ホビーフラグメンツ。

フィギュアと模型と光の剣をレビューするブログ

【WF2015夏】ワンダーフェスティバル2015[夏]でコスプレしてきた話 

夏の祭典。

DSC_3208-1.jpg

台風直撃と騒がれた1週間前とは真逆の猛暑。幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2015[夏]に行ってきました。


DSC_3210-12.jpg

現 場 か ら は 以 上 で す。

眼レフに収めた画像は上記2枚のみ。今回の目的は以前書いたように展示撮影にあらず!一般も企業も展示内容はTwitterを開けば否応なしにドンドコ流れてくるので、今日は会場の展示を眺めつつ自由にフラつくのみ。カメラなんか持ってはいられないのだ!

物販?知るか!! (轟雷ちゃん欲しかった)

さぁさ、よりどりみどりな新作情報は大手サイトでチェックチェック!

・あみブロ:Wonder Festival ワンダーフェスティバル2015夏 あみあみ速報
・電撃ホビーWEB:速報レポート!ワンフェス2015夏(まとめ)

↓続きはこちら↓


■反省会

個人的に今回のワンフェス、体感で言えば今までで参加してきた中で一番刺激的だった。コスプレ枠で参加したと言うのもあるけれど、正直他人のコスプレなんて今まで興味もさほどなかった自分が、ペーペー丸出しの衣装で参加して、「超楽しかった」 しか言えないbotと化した。

ただ初めてのコスプレ参加で、右も左もわからない状態で行ったので、後から「ああすればよかった」「こうしたら対策できた」と思う節もあった。次回以降のために、今回は失敗した点と楽しかった点、これらをまとめておく。


失敗①:真夏に厚着をしない。
ほんこれ。もう衣装が衣装なだけに暑さが尋常じゃない。これが冬だったら逆にちょうどいいけど、炎天下の中ではひたすら苦行でしかない。

失敗②:靴は事前に履き慣らしておく。
今回最大の失敗はこれかもしれない。普段履かないエンジニアブーツを新品で履いたものだから、会場につく前に靴擦れを起こして足から出血。東京駅で絆創膏を買って海浜幕張駅前でブーツを脱いで痛めた箇所を応急処置。正直、痛さで歩けないんじゃないかと思うほどだった。これが会場現地で履きかえていたら余計に悲惨だったかもしれないと思うとゾッとする。

失敗③:コスプレに経験の差はない。
もっと堂々としろって話。いくら初めてのビギナーだからって縮こまる必要はなかった。楽しいぞオラー!っていう雰囲気が出せればよかった。いや実際楽しかったけれど。とにかく暑くて仕方なかった。

失敗④:帰り用の着替えも用意する。
これはもう夏なら言わずもがな。コスから着替え終えてさあ帰るぞって時に、行きの時に着てきた服が汗べっしょり。帰宅してから衣装も合わせて延々と洗濯機を回す羽目になった。



良かった点①:反響があった。
今回コスプレして最高に楽しかった最大の理由。ペーペーの自分が歩くだけで行きすがる人から「ジェダイだ」「ジェダイだ」と言われたこと。無論小道具の強さもあるかもしれないけれど、予想以上に反響を感じた。こんなに気持ちいいことはない。
レゴでスターウォーズの展示をしてたディーラーさんを訪ねた時も「ジェダイが来たぞ!」と歓迎してくれたし、デレマスカフェで飲み物を頼んだ時は店員さんからもチヤホヤされたし、ワンホビの刀剣乱舞ブース前ではグッスマの係員さんから積極的にアプローチがあった。もちろんコスの格好で人だかりの展示ブースに入るのは億劫だし、企業エリアの人気展示ブースはろくに観て回れなかったけれども、会場内を歩くだけで反響があるっていうのは今まで経験したことがなかった。歩き回るにつれて疲れてヘロヘロになったけども、とても新鮮な体験ができた。

良かった点②:ワンホビのフォトコーナーに自分の写真が掲載されていた。
これはコスプレ関係ないやん。



以下、iPhone画質で申し訳。

IMG_3076-1.jpg

同好のフォロワー氏が追加でライトセーバーを持ってきた。居合わせた他のフォロワーさんらとも談義ができたのはよかったし、ダベってる時に見知らぬ方からも好機の眼差しで声をかけられたのはよかった。


IMG_3078-1.jpg

お前ら何しにワンフェス来たんだって話。


cX_PiM7j-1.jpg

記念に1枚。EP7公開初日はこの格好で映画館に行きたいぞ。



■雑感
あんまりワンフェス自体の内容に触れることなく終わるのも何なので、展示を見て回った雑感を少し。

今回のワンフェス2015夏、企業・一般を通して総合的に一番目立った立体物タイトルはやはり「艦これ」だった。アニメ放映以降、勢いにブレーキがかかるかと思っていたがそんなことはない、まだまだ強い。よく耳にする人気艦娘はもとより、少しコアな艦娘にもスポットライトが当たってきた感はあるし、前年より磨きのかかった立体物を展示した有名ディーラーさんも多数あった。ラブライブ!も然りで、アルターのにこちゃん、エリチは今回見た企業ブースの立体物の中では群を抜いたクオリティだったと思う。アイマスも息の長い巨大コンテンツなだけあり、留まるところを知らないと言った感じだ。刀剣乱舞は一時期の素材トレース騒動があったしどうなるかと思ったけど、順調に勢力は拡大している。とにかく艦これ、ラブライブ!、アイマス。この3タイトルが強力で大きな柱という印象。


was1468@.jpg

※非常に偏った個人的イメージ

逆に前々から言われていたことだが、一世を風靡していたボカロ・東方は奥に引っ込んだ感が否めない。これは企業も一般ディーラーも共通で、数はだいぶ減ったが根強いファンもいるため、ちらほらと立体物は目にしたが、全盛期の勢いは感じられない。
20周年ということで今回はバックからのプッシュを得て大体的に打ち出された感のあるエヴァの立体物は、もはやワンフェスの風物詩といった具合に見事に溶け込んでいて、さすがとしか言いようがないだろう。さらにアベンジャーズをはじめとしたマーベルヒーローや、アメコミ出自の立体物がいつにも増して大きくフィーチャーされていたのも印象的だった。
そんな中でも己が道を行くメーカーが影に隠れたかと言えばそんなことはないし、逆にいつも通りで安心できるといったところもあった。
そして武装神姫。これ。今回よくも悪くも一番話題をさらったのはこのタイトルなんじゃないかっていう。




SAKAKI Workshopsさんの加賀さん。美しすぎる。個人的に今回一般ディーラーさんの中で一際目を惹かれたのがこれでした。やっぱり僕のお嫁さんは強い。


以上、ワンダーフェスティバル2015[夏]のレポートでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment