できます。


DSC_2888.jpg

DSC_2889.jpg

ツインバスターライフル。このサイズなので致し方ありませんが、銃身が薄いです。


DSC_2912.jpg

ビームサーベル。刀身はクリアーパーツではなくライトグリーンの塗装で再現。ウイングガンダムゼロの主な武装と言えばツインバスターライフルとビームサーベルの2点なので、これで最低限の武装は揃っていることになります。


DSC_2886.jpg

ネクスエッジスタイル共通の台座。アーム部分は角度調節ができますが、魂STAGEもジャストフィットするので、個人的には後者の方が便利だと思います。


DSC_2887.jpg

台座はシリーズ共通なので、それぞれ連結してディスプレイすることも可能。


DSC_2890.jpg

DSC_2893.jpg

DSC_2894.jpg

DSC_2895.jpg

DSC_2891.jpg

飛翔ポーズ。アクション性能は不自由がないので、思い通りのポーズを決めることができます。


DSC_2896.jpg

DSC_2897.jpg

DSC_2898.jpg

DSC_2899.jpg

DSC_2900.jpg

ツインバスターライフル。


DSC_2902.jpg

DSC_2903.jpg

DSC_2904.jpg

ツインバスターライフルを連結し、付属の両手持ち手首を使用することで、シェルターを撃ち抜いたラストシューティングポーズも難なく再現できます。


DSC_2905.jpg

DSC_2908.jpg

DSC_2906.jpg

DSC_2907.jpg

ビームサーベル。


DSC_2909.jpg

DSC_2910.jpg

DSC_2911.jpg

このシリーズはやはり動かしてなんぼみたいなところがあるので、気軽にバシバシ動かしてカッコいいポーズでディスプレイできるという点では、素晴らしくバランスのとれたプロポーションになっていると思います。


DSC_2918.jpg

以上、ネクスエッジスタイル ウイングガンダムゼロ (EW版)のレビューでした。恐らく現時点でのネクスエッジスタイルのラインナップの中では一番出来がいいと思います。元々の武装が少ないMSなだけに、それまでネクスエッジスタイルのネックだった付属品の少なさというマイナスポイントからも脱却しているのが、結果的に功を奏しているのでしょう。デフォルメ体型ながら、大見得を張ったポーズが決まるので、ポーズを考えるのが楽しかったです。残す課題はやはり価格面。生産コストが高騰している昨今ですが、もう少し気軽に買える価格設定になると、コレクションアイテムとしてプレイバリューの拡充も見込める気がします。
次に控えるのが、価格面での制約を取り払ったダブルオーガンダム&オーライザーセット。どんな内容とインプレッションになるか、注目したいところです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。